化学物質管理 セミナー 化学物質法規制 TSCA 製品含有化学物質 製品含有

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


化学物質管理 セミナー 化学物質法規制 TSCA 製品含有化学物質 製品含有

★アメリカの化学物質規制TSCAとSDS、カリフォルニア州法のプロポジション65まで。
★必要とされるその他の規制についても対応できるように解説します。

米国TSCA(有害物質規制法)と
プロポジション65
 〜概要と実務ポイント〜

<Ciscoによるオンラインセミナー>

講師

さがみ化学物質管理株式会社 林宏 先生

講師紹介

 ■ご略歴:
 約20年間、主に半導体関連の素材・材料の研究開発に従事した後、
 2007年よりヨーロッパ系第三者認証機関でREACH規則対応ビジネスを唯一代理人サービス中心に構築

 2009年9月1日  さがみ化学物質管理ワークス設立
 2013年1月1日 さがみ化学物質管理株式会社として法人化

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年6月22日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・渋谷]渋谷区文化総合センター 会場での講義は行いません。
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●Cisco配信につきましては受講環境を必ずご確認ください。

 ●資料につきましてはセミナー5日前前後に
  紙媒体にてお申し込み時の住所へ送付いたします。
  ※企業に所属される方でご自宅などを希望する場合は備考欄へご記入ください。

  何かご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。
  →req@johokiko.co.jp


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
米国の化学物質管理規則であるTSCA(Toxic Substance Control Act)についてその手続きを中心に解説いたします。
またリスクベースとなった化学物質評価については最近公表された高優先化学物質の選定を中心としてその計画と進展を、さらにインベントリ届出とその展開についてもご紹介して参ります。さらにハザード情報伝達のツールであるGHSの米国での展開についても説明いたします。

またカリフォルニア州法であるプロポジション65について、その概略を説明いたします。

■キーワード:
新規化学物質、既存化学物質、化学物質の登録、化学物質のリスク評価、高優先評価物質、低優先評価物質、TSCA、改正TSCA、HCS、米国SDS、GHS、プロポジション65

■受講対象者:
化学物質管理規則対応のご担当者
米国向け化学品の輸出担当者、営業担当者

■必要な予備知識:
高校卒業レベルの化学の知識

■本セミナーで習得できること:
米国で化学品を製造・輸入・販売する際の基礎知識が習得できる。

セミナー内容


1. 化学物質管理の基礎

2. 米国TSCA
 (1) TSCAの成立と改訂のポイント、関連する法文
 (2) 対象者
 (3) 対象物質
 (4) 手続き
 (5) PMN (Pre-Manufacturing Notice)製造前届出
 (6) SNUR/SNUN(Significant New Use Rule/Notice)重要新規用途規則/届出
 (7) OSHAとの協力
 (8) リスク評価
 (9) インベントリの管理
 (10) 化学品輸入認証
 (11) 秘密情報
 (12) 連邦法の優越
 (13) 最近の動向
  ・ リスク評価プログラム
  ・ インベントリ届出
  ・ 今後の展開

3. 米国のSDSについて

4. カリフォルニア州法 プロポジション65の概要
 対象物質と手続き・製品等への表示

5. その他の化学物質管理関連法規
 (1) 資源保護回収法(RCRA)
 (2) 包括的環境対応補償責任法(CERCLA)
 (3) 緊急計画及び地域社会の知る権利法(EPCRA:SARA TitleIII)

セミナー番号:AC200645

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.