ブロックチェーン セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/6/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ブロックチェーン セミナー

【ブロックチェーン】を今こそ学ぶ! 新規事業を進める!
現時点での実例はもちろん、今後の展望までを解く!
「面白い」、「分かりやすい」…… 好評に次ぐ好評で5度目の登壇!


ブロックチェーン


国内外最新応用事例と今後の商機

講師

(株)Ginco CEO  森川 夢佑斗 先生
(株)Ginco リサーチ主任  藤本 賢慈 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■森川先生
 大阪府出身、京都大学中退。在学中にブロックチェーンのR&D事業を創業し、仮想通貨ウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを手掛ける。2017年12月に株式会社Gincoを創業。ブロックチェーン時代における新たな経済システムの実現とそのための技術基盤の構築を目指し、C向け/B向けの仮想通貨ウォレット事業やAPI提供を主とするブロックチェーンソリューション事業などを手掛ける。著書に『ブロックチェーン入門』『ブロックチェーンの描く未来』(KKベストセラーズ)、『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』(MdNコーポレーションズ)などがある。

■藤本先生
 三重県出身、神戸大学法学部卒。株式会社Gincoの調査・渉外・事業開発担当。出版業界でビジネス実用書等の編集に従事した経験を活かし、『ブロックチェーン四半期レポート』を始めとするブロックチェーン解説コンテンツ全般の監修・編集・制作を担う。『ブロックチェーンの描く未来』『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』といったブロックチェーン専門書籍を編集。現在は、当局・業界団体とのコミュニケーションや、ブロックチェーンを活用した実証実験や新規ビジネスの企画立案にも幅広く関わる。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年7月21日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ9階902会議室 →「セミナー会場へのアクセス」

※新型コロナウイルスの感染防止の一環として昼食の配布は中止させて頂きます。
 尚、受講料につきましては下記より、1,100円(税込)差引致します。
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■本セミナーのポイント
『ブロックチェーン入門』『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』の著者 森川夢佑斗が、昨今注目を浴びる暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」およびその背景にある技術「ブロックチェーン」についての解説を行います。情報システム系の知識がない人にもわかりやすく説明を行います。さらにブロックチェーンがここまで注目される理由は何か? どういった分野・業界に活用が可能なのかについても具体例を交えて解説していきます。書籍やウェブでは得られない生の情報・実情や、リアルタイムな話題も取り上げる予定です。また個別の質問・相談案件にも可能な範囲で応対します。

■受講対象者は?
・ブロックチェーン関連事業にこれから従事する方/しはじめた全ての方
・暗号通貨やフィンテック分野への参入・着手を検討している企業の方
・企業のデジタルトランスメーション推進担当の方
・システムエンジニアの方、またその周辺業務に従事する方
・新技術や社会変化を捕捉・調査し、次代の研究テーマ、新事業を立案・企画する立場の方
・メディア関係者 等

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
・ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)の特徴
・ブロックチェーンの基礎知識とその本質
・国内外のブロックチェーン活用事例とその実情
・予測できるこれからのブロックチェーン利用機会、応用分野
・ブロックチェーンを使った新規ビジネスのヒント 等

▼前回の同講師セミナー受講者の声(アンケートより)
「スマートコントラクトの解説が大変解りやすく有意義でした」(システム構築)
「基本的な情報の収集目的で参加しました。事例の話も聞けて面白かったです。ありがとうございます」(社内システムエンジニア)
「大変分かりやすく、習得できました。ありがとうございました」(情報通信)
「それぞれの“仕組み”に関しての説明も分かり易かったです。有益でした。ありがとうございました」(WEBシステム)

セミナー内容

1. 最新のブロックチェーン動向を理解するための基本的な考え方
 1.1 ビットコインのことをいったん忘れる
 1.2 事例としての「ビットコイン」から技術の基本形を理解する
 1.3 基本形からの分岐とそれぞれの発展系を整理する
 1.4 レイヤー別に論点を整理する
 1.5 事例から活用方法を学ぶ
 1.6 自分の頭で考えてみる

2. 事例としてのビットコイン
 2.1 ビットコインの特徴
  2.1.1 ビットコインは言わば、世界共通の電子マネー
  2.1.2 ビットコインの利用シーン
  2.1.3 電子マネーや法定通貨との比較
  2.1.4 ビットコインが実現したこと
  2.1.5 ビットコインとブロックチェーンの関係性
 2.2 ブロックチェーンとは
  2.2.1 ブロックチェーンの技術的な特徴
  2.2.2 名前の由来となったデータ構造
  2.2.3 合意形成アルゴリズムとは

3. ブロックチェーンのもたらす可能性
 3.1 ブロックチェーンの本質
 3.2 ブロックチェーンのガバナンス類型
 3.3 エコシステム全体の信用コストを下げる
 3.4 従来の信用の在り方と問題点

4. ブロックチェーン活用のメリット、それを支える仕組み
 4.1 メリット1:自動化・自律化(スマートコントラクト)
  4.1.1 スマートコントラクトとは
  4.1.2 スマートコントラクトを実装している暗号通貨「イーサリアム」
  4.1.3 スマートコントラクトの具体例
  4.1.4 スマートコントラクトによって変わるサービスとお金の流れ
  4.1.5 分散型アプリケーション「DApps」とは
 4.2 メリット2:追跡可能性
  4.2.1 データベースの散逸による弊害
  4.2.2 データの分散共有のメリット
  4.2.3 「次世代型情報流通基盤」としてのブロックチェーン
 4.3 メリット3:公証性
  4.3.1 データベースは誰のものか
  4.3.2 公的に正しさが保証されたデータがもたらすもの

5. ブロックチェーンによって産業はどう変革していくか
 5.1 ブロックチェーンの普及について
  5.1.1 ドーナッツ型に浸潤する金融テクノロジー
  5.1.2 ブロックチェーン普及の4つの波
  5.1.3 ブロックチェーン普及に向けた最新課題とは
 5.2 ブロックチェーンの与える各産業へのインパクト
  5.2.1 ブロックチェーン×国際送金
  5.2.2 ブロックチェーン×サプライチェーン
  5.2.3 ブロックチェーン×エネルギー
  5.2.4 ブロックチェーン×著作権管理
  5.2.5 ブロックチェーン×アイデンティティ
  5.2.6 ブロックチェーン×音楽・動画・コンテンツ
  5.2.7 ブロックチェーン×シェアリングエコノミー

6. ブロックチェーンを巡る最近の話題・取組
 6.1 金融隣接領域のデジタルトランスフォーメーション
  6.1.1 証 券:権利者記録と取引台帳のデジタルトランスフォーメーション
  6.1.2 不動産:権利者記録と物件情報のデジタルトランスフォーメーション
  6.1.3 アート:権利者情報と売買履歴のデジタルトランスフォーメーション
  6.1.4 保 険:医療記録と健康情報のデジタルトランスフォーメーション
 6.2 ビジネスチャンスはどこにある?
  6.2.1 ブロックチェーンは”DX”と”他業種連携”を実現するキャンバス
  6.2.2 ブロックチェーン基盤を作る場合の思考プロセスと事例
  6.2.3 ブロックチェーン基盤を使う場合の思考プロセスと事例
  6.2.4 おまけ:“ブロックチェーン的”な思考で、既存サービスの付加価値を向上させる

7. ブロックチェーンの事業立ち上げの際の発想法
 7.1 ブロックチェーンのメリットのおさらい
 7.2 ビジネスモデル考案のプロセス
 7.3 ブロックチェーンが必要かのチェックポイント
 7.4 ワークショップ

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC200704

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

IPランドスケープ動画

分散剤

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

2020 スマホ・車載カメラ

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.