量子ドット 蛍光体 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


量子ドット 蛍光体 セミナー

★量子ドット蛍光体の合成方法・分散・耐久性、「よくある質問と回答」も!
★性能向上と価格の低下で、実用化迫る!?
★ディスプレイや太陽電池、更には医療用診断薬応用へ:そのネックは?


量子ドット蛍光体
の基礎と

耐久性の確保・向上の指針

〜次世代ディスプレイ・太陽電池および診断薬等への応用へ〜

講師

産業技術総合研究所 関西センター 総括主幹 博士(工学) 村瀬 至生 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

東京大学理学系研究科化学専攻修士課程修了(分子分光学)、日立製作所中央研究所(超高密度光メモリ)にて博士号取得の後、現在の産業技術総合研究所に入所(関西センター、池田)、量子ドットの合成と機能化の研究に従事。大阪電気通信大学、関西学院大学、中国 済南大学の客員教授を経験。
・専門研究分野:蛍光性量子ドットの合成、ガラスコートによる機能化、分光学的評価

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年7月7日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・船堀]タワーホール船堀3階303会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 量子ドットは、色素や希土類イオンとは違った特徴を持つ新しいタイプの蛍光体として知られるようになった。4Kディスプレイとして実用化され、医療分野では診断薬としての検討も進み、太陽電池への応用も考えられている。また、植物工場用の照明用途としても有望である。この10年間で性能が飛躍的に向上しただけでなく、価格も2桁低下し、実用化が本格的に始まった。
 本講座では、量子ドットの合成や評価といった基礎事項を概説するとともに、実用化を考えた際に必ず直面する耐久性の問題を解説する。分子1000個程度からなる量子ドット結晶は、表面の割合が大きく、表面の僅かな欠陥で発光特性が変化する。また、表面は、太陽電池や電界発光のように励起電子が通過する応用の場合にも、重要な役割を果たす。この表面の状態をより深く理解し、蛍光の耐久性を上げるための各方策・指針を、他の最新の研究とも比較しながら、講師独自の見解を加えて解説する。

■受講対象
量子ドットの研究開発者
発光材料、発光デバイス・モジュールの研究開発者
ナノテクノロジー関連技術の研究者・開発者
量子ドット関連の案件を取り扱っている特許庁の審査担当者
新規事業/新規技術テーマの調査・探索担当者 など

■修得知識/ノウハウ
 量子ドットの基本・概要、特徴
 コロイド量子ドットの作製方法、サイズの制御技術、評価方法、ガラスコート技術
 量子ドットの耐久性向上に関わる技術情報
 量子ドットの各分野への応用・最新動向と将来展望

■同講師の過去セミナー受講者の声(アンケートより)
「内容が充実していました。丁寧な資料・解説、ありがとうございました」(光学部材設計・解析)
「合成法の所が特に面白かった」(開発技術)
「過去の代表論文の解説も非常に参考になった」(経営企画)
「ガラス中への分散安定化の話題が大変興味深かった」(研究開発テーマ探索)

セミナー内容

1.量子ドット研究の背景と経緯
 1-1 量子ドット合成法と研究の経緯
 1-2 ドープされた量子ドットの構造・特徴
  1-2-1 マンガンイオンドープのZnS量子ドット:その特徴
  1-2-2 各種蛍光体の物性と実現できる輝度:量子ドットとの比較も

2.量子ドットの基本的な物性と粒成長メカニズム
 2-1 物理的、化学的性質(量子サイズ効果など)
 2-2 エネルギー準位の計算方法と留意点
  2-2-1 簡易な計算方法
  2-2-2 量子力学的計算
 2-3 量子ドットのサイズと濃度の求め方
 2-4 粒成長メカニズムと発光効率

3.各種量子ドットの合成法・特徴と留意点
 3-1 親水性CdTeの合成法
 3-2 親水散性ZnSeと光化学反応を利用したシェルの付加
 3-3 疎水性CdSeの合成と発展
 3-4 疎水性InPの合成と最近の進展
 3-5 ハロゲン化鉛ペロブスカイト、硫化鉛およびカルコパイライト

4.量子ドットのガラスマトリックスへの各種分散法
 4-1 バルク体への量子ドット分散:その方法と留意点
 4-2 薄膜への分散およびファイバー形成の方法と留意点
 4-3 微小ガラスカプセル中への分散・安定化

5.量子ドットの各種特性評価の方法
 5-1 単一分子検出法の発明の経緯とノーベル賞
 5-2 単一粒子検出とブリンキング
 5-3 発光効率(量子収率)の計算法
 5-4 耐光性の測定・評価法

6.耐久性向上の具体策
 6-1 ポリマーを用いる方法
 6-2 イオン結晶による閉じ込め
 6-3 アルミナ薄膜による被覆
 6-4 ガラスカプセル化

7.量子ドットの各応用分野と今後の課題・展望:先行事例も踏まえて
 7-1 ディスプレイ用蛍光体としての量子ドット:その課題と展望
 7-2 量子ドットの太陽電池応用:その課題と展望
 7-3 量子ドットを用いた医療用の診断薬

8.量子ドットを巡るよくある質問と回答
 8-1 量子ドットディスプレイと有機ELディスプレイの違い
 8-2 ガラスカプセルの具体的使用法、量産性と価格
 8-3 非カドミウム系材料の候補と課題は?
 8-4 長期信頼性や熱的な耐久性は?

9.まとめ

<質疑応答・個別相談・名刺交換>

セミナー番号:AC200712

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.