セミナー 高分子材料 劣化 耐久性評価 化学分析 加速劣化試験 プラスチック

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/7/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 高分子材料 劣化 耐久性評価 化学分析 加速劣化試験 プラスチック

※本セミナーはCisco Webexを用いたオンラインセミナーに変更になりました。(会場では行いません。)

★加速劣化試験の妥当性や劣化要因を正しく理解するために!
★熱や光などを起因とした劣化現象から、FT-IR、NMR、LC-MS、MALDI-TOFMSなど
 各種分析ノウハウ、熱酸化・光酸化・加水分解劣化などの解析事例を詳解。

化学分析を活用する

高分子材料の劣化メカニズム解析


〜高分子の構造・劣化の基礎から

各種分析手法、解析事例まで〜

<Cisco Webexによるオンラインセミナー>

講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
機能化学研究部門 化学材料評価グループ 研究グループ長
水門 潤治 先生

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年8月27日(木) 12:30-16:30
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みお願い致します。
 (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●会場 会場での講義は行いません。
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

*本講座は、Cisco Webexを使用したオンラインセミナーです。
 (下記ご確認の上、お申込み下さい)。

・本講座は、オンライン受講のみ可能です。セミナー会場での受講はできません。
 *PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。

・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからWebexが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
*Skypeなど別のツールが動いておりますと、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいWebexで不調となる場合があります。
お手数ですが同様のツールは一旦閉じてからお試し下さい。

・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。
 また本講座の配布資料は、PDFにてご送付申し上げます。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することやプロジェクタ等による複数人での視聴は禁止いたします。

・当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。メール等で後日の質問やアポイント相談をする事も可能です。
 (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
req@johokiko.co.jp

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 高分子材料は軽量・成形性の良さといった特長を持つことから、日常生活や産業活動などの様々な場面で利用されています。特に、最近では自動車や航空機などの輸送機器分野においてEV化や軽量化に向けた材料開発が活発化しており、今後も更に用途が広がることが予想されます。一方で、高分子材料は金属材料や無機材料と比較して耐久性が課題になることが多く、輸送機器のように高度な信頼性を求められる分野では、更なる耐久性向上や寿命予測が求められています。
 高分子材料の耐久性評価は、加速劣化試験と物性評価を組み合わせて行われるのが一般的です。用途に直結する物性評価は、耐久性評価には欠かせませんが、加速劣化試験の妥当性や材料の耐久性向上・寿命予測には化学分析により分子構造変化や劣化反応メカニズムを解析して理解する必要があります。
 本講演では、熱や光などによる分子構造変化を伴う劣化現象にフォーカスして、劣化を分子レベルの反応メカニズムにより理解するための考え方やそのために必要な分析・評価技術及び活用事例について紹介します。

■受講対象者:
・高分子材料を扱う材料メーカー、部材メーカー等で、材料開発や分析・評価、品質管理などに携わる方
・高分子材料の成形時や使用時の劣化や耐久性について課題をお持ちの方

■必要な予備知識:
・高分子化学、分析化学に関する高校〜大学卒業レベルの基礎知識。
・酸化反応などの簡単な化学反応式を理解する基礎知識。
 
■本セミナーで習得できること:
・高分子材料の劣化反応及びメカニズム解析に関する基礎知識
・劣化解析に関する化学分析法の基礎やノウハウ
など

セミナー内容

1.高分子材料の信頼性や耐久性に関係する最近の動向
 1)海洋プラスチック
 2)プラスチックリサイクル
 3)サイレントチェンジ
 4)サプライチェーン問題

2.劣化反応メカニズムの基礎
 1)劣化の定義
 2)劣化要因と劣化挙動
 3)自動酸化反応
 4)酸化防止剤の種類と働き
 5)劣化解析と耐久性評価の考え方

3.化学分析
 1)高分子材料の構造
 2)赤外分光法(FT-IR)
 3)核磁気共鳴分光法(NMR)
 4)質量分析法(LC-MS、MALDI-TOFMS、熱分解GCMS)
 5)電子スピン共鳴法(ESR)
 6)二次元相関分光法
 7)ケミルミネッセンス法

4.劣化解析事例紹介
 1)MALDI-TOFMSを活用する解析事例
 2)ポリプロピレンの熱酸化劣化
 3)ポリエステルの熱酸化劣化/加水分解劣化
 4)フッ素ゴムの熱酸化劣化
 5)有機半導体材料の光酸化劣化

5.まとめと今後の課題

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

■ご講演中のキーワード:
高分子材料、劣化解析、耐久性評価、化学分析、分子構造解析、劣化反応メカニズム

セミナー番号:AC200811

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

2020 スマホ・車載カメラ

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.