ゲノム編集 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/7/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ゲノム編集 セミナー

【ゲノム編集】を基礎から体系的に!
「断片的だった知識が繋がりました」 「同僚達にも受けさせたい」…と好評です!
6度目となる今回はZoomでのオンラインセミナー!

ゲノム編集技術の基礎原理と最近の応用・トピックス

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

広島大学 大学院統合生命科学研究科 / ゲノム編集イノベーションセンター
 センター長 教授 博士(理学)  山本 卓 先生

講師紹介

1989年 3月 広島大学理学部生物学科動物学専攻卒業
1992年 8月 熊本大学理学部助手
2002年 6月 広島大学大学院理学研究科講師
2003年11月 広島大学大学院理学研究科助教授
2004年 4月 広島大学大学院理学研究科教授
2014年 4月 鳥取大学客員教授、熊本大学客員教授
2019年 2月 広島大学ゲノム編集イノベーションセンタ、センター長
2019年4月 広島大学大学院統合生命科学研究科教授
 ※日本ゲノム編集学会 会長

→このセミナーを知人に紹介する

日時・受講料

●日時 2020年9月29日(火) 12:30-16:30

●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

*本講座は、Zoom を使用したオンラインセミナーです。
 (下記ご確認の上、お申込み下さい)。

・本講座は、オンライン受講のみ可能です。セミナー会場での受講はできません。
 *PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。

・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら

 *Skypeなど別のツールが動いておりますと、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいZoomで不調となる場合があります。お手数ですが同様のツールは一旦閉じてからお試し下さい。

 ・Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
    →参加方法はこちら

・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。また本講座の配布資料は、印刷物を郵送にてご送付申し上げます。ご登録の際はお受け取りが可能な住所をご記入ください。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することやプロジェクタ等による複数人での視聴は禁止いたします。

・当日、可能な範囲で質疑応答、個別質問も対応致します。メールベースを中心に後日の質問等も可能です。(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
req@johokiko.co.jp

■講師より
 人工DNA切断酵素を用いたゲノム編集は、微生物から動植物の幅広い生物における遺伝子ノックアウトやノックインが可能なことから、次世代の遺伝子改変技術として注目されている。これまで使われていた人工ヌクレアーゼ(ZFNやTALEN)に加えて、RNA誘導型ヌクレアーゼのCRISPR-Cas9システムが2012年に報告されて以来、ゲノム編集研究の競争はさらに激しくなっている。
 本セミナーでは、ゲノム編集の基本原理、培養細胞や動物でのゲノム編集の実際、ゲノム編集の様々な分野での可能性について紹介する。さらに、最近の研究トピックスを紹介し、この分野の産業での可能性について議論する。受講者個々の質問にも可能な限り応対する。

■受講対象者
・各企業の技術者、研究者、新事業・研究テーマ企画担当者
・細胞や遺伝子の遺伝子改変を必要としている方
・最新技術を調査して、次の事業や研究テーマを模索する立場の方
・自社独自技術と組み合わせてゲノム編集やその周辺分野に着手したいと考えている方 など

■受講して得られる情報・知見
・ゲノム編集技術の概要・基礎事項
・ゲノム編集の最新技術
・ゲノム編集についての技術的課題
・ゲノム編集の各分野・産業への応用、将来展望、可能性など

▽過去の同講師セミナー受講者の声(アンケートより)
「これまで断片的だったゲノム編集の知識が繋がっていってとても有意義でした」(DNA合成サービス販売促進)
「とても詳しい説明で分かりやすかった。同僚にも受けさせたい」(微生物研究)
「原理を含め、新しいゲノム編集の方法をたくさん知ることができた。今後の展望含め、奥の深い技術でありツールだと感じた」(ライフサイエンス研究)
「講義の進行の早さが適切で良かったです」(研究)
「大変有意義なセミナーでした。ありがとうございました」(大学院生)
「全体を通して具体的な実験システム・方法やそれを使った結果を教えていただき、大変貴重でした」(基礎研究)
「興味深く聞かせていただきました。各学問領域の既存の枠組み等がなくなるような予感がしました」(食品素材の研究)
「基礎から最近の事象について幅広くお話いただき非常に有用でした。自社で採り入れるきっかけとしたいです」(創薬研究)
「丁寧にご説明頂き、非常に有意義でした」(基礎研究)

セミナー内容

1 遺伝子改変技術に関する背景
 1.1 これまでの遺伝子改変技術
  1.1.1 ランダムミュータジェネシス
  1.1.2 トランスポゾンを利用した改変
  1.1.3 相同組換えによる遺伝子ターゲティング
  1.1.4 メガヌクレアーゼを用いた改変

2 ゲノム編集の基本原理
 2.1 遺伝子ノックアウト
 2.2 遺伝子ノックイン
 2.3 様々なタイプの遺伝子改変
 2.4 遺伝子組換え技術との相違点と類似点

3 ゲノム編集ツール
 3.1 Zinc Finger Nuclease (ZFN)法
 3.2 Transcription activator-like effector nuclease (TALEN)法
  3.2.1 TALENの構造
  3.2.2 TALENの作成法
  3.2.3 TALEN法の利点と欠点
  3.2.4 TALENを利用した遺伝子改変の実例(細胞や様々な動物)
  3.2.5 高活性型TALEN(Platinum TALEN)について
 3.3 CRISPR
    (clustered regularly interspaced short palindromic repeat)
    -Cas9(CRISPR-associated 9)法
  3.3.1 CRISPR-Cas9の由来と様々なCRISPR
  3.3.2 CRISPR-Cas9法の原理
  3.3.3 CRISPR-Cas9法の利点と欠点
  3.3.4 CRISPR-Cas9を利用した遺伝子改変の実例
  3.3.5 改良型CRISPR-Cas9について
  3.3.6 CRISPR-Cpf1
  3.3.7 RNAを切断するCRISPR
 3.4 ゲノム編集ツールの派生技術
  3.4.1 転写調節技術
  3.4.2 エピゲノム修飾技術
  3.4.3 DNA標識技術
  3.4.4 核酸検出技術

4 培養細胞や動物でのゲノム編集の実際
 4.1 培養細胞でのゲノム編集
  4.1.1 遺伝子改変する際の注意点
  4.1.2 遺伝子ノックアウトの実際(不死化細胞、がん細胞、iPS細胞)
  4.1.3 遺伝子ノックインの実際(不死化細胞、がん細胞、iPS細胞)
  4.1.4 複数遺伝子ノックアウトする方法(不死化細胞)
 4.2 様々な動物でのゲノム編集
  4.2.1 遺伝子改変する際の注意点(モザイク性)
  4.2.2 遺伝子ノックアウトの実際(カエルや哺乳動物の例)
  4.2.3 遺伝子ノックインの実際(カエルや哺乳動物の例)
 4.3 オフターゲット作用
  4.3.1 オフターゲット変異とは
  4.3.2 オフターゲットの解析法

5 様々な分野でのゲノム編集の利用可能性
 5.1 微生物でのゲノム編集の可能性
 5.2 品種改良でのゲノム編集の可能性
  5.2.1 農作物でのゲノム編集
  5.2.2 水畜産物でのゲノム編集
 5.3 医学分野でのゲノム編集の可能性
  5.3.1 疾患モデル細胞やモデル動物の作製
  5.3.2 ゲノム編集によるウイルス破壊
  5.3.3 遺伝子治療とゲノム編集
  5.3.4 受精卵での基礎研究レベルのゲノム編集例

<質疑応答>

セミナー番号:AC200909

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.