5G マーケティング セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/6/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


5G マーケティング セミナー

※本セミナーはZoomを用いたオンラインセミナーです。(会場では行いません。)

★製造業の方が“今”せねばならない技術マーケティング!
★5Gに、どう切り込むか? 「なぜ5Gにはバックキャスト型が必要か」

5G時代のバックキャスト型技術マーケティング

〜IoT・AI・ロボットと5Gの複合変化を捉える

技術と社会のらせん状の変遷を踏まえた製造業のための商機の捉え方〜

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

日本工業大学 技術経営大学院 教務委員長 教授  清水 弘 先生

講師紹介

 京都大学工学部合成化学科卒業。東洋エンジニアリング(株)で化学プラントの設計部門に勤務後、1990年よりアーサーDリトル社(ADL)に参画。製造業を中心にIT企業、サービス業のイノベーションとグローバル展開に関する、戦略、技術、組織の経営課題の解決に従事。2003年よりパートナー。2010年から日本工業大学技術経営大学院で技術と経営に関する授業と研究にも従事し、2014年より教務委員長(現任)。ADL シニアアドバイザー、ビジネスエンジニアリング 社外取締役。住田光学ガラス 監査役(現任)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・受講料

●日時 2020年9月25日(金) 10:30-16:30

●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイントなど

*本講座は、Zoom を使用したオンラインセミナーです。
 (下記ご確認の上、お申込み下さい)。


・本講座は、オンライン受講のみ可能です。セミナー会場での受講はできません。
 *PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら

 *Skypeなど別のツールが動いておりますと、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいZoomで不調となる場合があります。お手数ですが同様のツールは一旦閉じてからお試し下さい。
 ・Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
    →参加方法はこちら

・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

・本講座の配布資料は、PDFにてご送付申し上げます。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することやプロジェクタ等による複数人での視聴は禁止いたします。
・当日、可能な範囲で質疑応答、個別質問も対応致します。メールベースを中心に後日の質問等も可能です。(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
req@johokiko.co.jp

■セミナーポイント/講師より
 第5世代移動体通信システム(5G)は、デジタライゼーションにともなうビジネスの機会を考える上で重要なキーワードとなりつつあります。ただ5Gのビジネス機会はそれ単独の機会は限られ、多く技術や製品・サービスの組合せと、さらに個々人の価値観や社会の変化もともなった新しいタイプの機会となっております。従来の製品・サービスとは異なる視点で機会を捉える必要があります。講師は移動体通信システムの専門家ではありませんが、1990年から製造業に対して技術と経営に関するコンサルティング行っております。デジタライゼーションが製造業に大きなインパクトとなる重要なきっかけの1つが5Gではないかと考えております。過去の成功例・失敗例を踏まえて、製造業がこの機会を如何にとらえるべきかを皆さんに紹介する場になればと思います。

■「振り返り小演習」について
・皆さんがセミナーで学んだことを仕事に活かすための手がかりとして、限られた時間ですが手法を活用するための振り返り小演習の時間を持ち活用上の留意点をご説明したいと思います。

■主な対象者
・デジタライゼーション全般(IoT・AI・ロボット・5G)について情報収集している製造業の企業実務担当者
・デジタライゼーション全般に対して、自社技術でどのように参入・着手していくべきかを検討している製造業の方
・最新のテーマ、ホットなトピックスを学んで、商機を見出したい方
・技術や機会の個別ではなく、全体感を持ち経営へのインパクトを持って機会を考えたい方
*受講制限は設けませんが、【製造業】の方々を想定した内容になります。

■受講して得られる情報・知見
・IoT・AI・ロボット・5Gといったデジタライゼーションの潮流の把握(技術的・社会的観点で)
・上記を踏まえた、製造業が取り組むべき技術マーケティングの考え方とその手法 など

セミナー内容

1 5G機会の再確認
 1-1 5Gにより起こる直接の変化
  ・技術の特徴と直接の変化(通信・コンピューティング・端末・・)
 1-2 他の変化との複合により期待されるインパクト
  ・エンターテイメント・教育と5G (映像、ゲーム、デジタル教育)
  ・モビリティと5G (CASE特に自動運転)
  ・スマートシティと5G (個人認証、交通、緊急対応(警察・消防))
  ・医療と5G (遠隔医療、医療ロボット)
  ・スマートファクトリー・サプライチェーンと5G(生産ロボット)
  ・スマートフォンから次世代デバイスへ
 1-3 5Gを取り巻く技術と社会のらせん状の変化
  ・ハイプサイクルのピーク期に位置する5G ※
  ・背景にある社会全般の価値観(つながる化、シェアリング、オープン)やプロダクト(スマホ、インターネット、二次電池)
  ・IoT/AI/ロボットー認識・認知・判断・制御・作動のつながる化
  ・VR/AR―没入感という新しい価値表現
  ・次のテクノロジー
  ・次の社会全般の価値観 例 MaaS(Mobility as a Service)の意味合い
※ ハイプサイクル:ガートナー社の提唱する技術の普及カーブ 縦軸:期待度と横軸:時間をとり黎明期、「過度な期待」のピーク期、幻滅期、啓蒙活動期、生産性の安定期の5段階で技術は普及するという考え方
 1-4 製造業への意味合い
  ・プラットフォーム企業へー製造業のサービス化
  ・モノづくり製造業におけるソフト化
  ・次のエコシステムでの自社の役割

2 5Gの機会のとらえ方―バックキャスト型技術マーケティング
 2-1 フォアキャスト(現状分析からの機会積上げ型)とバックキャスト(将来の姿の描画からの機会)1.5h
  ・1997年当時に描いた機会―その経過と分岐点の意味合い
  ・なぜ5Gにはバックキャスト型が必要か
  ・幻滅期を乗り切るための世の中の変化の方向と自社のストーリー
  ・現状とのギャップ、組織の固定概念には十分に注意
 2-2 バックキャスト:アプリケーションコンセプト手法
  ・自分達の提供する価値とは(基本手法:M-F-T)
  ・PEST/3Cでの世の中トレンドの理解と可能性領域として機会全体の描画
  ・機会の分解、関係者マップ及び付加価値配分想定
  ・機会の抽出と自社世界観にあう陣営選択
  ・テーマの推進
  ・実現のためのサインポストの明確化
(参考)機会積み上げ型一般的な技術マーケティング
   ―価値創出活動におけるアイデア創出、コンセプト企画とビジネスプラン作成
   ―基本手法としてのPEST(Politics,Economy,Soceity,Technology)/3C(Customer,Comptitor,Company)、価値連鎖、
アンゾフマトリックスとM-F-T ※M-F-TはADL社の提唱する手法
 2-3 収益モデルと実践モデル
  ・PoC(Proof of Concept)の次へ 投資対効果のための経営成果への意味合いの加味
  ・余剰な顧客価値のマネタイズ;製造業のサービス化
  ・実践のためのDMAIC(Define, Measure,Analysis,Improve,Control)の定義 ※シックスシグマの検討手法
 2-4 サプライヤー側の製造業のデーター主導権確保
   ・GEデジタルの失敗の解釈
   ・業態によって異なるデーター主導権確保方法

3 振返りの小演習

4 コンセプト企画やビジネスプラン作成の留意点
 ・コンセプト企画において
 ・ビジネスプラン作成において

5 全体のまとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AC200910

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

IPランドスケープ動画

分散剤

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

2020 スマホ・車載カメラ

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.