セミナー 生体計測 生体センサ 生体センシング ウェアラブル 非接触 心拍

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/7/30更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 生体計測 生体センサ 生体センシング ウェアラブル 非接触 心拍

生体計測【オンライン(見逃し視聴有り)】参加はこちらから↓


生体計測【オンライン(見逃し視聴無し)】参加はこちらから↓

★心拍数と健康・心理状態の関係性やセンサ等の基礎・最新動向から、
 ウェアラブル・動画像・マイクロ波ほか接触/非接触型問わず様々な計測技術の紹介、ノイズ対策まで!
★小型軽量化・低消費電力化・低侵襲化などの課題に対するアプローチも解説。
★非接触型心拍センサのデモも実施予定です!

生体計測の基礎から

センサ技術・システムの最新動向、応用例まで

〜心拍モニタリングを中心に、接触型/非接触型それぞれ詳解〜

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

神戸大学 システム情報学研究科 准教授 和泉 慎太郎 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
2011年3月 神戸大学大学院 工学研究科 情報知能学専攻 博士後期課程 修了
2009年4月〜2011年5月 日本学術振興会 特別研究員
2011年6月〜2018年5月 神戸大学 先端融合研究環 重点研究部 助教
2018年6月〜2019年3月 大阪大学 産業科学研究所 特任准教授
2019年4月〜現在 神戸大学大学院システム情報学研究科 准教授

■ご専門および得意な分野・研究:
センサーネットワーク、生体信号処理、低消費電力回路技術の研究に従事

■本テーマ関連学協会でのご活動:
2018年〜現在 IEEE Biomedical and Life Science Circuits and Systems Technical Committee Member

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年10月12日(月) 10:00-15:00
 *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みお願い致します。
   (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●受講料
  【ライブ配信(見逃し視聴有り)】1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【ライブ配信(見逃し視聴無し)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

●本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
 録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 近年、ウェアラブルな生体センサを用いた生体計測が注目されています。本セミナーでは、小型軽量化、低消費電力化、低侵襲化などの課題と、それらの課題を解決する最新研究開発動向、および将来展望について解説します。

■受講対象者:
本テーマに興味のある方なら誰でも受講可能です。

■必要な予備知識:
電気電子、情報科学分野の基礎知識があることが望ましいですが、この分野に興味のある方なら、特に必要ありません。

■本セミナーで習得できること:
・生体信号計測の基礎知識
・生体センサーの最新技術動向
・生体センサーの低消費電力化技術
など

セミナー内容

1.生体信号計測の基礎
 1)社会からのニーズ
 2)計測機器の発展
 3)さまざまな生体信号とアプリケーション
  a)ターゲットは?何を計測するのか?
  b)血圧、血糖値、筋電、眼電、活動量、発汗量、脈拍、血中酸素飽和度、心電図など
 4)ウェアラブル生体センサーの技術動向
 5)普及に向けた課題

2.心拍とその応用
 1)心臓の拍動
 2)心拍の変動と自律神経系との関係性
 3)心拍変動解析・モニタリング
 4)期待できる応用

3.心拍の計測技術―デバイスの概要や高精度化、評価法、実験結果や課題など―
 1)心電図
 2)接触(ウェアラブル)型の計測手法
  a)ウェアラブルセンサ
  b)光電容積脈波
  c)脈波伝播速度
  d)圧力・加速度
 3)非接触型の計測手法
  a)動画像
  b)座面圧力・振動
  c)容量結合
  d)マイクロ波ドップラー
 4)それぞれの課題

4.ノイズ対策技術
 1)心電図におけるノイズ、消費電力との関係
 2)体動・筋電ノイズ
 3)サンプリング誤差
 4)非接触計測と周波数解析
 5)ノイズ除去に向けた検討・対策
 6)性能評価

5.まとめと将来展望
 −Beyond Wearableや電源など

■ご講演中のキーワード:
低消費電力計測技術、生体信号処理、ウェアラブルセンサー、非接触モニタリング

生体計測【オンライン(見逃し視聴有り)】参加はこちらから↓


生体計測【オンライン(見逃し視聴無し)】参加はこちらから↓

セミナー番号:AC201008

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.