DRBFM FMEA FTA セミナー 品質管理

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/9/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

DRBFM FMEA FTA セミナー 品質管理

☆毎回高評価の人気講座をオンラインセミナーにて再開講!
車のリコール、家電製品の重大事故はなぜ起きるのか
これまでの開発現場での実体験など、わかりやすい講義で前回好評!
FMEAでは品質は良くならないと言い切る品質問題のエキスパートが
FMEA/FTA/DRBFMをわかりやすく「正しく」解説

<演習付きでよくわかる>
すぐに現場で実践できる! 
品質問題未然防止のための
FMEA/FTA/DRBFMの
基本と正しい使い方
<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

Nakadeメソッド研究所 代表 中出義幸 先生

講師紹介

■ご略歴
パナソニック(株)にて車載電装品の開発を26年間担当。
複雑な構造設計及び回路設計技術の習得とハンドル周辺の
操作スイッチ、キーレス等の製品開発とマネジメントに従事。
その経験を基に10年前から品質問題未然防止を担当。
2013年 トヨタ自動車(株)DRBFM A級エキスパート認定
2014年 社長賞受賞
2015年 パナソニック退社、「コンサル なかよし」として起業
       京都府中小企業特別技術指導員
       製品機能から考える未然防止手法「Nakadeメソッド」考案
2018年 「Nakadeメソッド研究所」設立
■ご専門および得意な分野・研究
@車載電装品開発力、公差設計解析力
 特許出願143件、登録件数国内67件、海外登録件数29件
A事業化推進力
 デザインインからのコンセプト提案力を有し、キーレス、エアコンパネルスイッチ、
 ハンドルスイッチの商品提案と事業化の経験を持つ。
B創造的品質問題未然防止手法
 トヨタ自動車(株)DRBFMのA級エキスパート認定を世界で10人目に取得。
 B級エキスパート9名を認定指導。
 独自に「Nakadeメゾット」を考案、高効率の品質問題未然防止力を持つ。
 社員研修他で、延べ70回、約2000人に講義実践。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年10月14日(水) 10:30-16:30
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■はじめに:
 問題の真因がわからないまま対策をしていませんか? 品質問題は、@「問題を見落とした」、
A「見たけれども詰めが甘かった」の2つしかありません。 使わなければ故障しないという
視点から、まず、最初に「製品機能を漏れなく定義する」、次に「重要機能の設計手段を見える化」した上で、「機能が故障する使い方のストレスを知る」、「故障のなぜなぜ分析をして真因を導き出す」、「真因に対して対策手段を、衆知を集めて考える」ことが、未然防止を行う上では非常に重要なポイントです。
 本セミナーでは、開発現場を知り尽くしたベテラン講師が実体験をもとに、FMEA、FTAの正しい活用法やDRBFMの基礎知識などをはじめ、品質トラブルの未然防止の方法や進め方について解説し、なぜ品質問題が起きるのかの思考と演習を交えながら、「7つの帳票」を使って、もれなく効率よく検証するノウハウを学んでいただきます。

■本講座で得られる知識:
1.すぐに実践でき効果のある「製品機能から考える品質未然防止対策」
2.正しく使うFMEA/FTAの基礎知識と活用法
3.トヨタ自動車(株)推奨のDRBFMの基礎知識

■受講対象:
・営業、研究・開発・設計・技術管理・生産技術、及び品質管理・製品審査・製造技術などを
 担当する技術系、技能系社員。幅広い業務の方のご参加が可能です。

★今までに受講された方からの感想(一例):
実例などで説明して非常にわかりやすい講義だった
経験談がとてもためになりました
他社での進め方も聞くことができたので有意義でした
今後も定期的にこのセミナーを開催してほしい
頭の中でモヤモヤしていたのが晴れた感じ。業務で実践して自分のものにしていきたい
などなど…実践的な内容が大変好評です。

セミナー内容

1.はじめに
  1-1.品質問題未然防止とは!
  1-2.開発段階で衆知を集める!
  1-3.開発現場の課題と対策!

2.FMEA/FTA/なぜなぜ分析
  2-1.FMEAとは!
  2-2.FMEA事例
  2-3.講師が伝授…FMEAの裏知識!
  2-4.FTAとは
  2-5.FMEA、FTAの比較
  2-6.なぜなぜ分析の誤解事例
  2-7.なぜなぜ分析の注意点(コツ!)
  
3.品質問題未然防止手法
  3-1.FMEAの考え方
  3-2.FMEAで品質がよくならない理由
  3-3.衆知を集める設計
  3-4.品質問題の未然防止効果
  3-5.Nakadeメソッド商品力向上“7ケ条”

4.リコール情報から学ぶ
  4-1.リコール情報の分析
  4-2.考えさせられるタカタ製エアバック欠陥問題
  4-3.過去最高だった前照灯スイッチ リコール
    そして再発のイグニッションスイッチ大規模リコール
  4-4.ワイパーモータ被水とヒートポンプ事故の共通点
  4-5.P社リコール社告 ヒートポンプ圧縮機破損
  4-6.ガス封入式ステー外筒破損 ステー飛出し

5.品質とは!
  5-1.品質の考え方
  5-2.品質の定義と分類
  5-3.品質における顧客要求と満足
  5-4.すなわち 品質とは!

6.品質問題未然防止法の考え方
  なぜ品質問題が起きるのか!
  −思考から見えてくる課題!−
  6-1.品質問題未然防止法の考え方
  6-2.重要!品質問題発生の原因
  6-3.ストレスとストレングス
  6-4.製品ばらつきを抑える改善事例

7.信頼性設計の鉄則
  7-1.高信頼性製品の定義と見落とし項目
  7-2.使用環境/車の変化による事故事例

8.DRBFMとは
  8-1.DRBFMとは!
  8-2.DRBFMのイメージ
  8-3.DRBFMの「こころ」!
  8-4.FMEAとDRBFMの比較
  8-5.DRBFMの定義  

9.ケーススタディー
  いつまでも「飲み頃」タンブラーカップ  
  衆知を集める検討体験、なぜなぜ分析
  システム要件票/機能着眼点一覧表作成から商品力を考える
  FTA(故障モードに対する「なぜなぜ分析」)
  Nakade メソッド ワークシートへの展開
  9-0.システム要件表
  9-1.気づきシート
  9-2.変更点・変化点一覧表
  9-3.組立構造図
  9-4.機能着眼点一覧表
  9-5.変更点−機能/故障モード表
  9-6.FTA(なぜなぜ分析)
  9-7.DRBFMワークシート(Nakadeメソッド) 

10.DRBFM推進での注意点

<質疑応答>

セミナー番号:AC201039

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

接着技術

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.