マイクロプラスチック 回収 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/9/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

マイクロプラスチック 回収 セミナー

★マイクロプラスチック問題の実情を知り、対策を講じる!
★微細藻類を用いた除去・回収技術! その実力は?

マイクロプラスチック問題の実態・影響評価と
その除去・回収技術
 
〜微細藻類の利用、社会実装・事業化への取り組み〜

講師

長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 アニマルバイオサイエンス学科 教授
 兼 (株)ノベルジェン 代表取締役社長 博士(理学) 小倉 淳 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1998年 東京大学農学部卒  2000年 同大学院農学生命科学研究科修了(修士)  2003年 総合研究大学院大学遺伝学専攻修了(博士)
学振PD、ハーバード大学研究員、お茶の水女子大学特任助教などを経て現職
2017年滋賀TP 3賞受賞、2017年マリンテックGP DNP賞を機に各種グラント・助成金を獲得しながら研究開発を進行、2019年10月株式会社ノベルジェン設立

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年11月9日(月) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第2講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講師より/本セミナーのポイント
 世界の海洋プラスチックごみは既に1.5億トンで、年間800万トンが新たに流入しています。生命の生存に欠かせない水循環に負の影響を与えており、食糧となる魚介類からのマイクロプラスチック検出例も膨大です。生態系を維持と安全な食料供給のため、海洋プラスチック問題を解決する必要があります。本セミナーでは微細藻類による新しい回収除去技術について解説するとともに、技術的課題と社会実装にまつわる取り組みを紹介します。

■受講対象者は?
・マイクロプラスチック問題、海洋プラスチック問題に取り組もうとお考えの方、取り組み始めている方
・水処理関連技術従事者
・養殖産業関連技術従事者
・環境浄化・水質浄化などを視野に入れた新事業を構想中の方
・微細藻類関連技術従事者
・5年後、10年後……に実る研究シーズ、事業の種を調査中の方
・遺伝子工学やバイオインフォマティクスについて研究・調査中の方や、今後この領域を深めていきたい方
*業種・業界は不問とします。

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
・マイクロプラスチック問題の現状・実態・影響評価
・マイクロプラスチックの除去・回収技術
・環境浄化等に寄与する微細藻類の基本的特性、産業利用の指針・可能性
 など

セミナー内容

1.マイクロプラスチック問題とは
 1.1 プラスチックゴミ問題の課題
 1.2 プラスチックゴミ問題の全体像
 1.3 マイクロプラスチックとは
 1.4 一次マイクロプラスチック
 1.5 二次マイクロプラスチック
 1.6 SDGsとの関わり

2.マイクロプラスチックの実態
 2.1 海洋マイクロプラスチック
 2.2 日本近海におけるマイクロプラスチック
 2.3 日本の河川湖沼におけるマイクロプラスチック
 2.4 モニタリング・分析手法について

3.マイクロプラスチックの影響評価
 3.1 影響評価をする上での課題
 3.2 マイクロプラスチックに吸着する有害物質
 3.3 人体への影響
 3.4 生態系への影響

4.マイクロプラスチックの除去・回収技術
 4.1 微細藻類を用いた除去・回収技術
 4.2 バイオインフォマティクスや人工知能によるアプローチ
 4.3 その他の除去・回収技術
 4.4 技術的課題
 4.5 将来性

5.マイクロプラスチックの除去・回収技術の社会実装と事業化
 5.1 社会実装・事業化への取り組み
 5.2 環境浄化等に寄与する微細藻類の基本的特性
 5.3 産業利用の指針・可能性
 5.4 派生技術の応用展開

<質疑応答・名刺交換・個別相談>


本セミナーは会場を利用する形式を予定しておりますが、オンライン化のご要望などもしございましたら
弊社 req@johokiko.co.jp
へその旨をお寄せ下さいませ。

セミナー番号:AC201103

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

接着技術

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.