PCR PCR検査 PCR実習 DNA抽出 リアルタイムPCR 遺伝子検査

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/10/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

PCR PCR検査 PCR実習 DNA抽出 リアルタイムPCR 遺伝子検査

★一瞬にして需要が高まった「PCR法」を座学と実習から学べるセミナー
★PCRとは結局何ができるのか、どんな機械や試薬が必要になるのか、実際にPCRを行う際の注意点は・・?
 急遽PCR手法を身につけなければいけなくなった技術者の方から、PCRに関連する機器・試薬などを取り扱う方まで幅広い方を対象にしたセミナーです。

「はじめてのPCR法」実習セミナー
(定員4名)

講師

アドバンテック研修センター株式会社 東京研修センター 講師 平石 佳之 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 大学および企業において、分子生物学を中心とした実験に従事。
 現在は、細胞培養の実習を中心に分子生物関連の講義などを担当。

■専門および得意な分野・研究:
 細胞培養をはじめ、バイオ系実験各種

■本テーマ関連学協会での活動:
 ・PCR法を利用した研究論文、学会発表等
 ・FIRM(一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム)教育委員会において、再生医療における細胞培養技術者の育成にも協力している。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月16日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・新宿]アドバンテック東京研修センター →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名55,000円(税込(消費税10%)、資料付)
※新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
 *本セミナーは1社2名以上や学校法人などの各種割引は適用外となります。 

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
 PCR法(ポリメラーゼ チェーン リアクション法)の原理の理解、さらに実習による操作法の習得を目指します。

■ご講演中のキーワード:
 ・DNA抽出
 ・PCR法
 ・遺伝子解析
 
■受講対象者:
 これからPCR法を始める方
 過去に経験があるが、基礎からもう一度勉強したい方

■必要な予備知識:
 生物学、分子生物学

■本セミナーで習得できること:
 PCR法の基礎知識と基本的な手技の習得

セミナー内容


 【講義編】

1. PCR法の基礎知識
 1) PCR法とは
 2) PCR法の原理
 3) PCR法に用いられる試薬の意味
 4) PCR法の流れ
 5) PCR反応に用いる試薬
 6) 実験室の整備
 7) コンタミネーションの防止、注意

2. PCR法で用いられる機材の説明
 1) マイクロピペットの使い方
 2) 各種遠心機
 3) サーマルサイクラー
 4) 電気泳動装置
 5) UVトランスイルミネーター

3. PCR法の応用利用
 1) 遺伝子組み換え実験
 2) リアルタイムPCR(qPCR法)
 3) 遺伝子検査

 【実習編】

1. 電気泳動用アガロースゲルの作製
  1) アガロースの溶解
  2) ゲルトレーへの流し込み

2. テンプレートDNAの調整
  1) 培養細胞からのDNA抽出(カラムキットを用いて)

3. 反応溶液の調整
 1) 使用試薬の調整
 2) 反応溶液の調整

4. サーマルサイクラー
 1) サーマルサイクラーの設定
 2) PCR反応開始

5. 電気泳動による観察
 1) 電気泳動槽の準備
 2) アガロースゲルのセット
 3) PCR産物の溶液調整
 4) アガロースゲルへのアプライ
 5) 電気泳動開始
 6) アガロースゲルの蛍光染色
 7) UVトランスイルミネーターによるPCR産物の観察

セミナー番号:AC2012X3

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.