植物工場 セミナー|東京会場 9月 ゼロエミ植物工場 イチゴ植物工場
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CO2分離回収活用
  ・  バイオマテリアル
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

・植物工場ビジネスの今がわかる
・ゼロエミ型植物工場とは?/なぜイチゴが注目されているのか?

植物工場ビジネスの最新動向と今後の商機

〜ゼロ・エミッション型植物工場/注目高まるイチゴ栽培の実情も〜

<東京会場セミナー>

講師

一般財団法人 社会開発研究センター
植物工場・農商工専門委員会 理事 理学博士 森 康裕 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

2003年東海大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。
2003年から2011年3月まで東海大学理学部非常勤講師。
2011年4月から2014年10月まで(株)植物工場開発取締役。
2014年11月から、(一財)社会開発研究センター主任研究員。現在に至る。
光半導体光源を用いた植物栽培に関する研究に従事。
1998年日本植物工場学会学術奨励賞,2003年日本植物工場学会学術論文賞受賞。
・経済産業省主催の「農商工連携研究会 第3回植物工場ワーキンググループ」や平成21年度先進的植物工場推進事業の一環として関東経済産業局で開催されたセミナー他、複数の展示会等で植物工場の講演活動をしている。
・主な著書:トコトンやさしい植物工場の本 / LED植物工場の立ち上げ方・進め方 / LED植物工場 (日刊工業新聞社書籍)
・専門および得意な分野・研究:植物環境調節工学/植物病理学/植物工場用照明設計


日時・会場・受講料

●日時 2022年9月15日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階C会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 ※新型コロナウイルスの感染防止の一環として昼食の配布は中止させて頂きます。
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催するセミナーです。※感染拡大防止対策にご協力下さい  
 ・セミナー会場での現金支払いを休止しております
 
 ※新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
 

セミナーポイント

■講師より/本セミナーでの解説事項
 20年の長期にわたり安定稼働、生産を行っている世界初の自動化LED植物工場「コスモファーム」やこれまで登場した植物工場システム(撤退企業含む)で注目された技術をもとに、採算を得られる植物工場に求められる思想と開発・運用のヒントを紹介します。植物工場ビジネスの行き詰まりの原因となっている生理障害と衛生管理等の各種トラブルの対策についても解説します。
 また近年の「脱炭素」「エネルギー問題」を踏まえ、ゼロ・エミッション型植物工場への期待も高まっています。その開発上のヒントもお示しします。加えて、今話題のイチゴの植物工場栽培についても、概説します。
 尚、受講者個別の課題・質問にも可能な範囲で対応します。名刺交換をした方には、後日対応することも可能です。

■受講して得られる情報は?
・LEDを用いた植物工場の基本的知識と植物栽培用LED照明の開発指針
・LED照射下での水耕栽培技術の基礎と実際(野菜の生理障害対策を含む)
・採算を得られる植物工場の運営と栽培方法
・ゼロ・エミッション型の植物工場を開発する際のヒント
・イチゴ植物工場栽培の現状と可能性

▽過去受講者からの好評の声、続々!(アンケートより)
「植物工場で問題となるトラブルの実情について詳細を聞けたことが良かったです。最新の植物工場システムの紹介もあってありがたかったです」(新規事業企画)
「網羅的に研究された方ならではの、非常に興味深い話題ばかりで参加した意義がありました」(植物工場関連技術研究)
「実例があってとてもよかった」(製造業)
「初めて参加しました。すべての項目が興味深かった」(農業ビジネス立ち上げ検討)
「LEDや栽培システムについて特に興味深かった」(光源研究)
「最新情報を得るため参加、大変有益でした。特に管理方法について聴けてよかったです」(営業推進)

セミナー内容

1.LED植物工場立ち上げの基礎知識
 1.1 最近の植物工場の動向と参入前に注意すべき事
 1.2 採算を得られる植物工場の条件:建設、運営方法
 1.3 採算性が高いLED植物工場システムの工夫
 1.4 栽培光源としてのLEDの特徴
 1.5 LED光による植物栽培で理解しておきたい光形態形成
 1.6 植物工場用光源の種類と比較:LED、CCFL、HCFL等
 1.7 植物工場用LED照明設計の基礎
 1.8 植物育成用赤色LED素子の性能比較
 1.9 植物栽培に注目されている白色LEDと最新動向
 1.10 植物生育に最適な波長分布を持つ高効率白色LEDの登場
 1.11 植物育成用白色LEDとマクアダム楕円:
    植物と人間生活に最適な光を両立させる難しさ

2.LED植物工場内での養液栽培の基礎:植物工場のICT化で重要な栽培パラメーター
 2.1 養液の調製と管理のポイント
 2.2 LED植物工場に最適な栽培環境と管理方法:
  光量、温度、湿度、風速、養液温度、溶存酸素、EC、pH、二酸化炭素
 2.3 LED植物工場内での二酸化炭素の施用方法
 2.4 育苗と栽培工程の注意点
 2.5 代表的な生理障害
 2.6 生理障害の特定と対策方法

3.採算性を考慮した栽培:品種選択方法、機能性野菜
 3.1 LED植物工場に最適な栽培作物と人気野菜
 3.2 最近注目されている作物の栽培方法
 3.3 香草栽培の事業性と栽培方法
 3.4 注目されているベビーリーフの栽培方法
 3.5 ベビーリーフ栽培と事業性・採算性
 3.6 LED照明を用いた機能性野菜の栽培方法:
    特定成分の高含量化と低含量化
 3.7 低カリウム野菜、低硝酸態窒素野菜
 3.8 光合成速度測定を利用した効率の良い栽培方法

4.収益性が高い自動化LED植物工場【コスモファーム・コスモサンファーム他】
 4.1 自動化完全LED植物工場 『コスモサンファーム』
 4.2 世界初の完全制御型LED植物工場 『コスモファーム』
 4.3 コスモファームの照明技術
 4.4 コスモファームの生産工程
 4.5 コスモファームで生産されたレタスの特徴
 4.6 LED照明で栽培されたレタスの栄養成分

5.注目された植物工場システムや技術(撤退、一時生産休止企業含む)
 5.1 液晶TVのバック照明技術を応用した製品(スタンレー電気(株)他)
 5.2 福祉分野(身障者の教育プログラムや経済的自立の支援)で活躍するシステム(株式会社ハートフルマネジメント他)
 5.3 高演色白色LEDを採用した植物工場システムと画期的なアイデア((株)共立電照他)
 5.4 昭和電工(株)の植物工場システムと高速栽培方法「S法(旧SHIGYO法)」
 
6.植物工場内で多発する各種トラブルと対策方法
 6.1 植物工場内で多発するトラブルの種類と対策方法
 6.2 水耕栽培でも見られる生理障害とその対策
 6.3 植物工場内の多種の細菌、糸状菌類への対策:殺菌、減菌方法
 6.4 LED植物工場内で問題となる資材の消毒方法:塩素系の使用是非など
 6.5 植物工場野菜の完全無農薬の是非:種子由来の農薬の扱い等

7.植物工場技術を応用した関連ビジネス
 7.1 注目される店産店消植物工場とそれを採用したレストランの運営例
 7.2 人気が高い手軽な家庭用栽培装置
 7.3 インテリアへ応用した植物栽培装置
 7.4 花生産への応用の可能性

8.植物工場でのイチゴ栽培の現状と将来性
 8.1 イチゴのウイルスフリー苗生産
 8.2 今話題の種子繁殖型品種「よつぼし」他:注目される理由と実情
 8.3 一季成り性品種の王道「あまおう」「紅ほっぺ、きらぴ香」の栽培の可能性:採算性・課題

9.植物工場の定義とゼロ・エミッション型への可能性
 9.1 植物工場用電源の低・脱炭素化(植物工場を稼働させる電力)
 9.2 ゼロ・エミッションに向けた植物工場システム販売企業の動向
 9.3 ゼロ・エミッションを見据えた電力の動向

10.その他の植物工場トピックス
 10.1 超大型植物工場か超小型植物工場か:規模の二極化
 10.2 IoTを活用した自動化LED植物工場の可能性と最新動向
 10.3 全自動植物工場の可能性(播種から収穫まで)

<質疑応答・名刺交換・個別質問>

※セミナー終了後に限らず、セミナー開始前、休憩中など時間の許す限り、応対します。折角の対面セミナーですので有意義な会にしたいと思っております。(講師より)

セミナー番号:AC220915

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.