「濾過」技術セミナー|基本、フィルターの種類・性能、操作法、応用事例まで
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

○様々な産業で活用されている、濾過の勘所を1日速習!
○濾過の種類や粒子補足メカニズム等の基礎から種々の濾過操作、能力を発揮するためのフィルター選定法、様々な分野への応用・適用例まで。

<適切にフィルターを選定・活用する為の>

濾過の基本からフィルターの種類・性能、

操作法および応用事例まで

<東京会場・対面セミナー>

講師

日本ポール株式会社 応用技術研究所 マネージャー 難波 竹已 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1990年3月:国立岡山大学大学院工学研究科合成化学専攻修了
1990年4月:NOK株式会社入社
2004年4月:日本ポール株式会社入社

■ご専門および得意な分野・研究:
 ろ過・分離・精製に関わる問題解決や改善提案、顧客向けセミナーなどの業務に従事。自動車、製鉄、製紙、航空機、船舶、発電所などの業界を担当。ISO/TC131/SC6(油圧)とISO/TC20/SC10(航空宇宙)の分科会委員。

日時・会場・受講料

●日時 2022年10月17日(月) 10:30-16:30 *途中、お昼休みと小休憩を挟みます。

●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)1階 B会議室 →「セミナー会場へのアクセス」

●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 *新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催するセミナーです。※感染拡大防止対策にご協力下さい  
 ・セミナー会場での現金支払いを休止しております
 
 ※新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
 

セミナー開催にあたって

■受講対象者:
・ろ過とフィルターについて基礎から勉強したい方
・現在お使いのフィルターの性能や寿命に疑問をお持ちの方
・ろ過方法やフィルターの選定を、メーカー任せではなく、ご自身で行いたいとお考えの方

■必要な予備知識:
予備知識は必要ありません。ろ過とフィルターについて、一から説明します。

■本セミナーで習得できること:
・ろ過の基礎知識
・フィルターの基礎知識
・ろ過方式選択のための基礎知識
・フィルター選定のための基礎知識
など

セミナー内容

1.ろ過とは(そもそもろ過とは何か?)
 1)ろ過とフィルターの定義
 2)ろ過の種類
  a)粒子サイズを表す単位
  b)除去対象のサイズによる分類
  c)除去対象の捕捉のされ方による分類
  d)清澄ろ過と分級ろ過
  e)全量ろ過と部分ろ過

2.ろ過とフィルターの基礎(フィルターはどうやって粒子を捕まえるのか?)
 1)粒子捕捉のメカニズム
 2)フィルターの種類と構造
  a)ろ材の材質
  b)フィルター形状
  c)ハウジング
  d)シール方法

3.ろ過の操作法(ろ過といっても色々な方式があります)
 1)デッドエンドろ過とクロスフローろ過
 2)連続ろ過とバッチろ過
 3)シングルパスろ過とバッチろ過

4.フィルターの性能(フィルターの性能はメーカー毎に違う?)
 1)除粒子性能
 2)流量特性
 3)集塵容量
 4)完全性試験
  a)バブルポイント試験
  b)フォワードフロー試験

5.フィルターの選定方法(どんなフィルターをどうやって選ぶか)
 1)検討項目
 2)ろ過後の清浄度レベルの評価法
 3)ラボスケール試験・フィールド試験
 4)ディスポーザブルフィルターとろ過システムの選定方法

6.フィルター製品への応用(代表事例の紹介)
 1)半導体製造プロセス用途
 2)溶融ポリマー用途
 3)食品用途
 4)自動車製造工程用途

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC221005

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.