FMEA FTA DRBFM セミナー 東京会場開催
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  IPランドスケープ
  ・  陸上養殖
  ・  生体センシング技術
  ・  時系列データ分析
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

トヨタDRBFM A級エキスパートの人気講師によるFMEA/FTA/DRBFM講座
実際にFMEA、DRBFMを講師とともに実践するからわかる!

講師と一緒に実践! Nakadeメソッド

これでわかる

「FMEA/FTA/DRBFM」

<演習付き 定員15名>

講師

Nakadeメソッド研究所 代表

トヨタ自動車認定 DRBFM A級エキスパート    中出 義幸 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

*ページ下部の講師紹介もご確認下さい

日時・会場・受講料

●日時 2024年3月21日(木) 10:00-17:00 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第2特別講習室→「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,400円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,400円
 ※当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
   *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

■はじめに
 FMEAを行っても品質問題はなくなりません。なぜなくならないのか、どうしたらなくせるのか。FMEAの課題を明らかにしながら、「講師と一緒に作るFMEA/DRBFM」を実践! 初心者でも理解しやすい品質問題未然防止手法を、実際のモデルを使って経験豊富なトヨタ自動車認定A級エキスパート講師が楽しくわかりやすく解説します。
 最初にFMEA/FTA/なぜなぜ分析とは何かをお話した後、具体的な事例を用いてFMEAを作成。次に見える化の思想を取り入れて、見える化による改善を行います。さらに、トヨタ流品質問題未然防止法DRBFMの7つの帳票を使って、『衆知を集めるFMEA』を系統たてて学習することで、本物の『品質問題未然防止の進め方』の知識が身につきます。

■本講座で得られる知識:
@FMEAの基礎知識と課題
A問題の芽が見えるFMEAの進め方
Bトヨタ流未然防止法DRBFMの理解と習得

■受講対象:
営業、研究・開発・設計・技術管理・生産技術、及び 品質管理・製品審査・製造技術
などを担当する技術系、技能系社員。幅広い業務の方のご参加が可能です。

★同一講師のDRBFMセミナー受講者の声(抜粋)
今後の業務に役に立つ内容であった
DRBFMが理解できて大変良かったです
とても分かりやすかったです
業務改善の取組に本メソッドを取り入れて周知したいと思いました
今まで何となくで進めていたFMEAのやり方が良くわかりました …等々
高評価をいただいております!

★本講座では演習を行います。定員がございますため、
恐縮ながら1社4名以上のお申し込みはご遠慮願います。

セミナー内容

第1章:セミナーの背景とねらい


第2章:FMEA/FTA/なぜなぜ分析

 1. FMEA
   1-1.FMEAとは! 講師が伝授!FMEAの裏知識
 2. FTA
   2-1.FTAとは!
   2-2.FTA事例
   2-3.FTA/FMEAの比較
 3. なぜなぜ分析
   3-1.なぜなぜ分析とは?
   3-2.なぜなぜ分析:事例 
   3-3.なぜなぜ分析の考え方


第3章:講師と一緒に実践!!
ケーススタディー:LED懐中電灯開発の未然防止活動


 1. 設計の事前準備

  1-1. LED懐中電灯の開発ストーリー
  1-2. 未然(みぜん)さんの学習内容
 2. 構想設計
  2-1. 回路構成
  2-2. LED方式 懐中電灯 部品構成
 3. FMEAの作成
  3-1. FMEAによる未然防止の試行
     FMEAワークシートの解説
  3-2. FMEAワークシートへの記入事例
   (1).FMEAワークシートのフォーマット
   (2).手順
     (参考)故障モード一覧表
     (参考)FMEAのリスク優先度の付与基準
  3-3. FMEAワークシートの課題と対策
  3-4. FMEAワークシートの見える化!事例
 4. DRBFM
  設計の『見える化』と『衆知を集める』手法!

  4-1. DRBFMとは!
  4-2.「衆知を集める」とは!
  4-3. FMEAとDRBFMの違い
  4-4. DRBFM帳票
  4-5. 階層組織図
  4-6. 気づきシート
  4-7. 変更点・変化点一覧表
  4-8. 機能着眼点一覧表
  4-9. 変更点−機能マトリクス表
  4-10. 階層構造図
  4-11. なぜなぜ分析
  4-12. Nakadeメソッドワークシート
 5.ケーススタディー
  LED懐中電灯「衆知を集める」DRBFMの模範実践!
  5-1. 気づきシート記入事例
  5-2. 変更点・変化点比較一覧表記入事例
  5-3. 機能着眼点一覧表記入事例
  5-4. 階層構造図
  5-5. 変更点−機能マトリクス記入事例
  5-6. 設計根拠の明確化!
  5-7. なぜなぜ分析実践
  5-8. Nakadeメソッドワークシート模範事例  
 6.まとめ
  6-1. まとめ
  6-2. おさらい:存在意義
  6-3. 最後に!

<質疑応答>

講師紹介

■ご略歴
パナソニック(株)にて車載電装品の開発を26年間担当。
複雑な構造設計及び回路設計技術の習得とハンドル周辺の
操作スイッチ、キーレス等の製品開発とマネジメントに従事。
・2013年 トヨタ自動車(株)DRBFM A級エキスパート認定
・2014年 社長賞受賞
・2015年 パナソニック退社、独立。
・2018年 Nakadeメソッド研究所 設立

■ご専門および得意な分野・研究

@車載電装品開発力、公差設計力
 特許出願143件、登録件数国内67件、海外登録件数29件
A事業化推進力
 コンセプト提案力を有し、キーレス、エアコンパネルスイッチ、
 ハンドル周辺操作ユニットの製品開発と事業化経験を持つ
B創造的品質問題未然防止手法
 独自に「Nakadeメゾット」を考案
 A級エキスパート認定を世界で10人目に取得、B級9名を認定指導
 社員研修所他で、延べ100回、約2,600人に講義実践

セミナー番号:AC240398

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.