「水素・燃料電池」セミナー2024東京│基礎・要素技術から国内外の最新動向・アプリケーションまで
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2024/7/17更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

8/7水素・燃料電池のみ(会場)→ 


8/7水素・燃料電池(会場)・8/22水電解(オンライン/見逃視聴なし)両日→ 

8/7水素・燃料電池(会場)・8/22水電解(オンライン/見逃視聴あり)両日→ 


○水素・燃料電池技術の基礎をおさらいしたい方、国内外の最新動向や応用・プロジェクトの現状を知りたい方、全体像を俯瞰したい方などにお勧め!
○オンサイト(対面)形式ならではの、ざっくばらんな質疑応答も交えながら解説します。

水素・燃料電池システムの基礎と最新動向

~知っておきたい基礎・要素技術から

国内外の取り組み・最新アプリケーションまで全体像を解説~

<東京会場(対面)セミナー>

講師

森豊技術士事務所 代表 森 豊 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 早稲田大学理工学部機械工学科、九州大学工学研究院博士課程卒業。
 株式会社荏原製作所に入社し、気体機械、ごみ発電・産業排熱利用発電、バイナリー発電の開発・設計・商用化を担当。また200kW級燃料電池コージェネシステムやエネファームの開発及び商用化を担当。
2008年に同社を退社し技術士事務所を開設。水素・燃料電池システム、及び熱利用システム、排熱利用バイナリー発電に関した技術コンサルタントを実践。
 技術士(機械部門)、エネルギー管理士、博士(工学)
 2022年~ 放送大学 非常勤講師 
 2014年~2022年 早稲田大学創造理工学部 非常勤講師

■ご専門および得意な分野・研究:
水素・燃料電池システム、熱利用システム、バイナリー発電システム

■本テーマ関連学協会でのご活動:
日本機械学会、燃料電池開発情報センター(FCDIC)、水素エネルギー協会(HESS)、各会員

<その他関連セミナー>
電池・エネルギー 一覧はこちら
8月22日『水電解技術によるグリーン水素製造』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→

日時・会場・受講料

●日時 2024年8月7日(水) 13:00-16:30 ※途中、小休憩を挟みます。

●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」

●受講料

『水素・燃料電池(8月7日):会場受講』のみのお申込みの場合
1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

『水電解(8月22日):Zoomオンライン受講』とセットお申込みの場合
→「8/22 水電解」セミナーの詳細はこちらをクリック
※同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。
※8月22日の水電解オンラインセミナーは見逃し視聴あり/なしが選択可能です。

【8/22水電解(オンライン/見逃し視聴なし) と 8/7水素・燃料電池(会場)】:
1名56,100円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき45,100円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

【8/22水電解(オンライン/見逃し視聴あり) と 8/7水素・燃料電池(会場)】:
1名61,600円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき50,600円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 現在、世界はクリーンなエネルギー源に向かっていることは間違いありません。その一つが水素ですが、具体的にはどのような動向があるのでしょうか。また、その動向はどのような水素の特徴からきているのでしょうか。水素からエネルギーを取出す方法としては、燃やす方法と燃料電池を使用する方法がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
 本セミナーでは、水素を燃料とする燃料電池と水素の基本をおさらいすると共に、それらに関連した各国の取り組み、そして国内外のプロジェクトの現状や最新動向を説明します。今回のセミナーが水素・燃料電池に対して一層認識を深め、可能性を理解するための一助となることを目標としています。

■受講対象者:
燃料電池や水素について、基礎から国内外の最新動向まで幅広く知りたい方に適します。

■必要な予備知識:
この分野に関心のある方なら、特に予備知識は必要ありません。

■本セミナーで習得できること:
・燃料電池及び水素の基礎知識
・燃料電池の開発状況、製品化状況
・国内外の水素への取組み状況
・燃料電池および水素の課題と将来展望
など

セミナー内容

はじめに:背景

【基礎編】
1.水素の基礎
 1)水素の特徴
 2)水素の用途
 3)アンモニアについて

2.燃料電池と燃料の基礎
 1)燃料電池の原理と構造
 2)燃料電池の種類と特徴
 3)PEFC、SOFCの特徴と構造・課題
 4)エネファームの仕組み
 5)FCVの特徴と仕組み
 6)水素ステーションの方式と構成機器
 7)水素の製造方法
 8)水素の関連法規

【動向編】
1.国内の用途別燃料電池の現状と動向
 1)エネファームの現状
 2)その他定置式燃料電池の現状
 3)FCVの現状 
 4)燃料電池バス、トラック
 5)フォークリフト
 6)鉄道分野、船舶分野等

2.国内の水素の現状と動向
 1)水素ステーション
 2)水素発電
 3)水電解装置
 4)水素の用途の全容

3.日本と世界の燃料電池・水素の最新動向
 1)日本の動向の全容
 2)世界の動き
 3)EUの最新動向
 4)ドイツの最新動向
 5)米国の最新動向
 6)中国の最新動向
 7)韓国の最新動向

4.燃料電池・水素の課題と展望

<質疑応答・個別相談・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC240801

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.