DRBFM セミナー FMEA FTAを正しく理解! 2024年8月6日東京開催 Nakadeメソッド
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



会場開催

デザインレビューや故障モードの抽出から始めるFMEAでは問題はなくならない!
なぜ、問題がなくならないかの答えが見つかり、対処できる!
好評講座、さらにブラッシュアップしたNakadeメソッドを伝授!

品質問題を抱える設計者必見!

FMEA/FTA/DRBFM実践<演習付き>

~Nakadeメソッド~<定員15名・会場開催セミナー>

講師

Nakadeメソッド研究所 代表
トヨタ自動車認定 DRBFM A級エキスパート 中出 義幸 氏

* 希望者は講師との名刺交換が可能です
* ページ下部の講師紹介もご覧ください

日時・会場・受講料

●日時 2024年8月6日(火) 10:00-17:00 ※途中、お昼休みと小休憩を挟みます。
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,400円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,400円
  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。
  ※会場での昼食の提供サービスは中止しております。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。

 ※本講座は講師のご意向により、同業の方・コンサルタント/教育関係の方、自動車メーカーの方はご受講をお断りいたします。
  また、ご所属の確認できない方につきましても受講をお断りする場合がございます。予めご了承をお願いいたします。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

会場開催
会場で開催する対面セミナーです。
・東京都内の会場を中心に開催しております。詳細は各セミナーページの案内をご参照ください。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 弊社の対応はこちら
・セミナー費用等について、当日会場での現金支払はできません。
・昼食の提供もございませんので、各自ご用意頂ければと存じます。

セミナーポイント

★本講座では受講者の皆様に5人一組程度で対面式のグループワークを行っていただきます
※定員到達いたしましたらお申し込みは締め切ります。受講を希望される方はお早めにお申し込みください。
※定員が少人数のため、1社3名以上のお申し込みはお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

■今までの受講者の声(抜粋)
とてもわかりやすい講義で有益と感じました
DRBFMが理解できて大変良かったです
DRBFMについての認識が変わった。
DRBFMシートの作成の際、必要な資料に新たな発見があった。
部署でのやり方になにが不足しているのか考える目線のきっかけを掴んだ気がします
実例を用いて演習もしていただいたので、流れのイメージもできた 等々
毎回高評価をいただく内容です!

■本講座で得られる知識:

1.FMEA/FTAの基礎知識…知識が格段にあがり、指導スキルが身に付く
2.機能展開の品質問題未然防止法
3.トヨタ自動車(株)推奨のDRBFMの基礎知識

■受講対象:
営業、研究・開発・設計・技術管理・生産技術、及び 品質管理・製品審査・製造技術
などを担当する技術系、技能系社員。幅広い業務の方のご参加が可能です。

■開催主旨
 品質問題未然防止法のFMEA(※1)は、時間の無駄と感じている設計者が多いのではないでしょうか。その原因は、「全部品の故障モードを抽出すること、リスク優先度を決めること」があげられます。しかし一番の問題は、FMEAは信頼性設計を評価する手法で、機能設計に由来するトラブルを予防する役目はないことです。
一方、FMEAの救世主であるDRBFM(※2)は、変更点・変化点FMEAと認識されていますが、実はFMEAとは大きな違いがあります。それは何か、FMEAの改善すべき課題を明確にした上で、真のDRBFMをお伝えします。セミナー受講者からは、今までやってきたことが全然違っていた。やるべきことが分かったとのコメントをいただいています。
DRBFMを採用する企業が増えてきましたが、十分使いこなせていません。Nakadeメソッドは、DRBFMをより正しく実践するための手法で、多くの設計現場で効果を上げてきています。本セミナーでは、設計現場を知り尽くしたトヨタA級認定のベテラン講師が、FMEAの課題とその対処法、現場で即実践できる完成度の高い機能展開未然防止法DRBFM/Nakadeメソッドを、7つの帳票を使って、もれなく効率よく検証するノウハウをお伝えします。 なお、本講師のDRBFM講座は2つあり、当講座はカルチャ部分に切込んだ内容になっています。
※1:FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)
※2:DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)、トヨタ自動車考案の創造的品質問題未然防止法

セミナー内容

1.はじめに
  1-1. 品質問題未然防止とは!
  1-2. デザインレビューの実態
  1-3. 開発現場の課題と対策
  1-4. 開発段階で衆知を集める

2.FMEA/FTA/なぜなぜ分析
  2-1. FMEAとは!
  2-2. FMEAの改善事例
  2-3. FMEAで品質がよくならない理由
  2-4. 講師が伝授…FMEAの裏知識!
  2-5. FTAとは
  2-6. FTA、FMEAの比較
  2-7. なぜなぜ分析と注意点
  2-8. Nakadeメソッド 商品力向上“7ケ条”

3.品質問題未然防止法の考え方 グループ討議
  3-1. なぜ品質問題が起きるのか!
  3-2. 重要!品質問題発生の原因と対策
  3-3. ストレスとストレングス
  3-4. 対処法

4.DRBFMとは
  4-1. DRBFMとは!
  4-2. DRBFMのイメージ
  4-3. DRBFMの「こころ」!
  4-4. FMEAとDRBFMの比較
  4-5. A級エキスパートだから言えること!

5.ケーススタディー”DRBFM”
  DRBFMの使いこなし実践…Nakade メソッド
  5-0. システム要件表
  5-1. 気づきシート
  5-2. 変更点・変化点一覧表
  5-3. 階層構造図
  5-4. 機能着眼点一覧表
  5-5. 変更点-機能/故障モード表!
  5-6. FTA(なぜなぜ分析)
  5-7. ワークシート(Nakadeメソッド)

6. DRBFM推進での注意点
  
<質疑応答>

講師紹介

■ご略歴
パナソニック(株)にて車載電装品の開発を26年間担当。
複雑な構造設計及び回路設計技術の習得とハンドル周辺の
操作スイッチ、キーレス等の製品開発とマネジメントに従事。
・2013年 トヨタ自動車(株)DRBFM A級エキスパート認定
・2014年 社長賞受賞
・2015年 パナソニック退社、独立。
・2018年 Nakadeメソッド研究所 設立

■ご専門および得意な分野・研究

①車載電装品開発力、公差設計力
 特許出願143件、登録件数国内67件、海外登録件数29件
②事業化推進力
 コンセプト提案力を有し、キーレス、エアコンパネルスイッチ、
 ハンドル周辺操作ユニットの製品開発と事業化経験を持つ
③創造的品質問題未然防止手法
 独自に「Nakadeメゾット」を考案
 A級エキスパート認定を世界で10人目に取得、B級9名を認定指導
 社員研修所他で、延べ100回、約2,600人に講義実践

セミナー番号:AC2408Z7

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.