セミナー テラヘルツ テラヘルツ波 テラヘルツ通信 beyond5g 非破壊検査 バイオ

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
9月
10月
11月
12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/9/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoomライブ配信セミナー見逃し視聴あり

オンライン受講(ライブ配信)/見逃視聴なし → 

オンライン受講(ライブ配信)/見逃視聴あり → 

※Zoomでの受講が難しい方へ;Zoomを介さず視聴できるライブ配信形式での受講も可能です。
 本形式を希望の方は申込フォーム備考欄に「ライブ配信希望」とご記入ください。
 必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。Zoomとの同時受講はできません。



★情報通信(Beyond5G)、バイオ・医療、半導体、検査・分析、セキュリティほか
 多分野で期待高まるテラヘルツ波の実際を阪大 斗内教授が詳解!
★光源・分光技術など知っておくべき基盤技術から
 様々な具体的アプリケーションや展望、斗内研究室の開発動向まで。

テラヘルツ技術が拓く新産業展開

〜基礎から、様々な応用事例、将来展望まで〜

<Zoomを用いたオンラインセミナー・見逃し配信あり>

講師

大阪大学 レーザー科学研究所 教授 斗内 政吉 先生

講師紹介

■ご略歴:
 1988年大阪大学基礎工学研究科・博士課程修了(工博).九州工業大学情報工学部助手,通信総合研究所主任研究官,大阪大学助教授などを経て,2000年より大阪大学超伝導フォトニクス研究センター教授.2004年7月よりレーザーエネルギー学研究センター(現レーザー科学研究所)に転属.強相関電子材料におけるテラヘルツ波機能の探索と光テラヘルツ波デバイスへの応用,ならびに,テラヘルツ応用システムの開発などに従事.

現職 大阪大学 教授
2005年〜 南京大学 兼任教授
2015年〜 米国物理学協会 Journal of Applied Physics 編集委員

■ご専門および得意な分野・研究:
テラヘルツ波工学、テラヘルツ波産業応用システム開発、電子材料開発と評価、超伝導デバイス工学など

■本テーマ関連学協会でのご活動:
平成16年 電子情報通信学会テラヘルツ応用システム専門委員会設立(初代委員長)
平成16年 テラヘルツテクノロジー動向調査委員会委員長
平成20年〜24年 先端研究施設共用促進事業「高強度レーザーが拓く光科学新産業」代表
平成21年〜 テラヘルツ電磁波産業利用研究会代表
平成23年 テラヘルツナノ科学国際シンポジウム(TeraNano)創設
平成27年〜 IRMMW国際組織委員

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月7日(月) 10:30-16:30 *途中お昼休みと小休憩を挟みます。

●受講料
 【オンライン受講(ライブ配信):見逃し視聴なし】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 【オンライン受講(ライブ配信):見逃し視聴あり】1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

ライブ配信セミナー
Zoomでの受講が難しい方へ;セミナー動画のライブ配信
 (ライブエンコーダーを用いた同時ストリーミング配信)です。
(クリックして展開「▼」)
 こちらの形式での受講をご希望の場合は備考欄に「ライブ配信受講」と記載下さい(Zoomまたはライブ配信いずれか一方のみでのご受講となります)。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。視聴期間内は動画を何度でも再生可能です。
 尚、閲覧用のURLはメールにてご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴有り)の方の受講料は(見逃し視聴無し)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナー開催にあたって

■はじめに:
 テラヘルツ光科学は,エレクトロニクスとフォトニクスを繋ぐ新しい研究分野であり,周波数で言うと300GHz-30THz近傍の光/電磁波/電気信号が主役となる領域である.近年、様々なブレークスルーがもたらされ、新しいテラヘルツ科学と技術が誕生してきている。テラヘルツ技術とは、テラヘルツ波、テラヘルツフォトニクス、テラヘルツエレクトロニクスの包括する、幅広い技術をさし、様々な研究開発分野を結ぶ横糸として位置付けることができる。それら三分野の融合により、生命・医療・健康・工業・宇宙・環境・安全/安心・情報通信・基礎科学など、広範な領域において、新規科学技術・応用分野を切り拓き、大きな波及効果をもたらすことが期待される。
 本セミナーでは、テラヘルツ技術が拓く新産業展開に的を絞り、基盤技術と将来展望、ならびに応用事例について解説する。

■受講対象者:
テラヘルツ波を用いた、新規事業開拓(非破壊検査、バイオ・医療分析器など)にご興味のある方なら誰でも受講可能です。

■必要な予備知識:
大学卒業レベルの工学基礎知識(電磁気学・光学・半導体工学など)を取得していることが望ましいが、新規事業開拓などの、調査などにもわかりやすい内容でも講義する。

【参考文献(事前に予習したい方・必須ではありません)】
斗内政吉監修 「テラヘルツ技術」 オーム社 2006年
斗内政吉監修 「テラヘルツ波新産業」《普及版》 シーエムシー出版 2017年

■本セミナーで習得できること:
テラヘルツ波技術基礎、その応用展望(半導体検査装置、非破壊検査、バイオ分析、分析器開発、医療応用の可能性など)、高周波情報通信への展望を知ることができる

セミナー内容

1.注目されるテラヘルツ技術
 1)テラヘルツ研究の歩みと最近の進展
 2)テラヘルツテクノロジーの新展開
 3)応用が見込まれる分野

2.テラヘルツ基盤技術
 1)テラヘルツ光源
 2)テラヘルツ検出技術
 3)テラヘルツ分光・イメージングシステム
 4)テラヘルツ情報通信基盤技術
 5)様々な要素技術とデバイス

3.テラヘルツ技術が拓く未来(具体的な応用展望)
 1)テラヘルツ情報通信(ビヨンド5G)
 2)安全・安心社会のキーテクノロジー
 3)バイオ・医療診断応用
 4)次世代半導体・ナノ材料分析/検査技術
 5)非破壊検査

4.新産業創成研究開発戦略

5.斗内研究室のテラヘルツ研究と新産業応用開拓
 1)レーザーテラヘルツ放射顕微鏡(LTEM)
 2)LTEMの基礎物性科学応用
 3)LTEMの半導体産業用
  a)ワイドギャップ半導体評価
  b)太陽電池非破壊検査
  c)半導体パッシベーション分析
  d)LSI不良箇所特定検査
 4)新電子材料(グラフェン・ナノチューブ等)テラヘルツ電磁波物性
 5)癌診断イメージング技術開発(オンサイト診断を目指して)
 6)高感度テラヘルツマイクロ流路チップ開発

<質疑応答>

■ご講演中のキーワード:
テラヘルツ技術、テラヘルツ通信、テラヘルツ電磁波、新産業、バイオ・医療応用、非破壊検査、半導体検査装置、安全安心・セキュリティー、ビヨンド5G、宇宙応用

セミナー番号:AD201202

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

接着技術

IPランドスケープ動画

データ分析の進め方

生物学的安全性試験

化粧品処方

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.