発明ヒアリング セミナー オンライン

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・発明者(研究者・技術者)からどんな情報を、どのように引き出したらよいのか?
・実際のヒアリングにおける手順と思考法を解説!

強く広い特許を取るための

「発明の聞き取り(ヒアリング)」技術

〜知財担当者と発明者(聴く側と聴かれる側)、それぞれの留意点とテクニック〜

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

ソナーレ特許事務所 代表 弁理士 右田 俊介 先生

講師紹介

弁理士/特定侵害訴訟代理業務付記
国際TRIZ協会(MATRIZ)認定TRIZスペシャリスト/I-TRIZ(Ideation International Inc.)認定プラクティショナー
1974年 東京生まれ /1997年 東京大学工学部航空宇宙学科卒業
1999年 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 修士課程修了 専攻:高速空気力学
※電機メーカー勤務時には航行体および搭載機器の機械設計・構造解析に従事。国内特許事務所勤務時には、機械分野や情報処理・画像処理分野を中心として、国内および外国での権利化業務や鑑定業務を数多く担当。加えて、企業向けの特許セミナーのほか、製品開発の現場に入り込んでの開発支援や特許網の構築支援を長期間にわたり担当。
2012年 レゾナンス特許事務所開設/2016年 ソナーレ特許事務所に改称、代表に就任

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年5月19日(水) 12:30-16:30
●会場 会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講師より
 特許明細書を作成するにあたっては知的財産部の特許担当者や特許事務所の弁理士などが発明者にヒアリング(インタビュー)をしていることと思います。そしてどの企業も広い権利範囲で強い特許を取得したいと願っています。そのために発明ヒアリングでは発明者からどんな情報をどのように引き出したらよいのでしょうか。一般的な発明者ヒアリングではその発明を理解することに主眼が置かれていますが、それだけでは不十分です。
 従来の書籍やセミナーでは特許明細書の作成テクニックを伝えるものは多くありましたが、特許明細書に何を書くか、そのためにどうやって発明ヒアリングしたらよいかを伝えるものはあまり見かけません。これまで1000件を超える発明提案を受けて発明ヒアリングをしてきた経験と近年の知財高裁の裁判例から、広くて強い特許を取得するための発明ヒアリングのための留意点とテクニックを紹介します。講義の後半には事例演習も予定しています。

■受講対象
・企業の特許担当者または研究開発担当者
・技術者・研究者(発明者)に技術的内容をうまくヒアリングしてより「強い」特許にしようと考えている特許担当者
・特許担当者に技術的情報を伝える側の人(技術者・研究者)

■本セミナーを通じて身につけていただきたいこと
・強くて広い特許の意義・意味
・発明の聞き取りに際しての聴く側、聴かれる側双方にとっての留意点
・聴くだけでなく発明者とディスカッションするためのテクニック

▽歓喜の声、続々!(受講後のアンケートより)
「職場に帰ってから議論できるネタになりました。出願のアイデアがいくつか浮かびました。」(他社特許対応・出願業務)
「説明が非常にわかりやすく、理解の助けになりました」(バイオ研究)
「学生でもわかりやすかったです。ありがとうございました」(大学院生)


■講演中のキーワード:発明、ヒアリング、特許、クレーム

セミナー内容

1.はじめに
  (1) 「強く広い特許」を改めて考える
  (2) 「参入障壁と競争優位」その似て非なる関係
※特許の「強さ」にも様々な観点があります。それぞれの強さを発明のヒアリングによって引き出すために、強く広い特許とは何かをはじめに解説します。

2.特許明細書の作成ノウハウ<知識編>
  (1) 特許明細書の構成と役割
  (2) ヒアリングする前に知っておくべきこと
  (3) クレーム解釈の基本
  (4) 特許明細書はどこから書くか
  (5) メインクレームの作成
  (6) 無駄のないサブクレーム
  (7) 大事な変形例
※特許クレームの解釈や明細書の書き方のノウハウについて詳細に解説します。特許明細書に書くべきことが分かると、ヒアリングすべきことが見えてきます。

3.発明ヒアリング 〜7つのステップ〜
  (1) ステップ1 近年重要な「課題」とストーリー
  (2) ステップ2 ひたすら理解と突っ込み
  (3) ステップ3 広さの限界を見極めるために
  (4) ステップ4 ひと言で研ぎ澄ます
  (5) ステップ5 変形例を創作する二つの理由
  (6) ステップ6 落としどころで落とすためのコツ
  (7) ステップ7 「気づきの種」を与えたい
※ここでは実際にヒアリングを行うにあたっての手順と思考法を7ステップに分けて解説します。それぞれのコツやポイントを理解して頂ければと思います。

4.事例演習<実践編>
  (1) 仮想事例の説明
  (2) シミュレーション発明ヒアリング
  (3) 実演クレーム作成
※オンライン講演のため、受講者間で対面による実践練習をすることはできませんが、その代わりに、講師のほうで聞く側・聞かれる側の二役を演じるような形式で、シミュレーションをしてみます。ヒアリングした発明をクレームで表現する手順についても実演しながら解説します。

5.まとめ

<質疑応答>
*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*またお話できる方は、口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や質次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD210519

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.