生分解性プラスチック(ポリ乳酸)セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoomライブ配信セミナー見逃し視聴あり


オンライン(ライブ配信)/見逃視聴なし → 

オンライン(ライブ配信)/見逃視聴あり → 

※Zoomでの受講が難しい方へ;Zoomを介さず視聴できるライブ配信形式での受講も可能です(Vimeo使用)。
 本形式を希望の方は申込フォーム備考欄に「Zoom不可・ライブ配信希望」とご記入ください。
 ご受講前に必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。Zoomとの同時受講はできません。



生分解プラスチックの中でも本命と目される「ポリ乳酸」の基本的な生分解挙動・特性とは?
 抗菌・防カビ性や、現状の耐熱性・耐久性の達成レベルは?
★高性能化に向けた材料設計・成形加工技術や各種応用に向けた製品設計の指針までを網羅!

<生分解性からスマートプラスチックへ>

ポリ乳酸基礎および

材料・製品設計指針

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴有>

講師

元 京都工芸繊維大学 特任教授
高分子学会 フェロー 工学博士  望月 政嗣 先生

講師紹介

【ご略歴・ご活動】
1968年京都大学工学部高分子化学科卒。京都大学工学部助手を経て
1969年ユニチカ(株)入社、中央研究所から大阪本社技術開発企画室を経て
2003年理事、テラマック事業開発部長。
この間、山形大学と京都工芸繊維大学客員教授、京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センター特任教授兼務、
2007年ユニチカ(株)退職後、京都工芸繊維大学繊維科学センター特任教授(常勤)として5年間勤務。
この間、日経BP技術賞他受賞、日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示委員会委員長、(社)繊繊学会理事関西支部長等を歴任。
著書に「生分解性プラスチック入門―生分解性プラスチックの基礎から最新技術・製品動向まで―」「生分解性プラスチックの素材・技術開発―海洋プラスチック汚染問題を踏まえて―」「バイオプラスチックの素材・技術最前線」、「生分解性ポリマーのはなし」、その他多数

【ご専門】
高分子材料科学、特にバイオプラスチックや生分解性高分子、高分子の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術、繊維・不織布の構造と物性

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年5月28日(金) 10:00-17:00
●会場 会場では行いません
●受講料
  【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴なし)】:1名49,500円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき38,500円

  【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴あり)】1名55,000円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき44,000円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

ライブ配信セミナー
動画配信サイトVimeoを用いて同時ストリーミング配信でご視聴頂けます。
 (尚、Zoomへアクセスできる方は、Zoomでの受講を推奨します。)
(クリックして展開「▼」)
 こちらの形式での受講をご希望の場合は備考欄に「Zoom不可・ライブ配信希望」と記載下さい(Zoomまたはライブ配信いずれか一方でのご受講となります)。

 →事前にこちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

 海洋プラスチック汚染などの地球環境・資源・廃棄物問題の背景下、生分解性プラスチックの中核素材としてのポリ乳酸(PLA)が一躍脚光を浴びる中で、今や世界的にPLA生産設備の新設・増産計画が目白押しである。
 本講では、何故にPLAが選択されるのか?PLAの基礎と最新技術・市場開発動向を展望する中で、その単純な化学構造の中に秘められた単なる生分解性プラスチックではない、数々の魅力的な高性能・高機能性を有する次世代スマートプラスチックとしての可能性を明らかにし、具体的な材料・製品設計指針として提示する。
 ポリ乳酸に関して産学両分野で35年間有余、基礎・応用研究から技術・事業開発までの実績を有する世界的第一人者による覚醒のセミナーである。

≪受講対象者≫
 ポリ乳酸の基礎知識を習得したい初級者から先端技術の習得を目指す上級者まで

≪得られる知識≫
 ・海洋プラ汚染の実態と地球環境保全・資源循環型社会に向けての法規制動向
 ・ポリ乳酸の基本特性と高性能・高機能化材料設計・成形加工技術
 ・ポリ乳酸の短期〜長期使用の製品設計指針と用途・市場開発動向

セミナー内容

1.地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
  …ポリ乳酸には資源枯渇も、地球温暖化も、廃棄物問題も存在しない!

 1.1地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために
  1) 地球上に生命が誕生して38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか?
  2) 自然界が有する真のリサイクルシステムである炭素循環へのリンク
  3) 海洋プラスチック汚染の実態と生分解性プラスチックの役割
 1.2 生分解性プラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
  1) グリーンプラ・マーク…日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示制度
  2) カーボン・フットプリント…LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
 1.3 持続的な資源循環型社会の建設のために
  1) 欧米グリーンガイド指針…ポイ捨てを助長する生分解性表示は禁止、生ゴミ等の有機廃棄物の再資源化(堆肥化)とのリンク
  2) 生分解性プラスチックの堆肥化可能(compostable)認証基準
 1.4 世界の法規制と業界動向
  1) 世界の法規制動向
  2) 業界動向…世界ラーメンサミット「大阪宣言」:ラーメン容器を生分解性に!

2.高性能・高機能性構造材料としてのポリ乳酸
  …単なる生分解性プラスチックではない、高機能性の次世代スマートプラスチック!

 2.1 ポリ乳酸…結晶性脂肪族ポリエステル樹脂(Tg/Tm=58℃/175℃)
 2.2 生分解性…非酵素分解型((加水分解型):2段階2様式の特異的な生分解機構

  1) 分解制御機構…分解開始のトリガー/自動的スイッチオン機構内蔵
   ・通常環境下では既存の石油系プラスチックと同様に長期間使用が可能
   ・使用後に堆肥中(58±2℃)に投入すると、生ごみと同等速度で堆肥化可能
   ・生分解性機能が求められる用途と長期耐久性が求められる用途の両面展開が可能
  2) 様々な環境下における生分解挙動
   @ 自然環境下…土壌中、海水中(いずれも約3年半で形状崩壊、5年で分解消滅)
   A 再資源化工程…生ごみと同等に堆肥化(好気性下)又はバイオガス化(嫌気性下)
    ・生分解性プラスチックの理想像とは室温環境下ではほとんど分解せず、自然環境下での分解速度は穏やかで一定の製品寿命(奉仕期間)を確保することができ、使用後の再資源化(堆肥化)工程では生ごみと同等に速やかに分解すること!
 2.3 安全衛生性と抗菌・防カビ性
  1) 食品衛生性…食品衛生法370号適合
  2) 抗菌・防カビ性
   @ プラスチックのカビ抵抗性試験JIS Z-2911
   A 繊維製品新機能評価協議会抗菌防臭加工新基準
   B ネズミ耐食害性試験
   ・微生物産生系ポリエステルやデンプン系はカビが生え易いが、ポリ乳酸は生分解性にも拘らず逆に生え難い!人間の肌と同じ弱酸性!
 2.4 耐衝撃性
  1) 電気・電子機器筐体:9.6 kJ/cm2(シャルピー衝撃強度)
  2) シート成形品:落球法(100gの重りを50pの高さから)/DuPont法
 2.5 耐熱性
  1) 食品容器・食器:熱湯注入や電子レンジ加熱(130℃ x 5分)可能
  2) 耐久性構造材料:荷重たわみ温度(DTUL):150℃(under 0.45Mpa)
  3) 透明耐熱性:ヘイズ<5%、130℃(開発中)
 2.6 耐久性(室温環境下)
  1) 通常のポリ乳酸:3〜5年
  2) 耐久性処方ポリ乳酸:5〜10年以上
  ・耐久性処方を施しても生分解性機能は失われない!

3.ポリ乳酸の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術
 3.1 結晶性高分子の結晶化挙動

  1) Melt Crystallization…押出成形、射出成形、ダイレクトブロー成形
  2) Cold Crystallization…真空成形、発泡成形、インジェクションブロー成形
 3.2 第二世代ポリ乳酸…高L組成PLA (high %L PLA), %D<0.5%,
  1) D-乳酸共重合比(%D)が結晶化速度に及ぼす影響
  2) 物性改善効果…耐熱性、寸法安定性。成形加工性
 3.3 ポリ乳酸の高性能・高機能化材料設計技術
  1) 耐衝撃性…可塑剤又は耐衝撃性改良剤、PLA+PBAT又はPBSブレンド体
  2) 耐熱性(透明耐熱性)…分散型核剤(溶解型核剤)、結晶化促進剤
  3) 耐久性(耐湿熱性)…加水分解抑制剤
 3.4 成形加工法と成形加工性支配因子
  1) 溶融押出過程…溶融粘度、溶融張力⇔分子量、架橋密度依存性
  2) 冷却固化過程…Tg又は結晶化速度⇔冷却速度、変形速度依存性

4.ポリ乳酸の製品設計と市場開発動向
 4.1 高性能・高機能性PLA一次加工製品(繊維・不織布、フィルム、射出成形、発泡成形、押出成形、ブロー成形用樹脂)…テラマック(Terramac)R/ユニチカ

   *PLAの性能レベルは既に汎用プラスチックと同等以上を達成!
 4.2 ポリ乳酸の製品・市場開発動向
  1) 食品容器・包装材…青果物容器、使い捨て食器具、インスタントラーメン容器、紙コップ、リターナブル食器、ティバッグ、生ゴミ袋、生ごみ水切りネット
  2) 農林・土木・園芸・水産分野…農業用マルチフィルム、防草・植栽シート、バーチカルドレインシート、植樹ポット、シェ−ルガス採掘目止材、養殖筏浮き
  3) 生活雑貨分野…レジ袋、エコバッグ、タオル、ワイパー、シュリンク包装・ラベル、封筒窓貼り、ブリスターパック
  4) 耐久性構造材料…電子機器筐体・部品、自動車内装材、ヘルメットライナー、3Dプリンター用フィラメント

5.質疑応答

セミナー番号:AD210583

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.