サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
2021年8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
2021年8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/5/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・事業開発が上手くいっている会社は“これ”をとらえている!
・前回も好評:「ジョブ理論」であなたの業務が加速する!

実践イノベーション

〜多くの企業が実践している事業開発の基本と
ジョブ理論を身につける〜


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

(株)インディージャパン 取締役 組織開発・事業開発ディレクター 星野 雄一 先生

講師紹介

 大手製造業で新商品立上げと品質改善業務に従事後、IT企業にてSCMシステムの開発・導入。研究開発特化型コンサルティング会社にて大手製造業の研究・開発部門に対する開発効率化・組織開発コンサルティングを展開。最年少で経営幹部になり、新規事業責任者として、1割だった新規事業売上比率を4割に拡大させる。その後、ITベンチャー企業の役員を経て、インディージャパンに参画。事業成長と組織成長の両輪を推進するコンサルティング活動をモットーとする。


日時・会場・受講料

●日時 2021年7月21日(水) 12:30-16:30
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■定員20名
※先着順です。お申し込みはお早めに。

■好評の声、続々!!/過去受講者アンケートより
「個人ワークを通じて、ジョブの定義など明確になった部分もあり、今後の業務でも活用していきたいと思います。事業開発の進め方のお話も大変興味深かったです」(研究開発・戦略企画)
「新規事業についての2つのアプローチ、その違いのお話が特に面白かったです」(新規テーマの探索・創出・推進)
「Googleフォームでの個人ワークが面白かったです。オンラインでありながら、しっかり参加している雰囲気があり、皆さんとその場を共有している感覚を得られました」(技術開発)
「社内あるいは社外にどのようにプレゼン(展開)していくかのヒントを得られて良かった」(研究企画)
「早速自社にジョブ理論を適用して、検討してみようと思います」(商品企画)
「ミニクイズもいくつかあって良かったです。質問にも丁寧に回答頂き、ありがとうございました」(設計)


■講師より/本セミナーのポイント
 製品ライフサイクルが短命化し、既存事業頼みの経営はリスクでしかないVUCAの時代、ほとんどの企業においてイノベーションは経営上の重要課題になっています。しかしながら、いざ社内で新規商品開発や新規事業開発をやろうとすると、経験がない、適切にレビューができないなどの理由からイノベーションの種を発見できず、また発見できても育まれずに終わっているのが現状です。本セミナーでは企業内でイノベーションが起こりにくいメカニズムを理解した上で、それを突破するための発見力を支えるジョブ理論と事業を育むための方法論を身につけることができます。すでに多くの企業で実践に取り組んで新商品・新規事業に繋がっている理論に取り組んでみませんか?

■受講対象者は?
・新商品・新規事業開発を推進するマネジメントやチームリーダーの方
・新商品・新規事業に取り組んでいるチームメンバーの方
・技術イノベーションを起こそうと奮闘されている研究・開発部門の方
・イノベーティブな考え方を社内に浸透させたいと考えている人事・企画部門の方
・ジョブ理論を既に読んでいるが、実践的に使いこなしたいと考えている方

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
・破壊的イノベーション理論
・イノベーターの行動特性(イノベーターDNA)
・ジョブ理論・JOBSメソッド(R)
・不確実性の高い事業開発の進め方
・共感を呼ぶピッチ(プレゼン)のフレームワーク

セミナー内容

1.イノベーションの基本
 1-1 イノベーションとは?
 1-2 4つのイノベーション

2.イノベーターに求められる発見力と5つの力
 2-1 イノベーターのDNA
 2-2 イノベーターに求められる5つの力

3.発見力を高めるジョブ理論とJOBSメソッド(R)
 3-1ジョブ理論とは?
  3-1-1 ジョブとは何か?
  3-1-2 世の中の実践事例
 3-2 ジョブ理論を実践するためのJOBSメソッド(R)
  3-2-1 J:顧客のジョブは何か?
   3-2-1-1 ジョブは状況に影響を受ける
   3-2-1-2 ジョブ定義文
   3-2-1-3 解決が難しいジョブ、着目すべきジョブ
  3-2-2 O:なぜそのジョブを解決したいのか?
   3-2-2-1 解決策を方向づける3つの目的
   3-2-2-2 ジョブの高度化
  3-2-3 B:解決策を選ぶときのバリアーは何か?
   3-2-3-1 ジョブの解決を阻む4つの障害
  3-2-4 S:今の解決策は何か?
   3-2-4-1 ジョブの解像度を高める代替解決策
  3-2-5 価値提案
   3-2-5-1 価値提案とは
   3-5-5-2 商品説明ではなく価値提案
   3-5-5-3 価値提案が事業開発を支える
 3-3 シーズ起点でジョブを考える
 3-4 B2Bにおけるジョブ

4.事業開発の進め方
 4-1 改良型製品と斬新な新製品の違い
 4-2 不確実性を減らすための3つの視点
 4-3 顧客開発プロセス
 4-4 仮説検証
 4-5 数多くの仮説の優先順位

5.ピッチ
 5-1 ピッチとは
 5-2 ピッチとプレゼンの違い
 5-3 社内外で使える基本10スライド

6.まとめ

<質疑応答>
*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*またお話できる方は、口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や質次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD210709

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.