サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
2021年8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
2021年8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/5/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・その清掃方法で本当に綺麗になってますか? 無駄にお金をかけてませんか?
・自社の方法の見直しに! より良い方法のヒントに!
・現場担当者・管理者なら知っておきたい、クリーン化の「あの手この手」!

クリーンルームの有無にかかわらない

工場・製造現場の
クリーン化ノウハウ

〜お金をかけずにクリーン化を実践する〜


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

クリーンサイエンスジャパン 代表 園田 信夫 先生

講師紹介

1973年 三菱電機(株)福岡製作所入社後、塗装・めっきの研究に従事
1989年 分析技術センター立ち上げ、半導体製造プロセスでの材料・プロセスの評価分析に従事。この間、分析センター長、品質技術部長歴任
1998年 九州工業大学情報工学部にて「水素プラズマスパッタリングによるSiC薄膜形成」により学位取得(情報工学博士)
2000年 ULSI開発センターにてクリーン化技術グループの立ち上げ、先端クリーン化技術開発に従事
2002年 三菱電機(株)パワーデバイス製作所品質保証部にて、アセンブリのクリーン化、静電気対策に従事
2009年 (株)オジックテクノロジーズ、取締役技術本部長
※その後、独立しクリーン化技術・静電気対策技術のコンサルタントとしてクリーンルームおよびクリーンブースについてのセミナー講演活動や現場指導に従事。国内外で活躍中。
※主著:『クリーンルームだけに頼らない本当のクリーン化技術』(情報機構)


日時・会場・受講料

●日時 2021年7月7日(水) 10:30-16:30
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■定員:先着20名限定セミナー(お申込みはお早めにお願い致します)

■講師より
 「クリーンルームを導入するまでもないレベルのクリーン化を、まずお金をかけずに実施していきたい」、「クリーンルームの導入、設備投資に躊躇している」、「5Sを中心に工場内のクリーン化を図りたい」、「作業員の躾・教育に重点を置いて、クリーン化による品質向上に取り組んでいきたい」といった声をよく耳にします。しかしながら、そのための具体的方法が不透明で、初動段階で行き詰まりを感じている方やルールを策定したもののほぼ形骸化しているという方も多いようです。
 本セミナーは、現場目線でのクリーン化技術に視点を据えて、クリーンルームがなくても一定のレベルのクリーン化を確保する方法を身につけて頂くことを狙いとします。清掃も静電気対策もやればやるだけ成果が上がるものとは言えず、その度合いの見極めもポイントになります。
 尚、受講者個別の課題・質問にも可能な範囲で対応します。またセミナー受講後日のメール相談にも応じる予定です。

■受講して習得できること・ノウハウは?
・クリーンルームおよび非クリーンルームにおける具体的なクリーン化の指標(ガイドライン)
・作業現場に不可欠なクリーン化技術とその導入方法、実施策
・クリーン化のための具体的チェックリスト事例
・クリーンルーム設置是非の判断方法
・非クリーンルームの改善実例
・「なぜ不良(品)が減らないのか」その原因の特定方法と対応策・留意点 など

▽好評の声、続々!(過去の受講者アンケートより)
 *様々な業界・業種の方にご愛顧いただいております。
「お金をかけずに工場のクリーン化を検討したいため受講。満足いく内容だった」(品質保証部)
「園田先生の評判を聞いて受講。予想以上に良いセミナーでした」(製造管理)
「キレイな空間、作業場の作り方を知りたくて参加しました。本日はありがとうございました」(化学品の研究・開発)
「クリーンルームを導入しない、後工程現場のクリーン化のために受講しました。非常に有益でした」(品質保証部)
「清掃の方法だけでなく、作業員への指示の方法も学べて良かった」(生産工程設計)
「気になっていた静電気についても解説いただけたのがよかったです」(研究)
「クリーンルームの正しい清掃方法を知ることができた。ありがとうございました」(塗装)
「幅広い知識とご経験、ありがとうございました」(品質管理)
「気になっていたことを訊くことができたのでよかったです」(部品開発)
「貴重なデータの数々を提示いただき、ありがとうございました。大変参考になりました」(部品製造・研究)

セミナー内容

0. はじめに

1. 塵埃(じんあい/ちり・ほこり) の動きと性質
 1-1 塵埃形成の謎とは
    +モノを作ることは塵埃を出すということ
 1-2 塵埃の動き:浮遊と落下そして堆積
    +気流と異物の関連性:塵埃の動きは簡単に科学できる
    +床からの舞い上がりについて
    +塵埃(粒子)の大きさごとの改善策
 1-3 無数の塵埃は小さなことから発生する
    +甘く見ると無数の塵埃が、気が付かないところに原因が
 1-4 ここにも意外な塵埃発生
    +ワイパー、手袋、容器など知らずに使ってしまう発塵源
    +「擬音・濁音」で分かる発塵源・発塵物質の推定方法
 1-5 そこが危ない塵埃の発生と流れこみ
    +ドアの開け閉め一つでも、エアコンの位置でさえも発塵に関与する
 1-6 そこまでのクリーン化対策が必要か
    +ついやりすぎてしまうクリーン化対策:やらなくてはいけない対策
 1-7 塵埃は出るもの、溜まるもの:それを踏まえたクリーン化の原則
    +塵埃は絶対にゼロにはならない
    +塵埃が製品に付かなければいい:そのノウハウ
 1-8 動画で見る発塵
    +床からの塵埃舞い上がり
    +気流が作る渦
    +モップ掛けすると思わぬ発塵が etc.

2.そもそもクリーンルームとはどのようなものか

3. クリーンルームを使わないルーム・ブースにおけるクリーン化のガイドライン・各社ごとの標準化の指針
 3-1 基準をどこに設定するか
    +何をするのか、したいのか:まずはハッキリさせたいクリーン化の目的
 3-2 クリーン化対策にいるもの、いらないもの
    +やみくもにやっても効果が出にくいクリーン化対策の運命
 2-3 作業の動作が与える塵埃の動き
    +抑えるのはモノの動きと作業者の動き
 3-4 もう一度見直すべき、自社のレイアウト
    +大きな要因となる設備と人の配置
 3-5 こんな考えを持ち込むべき、限定的なガイドライン
    +確かめてみたい本質に基づくガイドライン
 3-6 「クリーン化委員会」を設置するアイデア
    +クリーン化という文化を創る方法論
 3-7 監査対応
    +監査員はここを見る

4. 静電気は塵埃による不良の原因
 4-1 静電気対策は難しい?! 性質と理屈にあった基本対策方法その性質を踏まえた合理的な対策方法
    +ここに注意すれば塵埃は付着しにくい:その謎解き
 4-2 お金をかけるか、かけないか:静電気対策
    +こだわればお金がかかる:どこまでやるのが適切か
 4-3 静電気対策のガイドライン
    +どの程度に抑えるのが塵埃付着防止に効果があるのか

5. 効果がある清掃の仕方と考え方
 5-1 拭き方のコツを伝授する
    +拭いたつもりが、かえって汚すことが多々ある
    +ゴミを散らかさない方法
 5-2 清掃には正しいルールがある
    +効果的な清掃のルールと秘訣
 5-3 本当にきれいになったのか? その見分け方
    +お薦めできる清掃後の清浄度を確かめる方法
 5-4 ワイパー(拭き取り材)の検討
    +ワイパー選定 6つのポイント
    +繊維が残りにくいワイパー、繊維を出さない拭き取り方
 5-5 防虫の具体的な方法・ノウハウ

6. 作業者と一緒にクリーン化を進める方法(教育・指示・指導)
 6-1 作業者教育の項目と内容
    +具体的な教育項目と内容のガイドラインを伝授
 6-2 作業者を指導・教育する難しさ:管理監督者のバイブル
    +なぜ思ったように作業者がやれないのか、やらないのか

7. クリーン化対策には6Sが必須
 7-1 なぜ5Sではなく6Sなのか? 決め手は何か?
    +整理整頓がお題目では作業者は動かない:躾・習慣が優位
 7-2 早くやりたいクリーン化の6S
    +6Sに基づく限定ガイドラインを解説

8. コロナ禍とクリーンルーム・クリーン化


<質疑応答>
*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*またお話できる方は、口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や質次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD210717

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.