サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/6/1更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

★好評により、再開講です!
★欧州の動向と欧州が目指す水素社会と日本が具体的に取り組まなければならない炭素循環技術を解説します。

二酸化炭素削減対策
〜 CO2から燃料・化学品の製造、CO2フリー水素製造、バイオマス・廃プラの利用の最新動向 〜


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

アイシーラボ 代表 室井 城 先生

講師紹介

■ご略歴:
1968年 福島高専工業化学科卒業後, 住友金属鉱山(株)入社
1969年 日本エンゲルハルド株式会社 (現エヌ・イーケムキャット株式会社)出向
1982年 Engelhard プロセスのライセンシング
      カスタム触媒グループリーダー
1998年 化学触媒事業部長
2002年 事業開発部長(燃料電池・ポリオレフィン触媒)
2003年 執行役員 事業開発担当
2005年 執行役員 化学触媒担当
2006年 触媒学会副会長
      早稲田大学招聘研究員
2007年  エヌ・イーケムキャット(株)常勤顧問
      神奈川大学非常勤講師  
2008年 アイシーラボ設立
       BASFジャパン 主席顧問
2009年 日本ガス合成執行役員    
2014年 NEDO 戦略センター 環境・化学ユニット客員フェロー

[表彰]  2005年 触媒学会功績賞 
[著書]  2003年「工業貴金属触媒」JITE社
      2008年「工業触媒の劣化対策と再生、活用ノウハウ」 S&T社
      2010年「エネルギー触媒技術」監修 S&T社
      2013年「新しいプロピレン製造プロセス」監修 S&T出版
      2013年「工業触媒の最新動向」CMC出版
      2013年「シェールガス・オイル革命の石油化学への影響」S&T出版
      2014年「シェールガス革命 “第二の衝撃” 日刊工業新聞社
      2019年「触媒からみる二酸化炭素削減対策2019」シーエムシー・リサーチ  
      2020年「触媒からみる二酸化炭素削減対策2020」シーエムシー・リサーチ
      2021年「触媒からみる炭素循環(カーボンリサイクル)技術 シーエムシー・リサーチ

■ご専門および得意な分野・研究:
工業触媒, 触媒化学,CO2触媒反応, 廃プラのケミカルリサイクル

■本テーマ関連学協会でのご活動:
触媒学会, 日本エネルギー学会, 石油学会


日時・受講料

●日時 2021年8月31日(火) 12:30-16:30
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
 お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■はじめに
 欧州は2050年カーボンゼロを目指してグリーンディールを打ち出した。日本も2050年カーボンゼロを目指すことを発表した。欧州の動向と欧州が目指す水素社会と日本が具体的に取り組まなければならない炭素循環技術を解説する。

■ご講演中のキーワード:
CO2削減, CO2フリー水素, P2G (Power to Gas), e-fuel,廃プラから航空燃料, CO2から燃料・化学品の合成. CO2からポリマーの合成

■受講対象者:
・CO2を原料としてエネルギー又は化学品製造をビジネスにつなぎたいと考えているマネジャー, 企画担当者や開発担当者,
・廃プラ・都市ゴミを原料としてエネルギー又は化学品を製造したいと考えている技術者
・炭素循環の実際を知りたい開発担当者
・欧州の最新のCO2削減技術を知りたい技術者

■必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:

・ この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ない。

■本セミナーで習得できること:
・2050年に向けた海外, 国内の対策と技術動向
・CO2原料エネルギーと化学品の製造技術
・水素社会で必要な技術
・廃プラスチック, 都市ゴミ原料液化, ガス化技術
・CO2を用いたビジネス

セミナー内容

1. CO2削減対策
 1 CO2排出の現状
 2 2050年カーボンニュートラル
 3 海外のCO2削減対策
   欧州, 米国, 中国, 韓国
 4 日本のカーボンゼロ対策

2. CCS
 1 CO2の分離回収
  化学吸収, 物理吸収, 膜分離 
 2 大気中からのCO2の回収(DAC)
 3 CO2のコスト
 4 欧州で始まったCCSプロジェクト
 5 EORの現状
 6 炭酸塩としての固定化
 7 CCSの課題

3. 合成ガスの製造
 1ドライリフォーミング
 2逆シフト反応(CO2の還元)
 3合成ガスから燃料の合成 
  
4. CO2を用いた燃料の合成
 1 メタンの合成(Power to Gas)
 2 LPGの合成
 3 e-fuel
合成ガソリン, 合成ディーゼル燃料
   (FT合成, TIGASプロセス, Haru Oni プロジェクト, LanzaJet)

5. CO2フリー燃料
 1 航空燃料
 2 船舶燃料
 3 燃料電池

6. CO2を用いた化学品の合成
 1 メタノールの合成
 2 軽質オレフィンの合成
 3 エタノールの合成
 4 芳香族の合成
 5 ポリマーの合成

7. メタノール, エタノールケミストリー
 1 メタノールの合成
 2 メタノール循環社会
 3 メタノールから燃料, 化学品の合成
   MTO, MTP, MTO, エタノール
 4 エタノールから化学品の合成
   エチレン, ブタジエンの合成

8. CO2フリー水素
 1 Green水素
  欧州, 国内動向
 2 メタン分解による水素(ターコイズ水素)製造
  溶融金属法, 触媒分解, プラズマ法
 3 電解による水素製造
 4 共電解
 5 余剰電力
 6 水素コスト
 7 人工光合成開発状況
 8 燃料電池の現状
 9 水素製鉄

9. 水素貯蔵輸送
 1 MCH
 2 アンモニア
 3 液体水素

10. バイオマスによるCO2削減

 1 バイオ燃料
   油脂, 藻類原料
 2 バイオマス原料化学品
 3 バイオプラスチック

11. 廃プラ・都市ゴミ利用
 1 廃プラの液化(燃料・ナフサ利用)
 2 廃プラのガス化
 3 廃プラから軽質オレフィンの製造
 4 都市ゴミから合成ガスの製造
 5 都市ゴミからメタノール, エタノールの合成
  Enerkem, 積水化学, LanzaTech etc.  
 6 廃棄物からジェット燃料の合成
 
12. Q & A

セミナー番号:AD210862

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.