サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
2021年11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
2021年11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/8/4更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり


オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

○CASEに向けた車載機器の進化・変化の全体像と最新動向から、各機器の実装構造の詳細、
 部品・材料・加工など様々な視点からの課題と展望まで。
○激動の自動車業界に取り残されないよう情報をアップデートしましょう!

自動車のCASEと車載エレクトロニクス機器構造

の動向及び実装技術

<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>

講師

車載エレクトロニクス実装研究所 代表 三宅 敏広 先生

講師紹介

■ご略歴:
 1985年岐阜大学大学院工学研究科修士課程修了、1991年株式会社デンソー入社、生産技術開発部にてプリント配線板および接続技術開発に従事、2009年岐阜大学大学院工学研究科博士後期課程物質工学専攻修了、博士(工学)。
 2012年電子系基盤技術開発部署に異動し、車載実装技術戦略企画および開発に従事(現在、エレクトロニクス製品基盤技術部に所属)。2019年デンソー勤務と兼業で、車載機器関連商品専門のコンサルティング個人事業「車載エレクトロニクス実装研究所」を開始し、車載機器の実装・組付向け部品・材料・加工関連商品の、競合に勝つ開発戦略構築と開発推進、講演、執筆に従事。

■ご専門および得意な分野・研究:
物質工学、プリント配線板・接合を中心とする実装技術、車載機器実装開発戦略立案

■本テーマ関連学協会でのご活動:
エレクトロニクス実装学会常任理事・カーエレクトロニクス研究会主査。


日時・会場・受講料

●日時 2021年10月18日(月) 13:00-16:30 *途中、小休憩を挟みます。

●受講料
 【オンライン受講:見逃し視聴なし】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 【オンライン受講:見逃し視聴あり】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナー開催にあたって

■はじめに:
 自動車業界では、製造販売中心のビジネスからサービスとしてのモビリティ(MaaS: Mobility as a Service) へとビジネスの枠組み自体の変革が始まっており、将来自動車に向けて大きな4つのキーワード、自動運転・ADAS (Advanced Driver Assistance System)、コネクテッド、シェアリング、及び 電動化の方向への大きな技術革新が進みつつある (CASE: Connected, Autonomous, Shared & Service, Electric)。本講座では、CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向について述べるとともに、車載機器の形態の変化に着目し、今後実現するべき車載機器の実装構造を捉え、構造を成立させる実装技術の課題について解説する。

■受講対象者:
・車載機器向けの実装部品、材料、加工関連商品のマーケティング、
 企画、開発、製造、拡販にかかわっておられる方
・新たに車載機器関連事業への参入を検討される方
・その他、車載機器の動向を実装構造レベルで把握したい方

■必要な予備知識:
特に必要ありません

■本セミナーで習得できること:
・CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向に関する知識
・CASEに向けた車載機器の動向の中で、機器の実装構造がどのように変化していくのか、
 その全体像を把握できる。
・実装構造の変化に対する課題(部品、材料、加工)についても全体を把握できる。

セミナー内容

1.CASEに向けた自動車の機能と車載機器の進化
 1.1 従来のカーエレクトロニクス:多様化・高機能化
 1.2 CASE革命:ビジネスの変化と自動車技術の方向性
 1.3 C:Connected コネクテッド
 1.4 A:Autonomous 自動運転
 1.5 S:Shared & Service シェアード&サービス
 1.6 E:Electric 電動化

2.CASEに向けた主な車載機器構造の変化
 2.1 CASEに向けた車の機能と車載機器の進化
 2.2 CASEに向けた主な車載機器と実装構造(まとめ)
 2.3 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(通信)
  2.3.1 MaaSシステムのハードウェア構成
  2.3.2 統合通信モジュール
 2.4 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(AD・ADAS)
  2.4.1 自動運転(AD)・運転支援システム(ADAS)の構成
  2.4.2 AD・ADASシステムセンシング機器
  2.4.3 ミリ波レーダの実装構造
  2.4.4 LiDARの実装構造
 2.5 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(車両運動制御機器)
  2.5.1 車両運動制御システムと主な車載機器
  2.5.2 車両運動制御機器の事例EPS
 2.6 CASEに向けた車載機器構造の変化:E 電動化
  2.6.1 電動パワートレイン車載機器の構成
  2.6.2 電源機器・電池パックの構成
  2.6.3 電池パック実装構造の例
  2.6.4 パワーコントロールユニット(PCU)の内部構成
  2.6.5 第2世代プリウスのパワーコントロールユニット分解調査結果
  2.6.6 マイルドハイブリッド(MHEV)の動向
  2.6.7 CASEに向けた車載機器実装構造の変化まとめ

3.CASEに向けた実装構造の詳細と課題
 3.1 C,A,S(通信)
  3.1.1 通信機器:構造の動向と実装課題
 3.2 C,A,S(AD・ADAS)
  3.2.1 車外センシング:構造の動向と実装課題
  3.2.2 車両運動制御:構造の動向と実装課題
 3.3 E 電動化
  3.3.1 電源(車載充電器)
   ・車載充電器(プリウス PHV)の構造
   ・充電器、電源回路:構造の動向と実装課題
  3.3.2 電力変換(インバータ、PCU)
   ・PCUの小型・高出力密度化の動向
   ・SiC採用によるPCUの小型化
   ・インバータ、PCU:構造の動向と実装課題
  3.3.3 電力変換(DC-DCコンバータ)
   ・DC-DCコンバータの動向・内部構造
   ・DC-DCコンバータ:構造の動向と実装課題

<質疑応答>

■ご講演中のキーワード:

コネクテッド、自動運転、シェアード&サービス、電動化、車載機器、構造変化、実装構造、実装課題

※2021/7/26:より充実したセミナーを実現するため内容の追加・変更・削除等アップデートを行いました。テーマ自体は変わりありません。

セミナー番号:AD211011

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.