サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
11月
12月
1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
11月
12月
1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/11/16更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・CO2回収の国内外の動きから、実際の分離膜作製の研究開発動向までを詳細に解説!

大気からのCO2回収DAC:Direct Air Capture技術

分離膜作製の現状・課題・可能性〜

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
 マルチスケール構造科学ユニット 教授 博士(工学) 藤川 茂紀 先生

講師紹介

1999年4月 - 2000年3月:イェール大学 博士研究員
2000-2007年 理化学研究所 フロンティア研究システム 博士研究員
2007-現在 株式会社ナノメンブレン 取締役(非常勤)
2004-2012年 理化学研究所 副チームリーダー
2007-2009年 理化学研究所 チームリーダー(複合ナノ構造研究チーム)
2011-2021年 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 准教授
2021年-現在 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 教授


日時・会場・受講料

●日時 2022年1月21日(金) 13:00-16:30
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

▼好評の声、続々!(前回受講者の声・アンケートより)
「とても分かりやすく良かったと思います。今後ともよろしくお願いいたします。」(CO2ビジネス調査/研究開発)
「非常に有益かつ勉強になりました。どうもありがとうございました。」(研究開発)
「情報収集目的で参加しました。大変有益で、分量もちょうど良かったです」(新事業探索・企画)


■講師より/本セミナーのポイント
 地球温暖化対策として、火力発電所などの大規模CO2排出源からのCO2回収に関して開発が進められてきましたが、これだけではIPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change 気候変動に関する政府間パネル)の目標である気温上昇1.5度以下を実現するのは不可能であり、大気中に放出されてしまったCO2の回収(DAC:Direct Air Capture)が必要となっております。これに対し私たちは、地球上にどこにでも存在する「大気」という特徴を最大限生かすため、”どこでもCO2回収(ユビキタスCO2回収)”という新しい概念のCO2回収技術実現に向け、分離膜による大気からのCO2回収を目指しております。
 本講演では、その国内外の動きから実際の分離膜作製の研究開発動向までを詳細に解説します。

■受講対象者は?
・企業などでCO2削減に従事されている方、現在の様々なCO2回収技術を理解したい方
・CO2回収技術、特に膜分離を用いた技術・研究に携わっている方、これから従事する方
・薄膜作製・成膜技術を有しており、その転用先・応用先を模索している方
・ナノテクノロジーやナノ材料の研究開発者
・政府の掲げる脱炭素、エネルギー、グリーン成長戦略といったキーワードに基づく研究開発を推進していきたいとお考えの方

■本セミナーで得られる主な知識/ノウハウ
・CO2回収技術の概況
・Direct Air Capture(DAC)技術の現状・課題・可能性
・DAC向け分離膜の研究開発動向
・本テーマの今後の動向・課題・将来展望

セミナー内容

1.CO2回収技術の動向
 1-1 「温暖化」と二酸化炭素排出量
  ・日本の部門(業界)別二酸化炭素排出量の割合
  ・世界の国別二酸化炭素排出量
 1-2 CO2分離・回収技術の各方法・概要・適用先
 1-3 CO2排出源の種類(石炭火力、化学工業など)と圧力・CO2濃度
 1-4 イノベーションによるコスト削減:CO2分離回収の例
 1-5 CO2回収関連技術の開発の見通し(技術ロードマップ)
 1-6 「2℃目標達成」を実現する排出シナリオ

2.ネガディブエミッションの必要性と技術概要
 2-1 主なネガディブエミッションテクノロジー(NETs)とその比較
 2-2 大気、陸地、海洋、地質の各貯留層における炭素の主な流れ
 2-3 カーボンリサイクルロードマップ(現在〜2040年以降)
 2-4 CO2利用(リサイクル)先
  ・基幹物質、化成品、燃料、鉱物

3.Direct Air Capture 技術の動向・課題点
 3-1 基本的なDACプロセス
 3-2 CO2回収技術を担う中核の化学種
 3-3 なぜアミン誘導体なのか?
 3-4 欧米企業のDAC技術分類と各社の技術的特徴
 3-5 各CO2回収技術のコスト比較
  ・溶液吸収法、固体吸着法、膜分離法

4.分離膜によるDAC技術(m-DAC)の利点と特徴
 4-1 膜の構造と種類
 4-2 膜分離メカニズム
  ・クヌッセン拡散、分子ふるい、溶解拡散
 4-3 非多孔質膜の基本的な透過機構
 4-4 気体の膜透過
 4-5 主な均質高分子フィルムの酸素、二酸化炭素、水蒸気の透過係数
 4-6 CO2分離膜に求められる性能
 4-7 ポリマー膜中における分子拡散のメカニズム
 4-8 分離膜のガス透過性向上:5つの観点
 4-9 分離膜における解決すべき課題:3つの観点

5.DAC向け分離膜の開発動向
 5-1 膜によるDACのポテンシャル
 5-2 膜によるDACの可能性
  ・ナノ膜による多段分離へ
 5-3 選択性の向上に向けて
 5-4 分離膜の研究開発事例
  ・どのような材料で、どのような性能が出たか
  ・どの成膜方法が採用されているか

6.将来展望
 6-1 炭素資源としてのCO2
 6-2 「“ビヨンド・ゼロ”社会実現に向けたCO2循環システムの研究開発」
 6-3 地産地消型炭素資源循環社会
 6-4 ビジネスビルにおけるCO2回収のポテンシャル
 6-5 分離ナノ膜が実現する分散型DAC-Uシステムの可能性

<質疑応答>

*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*またお話できる方は、口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や内容次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD220109

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.