サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/1/18更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・腸内フローラをどのように解析すればいいのか?
・食事・栄養摂取により、どのような制御が可能なのか?
・近年の新たな研究・情報もお伝えします!

腸内フローラ(腸内細菌叢)

基礎・メカニズムと解析・制御手法


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

東京農業大学 生命科学部 分子微生物学科 教授 薬学博士 野本 康二 先生

講師紹介

昭和54年3月 東京農工大学 農学部獣医学科卒業、獣医師
(株)ヤクルト本社に入社、同・中央研究所入所
昭和62年9月 静岡薬科大学(現 静岡県立大学薬学部)より薬学博士号
平成26年9月 (株)ヤクルト本社を定年退職/平成26年10月〜 (株)ヤクルト本社 中央研究所 常勤嘱託(特別研究員)/平成29年3月 (株)ヤクルト本社を退社
平成29年4月〜 東京農業大学 生命科学部分子微生物学科 教授
*上記の期間、九州大学、コロンビア大学、順天堂大学等での研究・教育活動あり
●専門/得意な分野・研究
・ヒトおよび動物の腸内フローラの構造ならびに機能の解析
・プロバイオティクス(シンバイオティクス)の基礎ならびに臨床的研究
●本テーマ関連学協会での活動
日本腸内細菌学会、日本細菌学会、日本感染症学会、日本食品微生物学会、International Scientific Association of Probiotics and Prebiotics

日時・会場・受講料

●日時 2022年3月11日(金) 10:00-17:00
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■講座のポイント
 本セミナーではまず、我々の腸内に共生している、極めて多様で複雑な腸内フローラについて、その基礎知識・基本構造やまた解析法について説明します。報告されている腸内フローラ構成の詳細と恒常性維持のメカニズム、恒常性の破たんが疾病など宿主の健康に与える影響、さらには、特徴的な腸内フローラの破たんにより誘導される疾患について、具体的事例を参照しながら解説します。
 次に、腸内フローラ制御において最も大きな要因と考えられている食事、および様々な栄養の役割について説明します。さらに、近年、マルチオミクス研究により刻々と新規情報が報告されている、腸内細菌による食物素材や薬剤の特異的な代謝能について説明します。
 豊富なスライド資料で分かりやすい解説を心がけます。また、当日配布するテキスト資料は復習可能なように詳しくまとめるようにします。

▼好評の声、続々!(受講後アンケートからの一部抜粋)
「具体的な研究事例等を知れて良かったです」
「免疫と腸内細菌の関係性・腸内細菌の活用方法がわかりました」
「質問にもご丁寧に対応して下さり、ありがとうございました」
「大変興味深くお話を聞かせて頂きました」
「周辺知識についても適切に触れて頂き、充実した内容でした」


■主な受講対象者
・腸内フローラ・腸内細菌叢の研究・解析・調査担当者
・腸内フローラ・腸内細菌叢に影響を及ぼす食品・機能性食品・飲料や医薬品の研究開発担当者
・腸内フローラ・腸内細菌叢とヒトの健康に関する知見・最新情報を求めている方
・「腸活」をキーワードに、新たな研究テーマや事業テーマを模索している方 等

■受講して得られる情報・知見等
・腸内フローラ・腸内細菌叢の基礎知識(構造・種類・住み分け等)
・腸内フローラ・腸内細菌叢の解析方法
・健康の維持増進と未病予防のための効果的な腸内フローラ制御法
・腸内フローラが腸内環境に及ぼす特異的な作用とそのメカニズム
・腸内フローラ異常と疾患との特異的な関係
・腸内細菌による食物や薬剤の特徴的な代謝活性
・プレバイオティクスの機能性と応用実績に関する最新の情報
・国内外の臨床機関のガイドライン
・各国における食品の保健作用表示に関する規制

セミナー内容

1 腸内フローラの基礎知識:構造、数、種類、住み分け等
 1-1 腸内フローラの基本構造
  ・数、種類
  ・住み分け
  ・腸管の部位による差異
  ・生後の変化など

2 腸内フローラの解析方法
 2-1 培養法による腸内フローラの解析方法
  ・好気培養
  ・嫌気培養
  ・選択培養
  ・集密培養
  ・カルチャロミクス(culturomics)
  *それぞれの特徴・メリット・デメリットと具体的な方法・手順
 2-2 分子生物学的方法による解析
  ・次世代シークエンサーを利用した解析
  ・定量的PCR(RT-PCR法)
  ・FISH法
  ・メタゲノムによる機能性解析
  ・MALDI-TOFMSなどの精緻な解析の紹介
  *それぞれの特徴・メリット・デメリットと具体的な方法・手順

3 腸内フローラの恒常性とその規定要因:免疫や精神・神経系等への影響
 3-1 腸管免疫機構
 3-2 腸管上皮の統合性
 3-3 腸内環境
  ・有機酸濃度、pH、腐敗産物濃度、胆汁酸
 3-4 様々な疾患における特徴的な腸内フローラの異常
  ・消化器
  ・免疫
  ・精神・神経系
  ・泌尿・生殖器系
  ・生活習慣病など

4 栄養と腸内フローラ:代謝に関する話題
 4-1 肥満と腸内フローラ
 4-2 複合炭水化物
  ・食物繊維
 4-3 様々な栄養因子の代謝における腸内フローラの特異的作用
 4-4 プレバイオティクス(各種オリゴ糖など)⇒最新の定義
 4-5 腸内環境と腸内代謝
  ・有機酸、腐敗産物、胆汁酸、pH

5 主な腸内常在有用菌の特徴と作用
 5-1ビフィズス菌
 5-2 Faecalibacterium prausnitzii
 5-3 Akkermansia muciniphila

6 腸内常在の日和見有害菌
 腸内細菌科細菌、Clostridium perfringens, C. difficile、ブドウ球菌など

7 プロバイオティクス・プレバイオティクスの定義・種類・各種作用・事例
 ・プロバイオティクスの定義
 ・プロバイオティクスの種類
 ・プロバイオティクスの保健作用
 ・食品におけるプロバイオティクス利用の具体例
 ・プロバイオティクスの作用メカニズム:免疫調節、接着能
 ・プロバイオティクスの最近の基礎ならびに臨床研究の情報
 ・アジュバント作用:抗アレルギー、抗がん剤との併用
 ・各種オリゴ糖
 ・母乳に含まれるオリゴ糖
 ・ビフィズス菌や嫌気性細菌によるオリゴ糖資化メカニズム
 ・酵母や麹菌の可能性

8 臨床領域におけるプロ(シン)バイオティクスの利用
 ・シンバイオティクスとは?
 ・消化器外科
 ・救命救急
 ・小児外科・新生児科
 ・腸管外:口腔、膣

9 新規なプロバイオティクス開発のポイント
 ・常在性細菌の可能性と限界
 ・便微生物移植の将来性
 ・腸内定着性:colonization resistanceとは
 ・接着因子:アドヘシン
 ・生菌と死菌:菌体成分や特異的構造、ポストバイオティクス
 ・適正な摂取量とは
 ・菌株特性:作用メカニズムとの関連
 ・身体状況とリンクする的確なバイオマーカー
 ・ヒト以外の動物における腸内フローラ:哺乳類、昆虫など
 ・腸内フローラによる食物や薬物代謝
 ・アジュバント作用
 ・腸内細菌の活用方法

<質疑応答>

*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や内容次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD220306

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.