サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/1/18更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

・水素ビジネス参入ポイントを、広くフラットな視点から学べる!
・克服すべき新たな技術課題を見出す! 「脱炭素」「カーボンニュートラル」を目指して!

水素エネルギーシステム・ビジネスの進め方

〜技術的課題・ポイントの整理と今後の可能性
/「カーボンニュートラル」を踏まえて〜


<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴あり>

講師

東京工業大学 科学技術創成研究院
 ゼロカーボンエネルギー研究所 教授 工学博士 加藤 之貴 先生

講師紹介

1991 東京工業大学理工学研究科化学工学専攻博士課程修了、工学博士
1991-2002 東京工業大学原子炉工学研究所助手
1998-1999 文部省在外派遣研究員、英国エジンバラ大学客員研究員
2002-2007 東京工業大学原子炉工学研究所助教授 / 2007-2015 東京工業大学原子炉工学研究所准教授
2015-2016 東京工業大学原子炉工学研究所教授
2016-2021/5 東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所教授
2017     米国マサチューセッツ工科大学 原子科学工学専攻 客員教授
2021/6-現在 東京工業大学科学技術創成研究院ゼロカーボンエネルギー研究所教授
■専門および得意な分野・研究
化学工学、化学エネルギー貯蔵・変換、ケミカルヒートポンプ、水素エネルギー、炭素循環エネルギーシステム、原子力エネルギーシステム

日時・会場・受講料

●日時 2022年3月10日(木) 10:30-16:30
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

■本セミナーの背景:カーボンニュートラルと水素
 日本は2050年カーボンニュートラル(炭素中立、以下CN)を目指しており、CN実現に向けてのエネルギー技術開発が喫緊の課題となっています。水素は二次エネルギーとして多様なエネルギー源から製造でき、また用途が広くCN社会のエネルギー媒体の重要候補と言えます。次世代スマートエネルギーシステム、燃料電池自動車の普及に伴い、水素システムの検討が国内外で進んでいます。欧州を中心に再生可能エネルギーの非定常電力の活用としてPower-to-Gasが検討されており、その際のエネルギーキャリアとして水素が注目されています。さらにCN化には二酸化炭素の資源化、循環利用も重要です。この資源化においても水素が重要になります。一方で水素の利用には一次エネルギー選択、製造、貯蔵、輸送、エネルギー変換が必要であり、ビジネス化に対してそれぞれに克服すべき新たな技術課題があります。

■本セミナーの主旨・主な解説事項
 水素エネルギーシステムを理解し、水素ビジネスの展開の要点を伝えることを主旨とします。講義では水素エネルギーの基礎からスマートエネルギーシステムにおける活用方法までを専門知識を求めない、一般的な視点から平易に解説します。水素の基礎的な物性、水素製造のための一次エネルギー選択、水素製造、貯蔵、輸送、エネルギー変換に至る要点を提示します。さらに水素の利用事例から水素システムの導入課題を確認し、各業種が有する技術を活用した新たな水素ビジネス参入ポイント、今後の可能性を示し、水素ビジネス創出・展開のための情報を提供します。
 水素システムは技術の裾野が広くビジネスチャンスを俯瞰することが有用です。水素を利用する燃料電池自動車、CNに向けた二酸化炭素の資源化などの開発事例を示し、各企業・業界の動向・意向を概観し、CN化する現在における水素の価値、立ち位置、技術課題を整理し新たな水素ビジネスの可能性を示します。

▽好評の声、続々!(受講後のアンケートより)
「整理された水素関連の情報を得られて有意義に感じました。加藤先生、ご丁寧にご説明いただきまして有難うございます」(経営企画)
「各動向に関して、技術的観点も踏まえたフラットな意見が聴けて、大変有意義でした」(研究企画)
「情報収集のため受講。水素の製造について知ることができた。分かりやすかったです」(化学品開発者)
「異分野の私にも理解しやすい内容でかつ全体像、今後の流れ等を概ね理解できてよかった」(建設業 取締役)
「(資料に)出典が丁寧に記載してあるなど、大変参考になりました」(新規事業開発)

セミナー内容

※当日時点の動向も踏まえてタイムリーな話題を提供できればと考えております。そのため以下の予定内容から多少変更する場合もございます。

1 水素ビジネスの最新トレンド
 1.1 日本政府の取り組み:2050年カーボンニュートラルのインパクトと意義
 1.2 カーボンニュートラルと水素
 1.3 日本の取り組み
 1.4 世界の取り組み
  1.4.1 ドイツ、欧州
  1.4.2 中国
  1.4.3 米国

2 水素入門:エネルギーとしての側面、基本特性等
 2.1 水素エネルギー概論
  2.1.1 水素エネルギーの意義 ―なぜ、水素は必要なのか?―
  2.1.2 水素エネルギーを必要とする背景
  2.1.3 水素経済、市場・水素社会におけるニーズ、可能性
  2.1.4 水素の基本特性
 2.2 水素の取扱上知っておきたい基礎知識
  2.2.1 水素物性の特徴-メタン 等と比較して
  2.2.2 水素の危険性と安全な取り扱い
  2.2.3 水素を取り扱う上で押さえておくべき法規制

3 水素製造と利用に関する基礎知識
 3.1 様々な水素製造に関する基礎知識
  3.1.1 水素は2次エネルギー(水素製造エネルギー源の選択)
  3.1.2 様々な水素製造方法
  3.1.3 燃料改質による水素製造
  3.1.4 水素製造のための水素分離技術
  3.1.5 水素透過膜の課題と開発事例
  3.1.6 水素製造技術の今後の展望と課題
 3.2 水素利用に関する基礎知識
  3.2.1 水素エネルギー利用の展開
  3.2.2 水素の新しい産業利用
  3.2.3 二酸化炭素の資源化-メタネーションなど
  3.2.4 一次エネルギーとしてのゼロカーボンエネルギーの選択:再生可能エネルギーと原子力エネルギーの可能性
 3.3 海外の動向

4 水素貯蔵・輸送に関する基礎知識
 4.1 水素貯蔵に関する基礎知識
  4.1.1 水素の危険性評価
  4.1.2 水素貯蔵技術の実際
  4.1.3 水素圧縮貯蔵
  4.1.4 様々な水素貯蔵材料の特性と課題
  4.1.5 水素吸蔵合金
  4.1.6 水素ステーションの構造・システム
  4.1.7 水素ステーションの課題と展望
  4.1.8 水素を扱う上で押さえておくべき法規制とその動き
 4.2 水素輸送に関する技術展開
  4.2.1 液体水素の輸送技術
  4.2.2 有機ハイドライド技術
  4.2.3 炭素循環型水素輸送システム
  4.2.4 その他の水素輸送技術
 4.3 水素輸送の課題

5 水素ビジネスの各業界/プレイヤーの現状
 5.1 燃料電池自動車の展開
  5.1.1 燃料電池自動車の基本的仕組み
  5.1.2 燃料電池自動車の発展経過
  5.1.3 燃料電池自動車の将来展望
  5.1.4 燃料費の比較(燃料電池車、ガソリン車、ハイブリッド車の概算)
  5.1.5 水素ステーションの設備費内訳と見通し
 5.2 カーボンリサイクル(CO2資源化)と水素
  5.2.1 カーボンリサイクルの動向と水素の可能性
  5.2.2 カーボンリサイクルにおける水素利用技術
 5.3 カーボンニュートラル(炭素中立)と水素
  5.3.1 カーボンニュートラルと技術要素
  5.3.2 カーボンニュートラルエネルギーシステムにおける水素利用技術
 5.4 水素インフラの概況・動向
  5.4.1 水素インフラ導入の公的プログラム
  5.4.2 水素インフラの展開

6 水素ビジネス参入のための課題とポイント
 6.1 水素システム・技術の課題
 6.2 経済・社会リスク
 6.3 水素システム開発の国際比較
 6.4 水素ビジネスへの参入のためのポイント

7 水素エネルギーの将来展望

<質疑応答>

*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*口頭質問も可能です。適宜ミュートを解除致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や内容次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)

セミナー番号:AD220315

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.