サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/1/18更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

★DX推進の潮流において大きなニーズが見込まれるAI型異常検知技術を中心に、
 DX化の要点もふまえ、その実践的テクニックを具体例をふまえ解説します!

製造業DX

(デジタルトランスフォーメーション)における

異常検知技術活用

〜DX・AIの基礎からAIによる異常検知技術の適用展開まで〜

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴有>

講師

電気通信大学 i-パワードエネルギーシステム研究センター&基盤理工学専攻 准教授 (株)GRID 最高技術顧問  曽我部 東馬 先生

 *(株)GRIDの事業展開について:
   https://gridpredict.jp/our_services/project/

講師紹介

*セミナー内容下部をご参照下さい。

日時・会場・受講料

●日時 2022年3月25日(金) 10:30-16:30
●会場 会場では行いません
●受講料
 【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 【オンライン(ライブ配信)(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。
   →「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

 経産省が2018年にDX(デジタルトランスフォーメーション)レポートで指摘した「2025年の崖」。コロナ禍で世間のDX推進の波はさらに加速しているといわれる状況の中、2025年を待たずして各企業は対応に迫られており、乗り越えるためにDXの導入は必要不可欠になってきています。
 DX化を支える肝となるのがAI技術ですが、今やビジネスモデルにおいてAI導入は最終目的ではなく、DXの文脈のなかでAIをいかに活用し、ビジネスモデルの変革を実現できるのかが求められています。
 このような状況下、産業の現場でDXを推進するにあたり、おそらく最も大きなニーズがAIを用いた異常検知技術の活用でしょう。本セミナーでは、DX推進の中でも特に製造業への異常検知技術の具体的な活用展開について、DX・AI技術の基礎的な知識もふまえ解説します。異常検知の技術は、従来型(確率統計に基づく異常検知技術)とAI型(深層学習を用いた異常検知技術)がありますが、ここではDX時代にマッチした「AIを用いた異常検知技術の活用」について、その考え方や手法の選択・適用のポイント等もふまえわかりやすく説明します。
 また、本セミナーでは理論的な解説に加え,講師自身が企業との共同研究で得た知見や実践的なテクニックも紹介する予定です.

○受講対象者:
 ・DXに興味のある方
 ・DXに向けてAIを用いた異常検知技術を活用したい方
 ・AIを用いた異常検知を基礎から勉強したい方
 ・深層学習を実践的に用いたい方
 ・深層学習分野における信頼性や解釈性に興味のある方
 など

○受講後、習得できること:
 ・企業におけるDX導入・取り組みへの基礎知識と方向性
 ・DXの中でAIをどのように活用していけば良いのか
 ・製造業へのDX推進の手段として、特にAIによる異常検知技術の適用展開
 など

セミナー内容

第T部:DX(デジタルトランスフォメーション)に求められることとその要件

1. DXとは?
2. DX注目の契機「2025年の崖」
3. DX-Ready―DXに取り組むための準備が整っている状態とは―
4. DXにおけるUX・CXの重要性
5. DXにおけるデータの重要性
6. DXとSDGsとのかかわり
7. DXのメリットと DXのデメリット(懸念点)
8. DXから考える:As a Service化(XaaS)
9. DX人材に必要な基礎知識・スキル
10. ビジネスでのDX推進法


第U部:DXを支える要素技術とAI技術とのかかわり
    〜製造業DXへのAI・データ活用展開〜


1. ビッグデータ
2. AI(人工知能)
3. IoT・センサー
4. 5G(次世代通信)
5. VR・AR
6. クラウドサービス
7. 量子コンピュータ
8. ロボティクス
9. 製造業におけるデジタル技術のインパクト
10. 製造業企業のデータ活用
11. 応用事例:
  ・DX事例1
  ・DX事例2


第III部:製造業DXに向けたAI技術
     〜機械学習・ディープラーニングの基礎と異常検知適用の考え方〜


1. 製造業DX適用に向け、機械学習の原理と手法を簡潔に分かりやすく説明

  ・サポートベクトルマシン(SVM)
  ・主成分分析PCA/t-SNE/トポロジーデータ解析法(TDA)
  ・競合学習・SOM・K-NN・EMアルゴリズムの原理と相互関連性
  ・決定木の各手法・ランダムフォレスト
  ・Extreme learning machine手法の紹介
  ・RNNとRNN-LSTMのわかりやすい説明
  ・ベイズ原理からカルマンフィルターをわかりやすく説明
  ・ベイズ原理から粒子フィルターをわかりやすく説明

2. 製造業DX適用に向け、各ディープラーニングの手法と原理を簡潔にわかりやすく説明
  ・畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の原理及び有用性・限界等
  ・graph-CNNについて
  ・時系列データに対するCNN
  ・自己符号化器(AE)
  ・RBMとRBM-DBNの紹介

3. 異常検知の考え方や手法の選択・適用のポイント等をわかりやすく説明
  ・異常検知の考え方
  ・異常検知への各手法の選択法
  ・異常検知への適用の際のポイントと留意点


第W部:製造業DXにおけるAI型異常検知技術の応用事例

1. 品質検査(表面・外観検査)におけるディープラーニングの手法の応用

 (1) 最新技術と手法及び応用事例の紹介
  ・熱間圧延ストリップ鋼表面解析
  ・溶接欠陥解析
  ・航空機ファンブレード用チタン合金表面
 (2) CNNに基づく転移学習の紹介
 (3) 転移学習を用いたCNN学習モデルによる表面・外観検査の学習結果の解析
 (4) 従来の機械学習手法の解析結果との比較

2. 故障評価のための診断解析
 (1) 技術の背景及び応用事例の紹介
  ・軸受故障解析
  ・変速機故障解析
  ・回転子故障解析
 (2) CNNによる特徴抽出と故障診断
 (3) AEによる故障診断
 (4) Extreme learning machine深層学習手法
 (5) スパースフィルタリングによる故障診断
 (6) RBM-DBNとSVMを融合したマルチモーダル手法

3. 欠陥・寿命予測解析手法
 (1) LSTM-RNNによる欠陥予測
 (2) 競合学習とLSTMの融合による予測
 (3) 双方向LSTMとCNNの融合による予測
 (4) 粒子フィルターとRBM-DBNの融合による予測
 (5) 欠陥・寿命予測解析応用事例
  ・転がり軸受長期寿命予測
  ・機械加工における工具摩耗寿命予測
  ・ハイブリッド玉軸受寿命予測

4. 学習モデル
 (1) 学習モデル選択
 (2) データの高次元性・非構造多様性・不均等性の対策
 (3) 学習結果の可読性と可視化

  <質疑応答>


*講師紹介:
-------------------------------------------
・ご略歴:
 理学博士(物理学専攻)。マックス・プランク研究所(独)博士研究員、ケンブリッジ大学(英)研究員を経て、2009年帰国。(株)グリッドの設立に携わり取締役最高技術責任者を務める。2011年より東京大学先端科学技術研究センター特任助教、特任准教授を歴任、2016年より電気通信大学准教授。先進デバイス技術とAI技術融合研究ステーション長。
 株式会社グリッド最高技術顧問(兼務)。東京大学先端科学技術研究センター客員研究員(兼務)。
 AIと量子物理の研究者。応用物理学とAIの掛け合わせによる研究開発を得意とする。現在は、企業との共同研究としてエネルギー、物流、交通等といった社会インフラシステムにおけるAIを用いた最適化、製造業における故障予測や異常検知の研究開発に従事。経産省の国家プロジェクトとして「AI最適化手法を用いた新材料開発?透明型太陽電池の開発」に従事。さらに次世代の量子コンピュータのアルゴリズム開発やカーボンニュートラル社会の実現に向けたAI最適化による水素生成デバイスの研究開発などに精力的に取り組んでいる。2019年6月に「強化学習アルゴリズム入門」オーム社、2021年2月に「Pythonによる異常検知」 オーム社を出版。

・ご専門および得意な分野・研究:
 理論物理計算、AI、強化学習、機械学習/深層学習/深層強化学習の数理モデリング、最適化、量子コンピュータ、量子アルゴリズム、エネルギー学、透明型太陽電池、水素生成デバイス開発、再生可能エネルギーシステムの最適化

・本テーマ関連のご活動:
 曽我部 東馬 著、曽我部 完 監修 :「Pythonによる異常検知」, オーム社 , (2021/02/26)
 曽我部 東馬:「強化学習アルゴリズム入門―「平均」からはじめる基礎と応用」, オーム社(2019/05)
 曽我部 東馬ら共著:「工場・製造プロセスへのIoT・AI導入と活用の仕方」,技術情報機構(2020/06/30)
 曽我部 東馬, 笠原 亮介ら共著:「機械学習を中心とした異常検知技術と応用提案 情報機構」,(2019/11)

・主要な所属学会
 日本応用物理学会、日本人工知能学会、情報処理学会(量子ソフトウエア研究会:運営委員)

・関連する講演:
 ・2017年4月 東京大学、電気通信大学(曽我部研究室)、株グリッドの産学連携プロジェクト「人工知能ラボ開設記念講演」にて「量子物理と深層学習を癒合した量子人工知能の開発」について基調講演。
 ・2017年5月 スタンフォード大学にて「GRID Inc: Deep learning framework for industrial and engineering optimization application〜産業最適化のための深層学習フレームワーク〜」として公開講座に登壇。
 ・2017年〜2021年 セミナー「強化学習・深層強化学習入門:基本・最新アルゴリズムから応用まで」等、延べ40回以上講演

セミナー番号:AD220386

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.