「ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)」オンラインセミナー│基礎・生分解性から新規PHAの開発まで
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
11月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 

○脱炭素・環境汚染解決の観点だけでなく「バイオものづくり」としても注目のPHAを詳解。
○構造や合成、生分解性機能、遺伝子工学などの基礎から、新規PHA「多元ポリ乳酸」などの開発・生産プロセス動向まで。

ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の

基礎・生分解性から新規PHAの開発まで

-微生物工場から作られるバイオプラスチックの実用性に迫る-

<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>

講師

神戸大学 大学院 科学技術イノベーション研究科 特命教授 田口 精一 先生

講師紹介

■ご略歴:
1989年 3月 東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年単位取得退学
1989年 4月 東京理科大学基礎工学部生物工学科 助手
1991年 1月 工学博士(東京大学)
1997年 1月 仏国ルイ・パスツール大学分子細胞生物学研究所免疫部門 客員研究員
1999年 4月 理化学研究所高分子化学研究室 先任研究員
2002年 4月 明治大学農学部農芸化学科 助教授
2004年 4月 北海道大学大学院工学研究院 教授
2012年10月 科学技術振興機構CREST「二酸化炭素資源化領域」研究代表者)
2017年 4月 東京農業大学生命科学部 教授(北海道大学大学院工学研究院・招聘客員 教授・名誉教授)
2022年 4月 神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科/先端バイオ工学研究センター
         創発生命工学研究室 特命教授

日時・受講料

●日時 2022年10月7日(金) 10:30-16:30 *途中、お昼休みや小休憩を挟みます。

●受講料
 【オンライン:見逃し視聴なし】 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 【オンライン:見逃し視聴あり】 1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
(GWや年末年始・お盆期間等を挟む場合、それに応じて弊社の標準配信期間の設定を延長します。)
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナー開催にあたって

■はじめに:
 今世界中で話題になっている「バイオプラスチック」研究が、脱炭素化社会実現と海洋プラスチック汚染問題解決の観点から大きく進展している。身の回りを見ると、コンビニや化粧品パッケージなどとして普及している国産PHAは、Circular Bioeconomyの典型的な製品として大変注目されている。
 本セミナーでは、微生物というミクロな生産工場で合成されるポリマーPHAの研究発展において開発された技術を分かり易く丁寧に解説する。特に、Green Planet(PHBH)に続く新規PHA生産開発について詳しく紹介する。さらに、新規PHA「多元ポリ乳酸」をはじめとするバイオプラスチック(あるいは素材)の、CO2からの微生物発酵生産システムは、岸田首相肝いりの「新しい資本主義実現会議」の重点投資分野として掲げられた「バイオものづくり」の中核の一つとなると思われる。

■受講対象者:
・バイオプラスチック研究の概観を短時間で知りたい。
・世界動向・国家プロジェクトについての早わかり
・知的好奇心・企業の現場感覚など色々な立場でバイオプラスチックを知り考えたい
・バイオテクノロジーと高分子化学を同時に手軽に学びたい
・化学合成ポリマーと生合成ポリマーの比較:合成法・構造・物性・機能を知りたい。
・バイオマスプラスチックと生分解性プラスチックの違いを知りたい。
・再生可能資源(CO2・糖・油脂)からのプラスチックの一貫生産プロセス開発を知りたい。
・バイオプラスチック研究における今後の展開ともたらされる世界を知りたい。

■事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイト *閲覧必須ではありません。

<著書>
(1) 「多元ポリ乳酸」の生合成と生分解:メカニズム解明の鍵"オリゴマー"(日本農芸化学会)2021
(2) 乳酸ポリマーP(LAHB)の微生物生産(NTS出版)2021
(3) 多元ポリ乳酸の合成/分解の交差点:「オリゴマー」(シーエムシー出版)2019
(4) 非天然型ポリヒドロキシアルカン酸の分解性とその評価方法(シーエムシー出版)2019
(5)「多元ポリ乳酸」生合成の新展開:オリゴマー分泌発見 によるプロセス革新(シーエムシー出版)2019

<動画サイト>
https://www.youtube.com/watch?v=CDDLU_8HjC4

セミナー内容

1.イントロダクション:いよいよバイオプラスチックの時代到来
 1.1 天然高分子、生体高分子、合成高分子:対比することで学ぶ高分子の世界
 1.2 バイオプラスチックとは?:構造・合成原理・物性・機能
 1.3 バイオマスプラスチックと生分解性プラスチック:今さら人に聞けないことがわかる
 1.4 バイオプラスチック開発研究の歴史:知っていればもっと早くに
 1.5 何故、今バイオプラスチックが必要とされているのか?
 1.6 話題の「BioeconomyとCircular economy」におけるバイオプラスチック

2.プラスチック素材となる微生物ポリマーPHA:コンビニ・コーヒー喫茶店・飲料パックに現る
 2.1 ポリヒドロキシ酸PHAとは?:種類・構造・合成原理・物性・生分解性機能
 2.2 HA生合成メカニズム:巧妙な生命システム「右手・左手の使い分け、超高分子量」

3.遺伝子工学と高分子化学の両刀使い:バイオプラスチック合成の真髄
 3.1 遺伝子工学の簡単レクチャー:遺伝情報から考えるバイオプラスチック
 3.2 生命のルールに基づくモノづくり:遺伝物質DNA→生体触媒(酵素)→PHA
 3.3 より多くのPHAを合成し、自在に質を改変し、全く新しいポリマーを創製する!

4.次世代ポリ乳酸「多元ポリ乳酸」の生合成一貫プロセス開発と機能部材化・生分解性
 4.1 ポリ乳酸から多元ポリ乳酸の時代へ:その理由を説明しましょう!
 4.2 多元ポリ乳酸を作る:ミクロの微生物工場とは?
 4.3 多元ポリ乳酸の物性を生分解性を知り、部材化する

5.多元ポリ乳酸生産系の開発と物性・生分解性
 5.1 実用的生産系:再生可能原料からの一貫プロセス開発
 5.2 物性・機能:石油系プラスチックにはない良さ
 5.3 PHAの生分解性とは?:今話題のマイクロプラスチック汚染問題解決の切り札
 5.4 悩ましい二律背反問題:物性と生分解性の両立→「ヘーゲル弁証法止揚の科学”」が鍵

6.世界動向・国家プロジェクトそして今後の展望

◎適宜【質疑応答】・【議論】

セミナー番号:AD221002

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.