バイオリアクター│オンラインセミナー2024│基礎からスケールアップ・大量培養の注意点
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  PFAS
  ・  労働安全衛生法
  ・  IPランドスケープ
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2023/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 


○装置概要や基本的なプロセス・取扱いから、反応の定式化と操作設計への活用、スケールアップ指標や設計式・留意点、対象ごとの大量培養時の実際とポイント、バイオ分離精製まで。
○バイオリアクター装置を使いこなすためのエッセンス・考え方を出来るだけやさしく解説します!

バイオリアクター(装置)および

培養操作論の設計エッセンス

〜基本的取り扱いからスケールアップ・

各種細胞や微生物の大量培養に向けた注意点まで〜

<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信あり>

講師

大阪工業大学 工学部 生命工学科 准教授 長森 英二 先生

講師紹介

2001年3月 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 博士研究員
2002年7月 株式会社豊田中央研究所 バイオ研究室 研究員
2007年2月 同社 先端研究センター 長森研究グループ リーダ
2011年6月 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物工学コース 講師
2016年4月より現職

日時・受講料

●日時 2024年4月9日(火) 10:30-16:30 *途中、お昼休みや小休憩を挟みます。

●受講料
 【オンライン:見逃し視聴なし】 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 【オンライン:見逃し視聴あり】 1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

※配布資料等について

●配布資料は、印刷物を郵送で1部送付致します。
・お申込の際にお受け取り可能な住所を必ずご記入ください。
・郵送の都合上、お申込みは4営業日前までを推奨します。(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
・それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、その場合、テキスト到着がセミナー後になる可能性がございますことご了承ください。
・資料未達の場合などを除き、資料の再配布はご対応できかねますのでご了承ください。


●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。

オンラインセミナーご受講に関する各種案内(ご確認の上、お申込みください。)
・PC/タブレット/スマートフォン等、Zoomが使用できるデバイスをご用意ください。
・インターネット 回線速度の目安(推奨) 下り:20Mbps以上
・開催が近くなりましたら、Zoom入室URL、配布資料、当日の流れなどをメールでご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報ください。
・受講者側のVPN、セキュリティ設定、通信帯域等のネットワーク環境ならびに使用デバイスの不具合については弊社では対応致しかねますので予めご了承ください。

Zoom
Zoom使用に関する注意事項(クリックして展開)
・公式サイトから必ず事前のテストミーティングをお試しください。
 → 確認はこちら
 →Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomで音声が聞こえない、
  カメラ・マイクが使えない等の事象が起きる可能性がございます。
  お手数ですが、これらのアプリは閉じた状態にてZoomにご参加ください。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
 →参加方法はこちら
 →一部のブラウザは音声が聞こえない等の不具合が起きる可能性があります。
  対応ブラウザをご確認の上、必ず事前のテストミーティング をお願いします。
  (iOSやAndroidOS ご利用の場合は、アプリインストールが必須となります)

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴あり)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開)
・見逃し視聴ありでお申込み頂いた方は、セミナーの録画動画を一定期間視聴可能です。
・セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
・原則、遅くとも開催5営業日後までに録画動画の配信を開始します(一部、編集加工します)。
・視聴期間はセミナー開催日から5営業日後を起点に1週間となります。
 ex) 2/6(月)開催 セミナー → 2/10(金)までに配信開始 → 2/17(金)まで視聴可能
 ※メールにて視聴用URL・パスワードを配信します。配信開始日を過ぎてもメールが届かない場合は必ず弊社までご連絡ください。
 ※準備出来しだい配信致しますので開始日が早まる可能性もございます。その場合でも終了日は変わりません。
  上記例の場合、2/8(水)から開始となっても2/17まで視聴可能です。
 ※GWや年末年始・お盆期間等を挟む場合、それに応じて弊社の標準配信期間設定を延長します。
 ※原則、配信期間の延長は致しません。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
  (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承ください。
 →見逃し視聴について、こちらから問題なく視聴できるかご確認ください。(テスト視聴動画へ) パスワード「123456」 

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 SDGsの観点から、バイオ反応や微生物によるモノづくりが脚光を浴びるようになった。抗体医薬製造や再生医療用細胞製造など,細胞培養の産業応用への期待も高まっている。物質収支と速度論に基づいてバイオものづくりを工学設計・オーガナイズできる人材の育成は重要性を増している。この技術分野は生物化学工学と呼ばれ、醸造・発酵技術の発展と共に体系化され、実践的に活用されてきた。
 本セミナーでは、バイオリアクターの基本から、容器・装置・操作の設計論の基本的事項を解説し、各種細胞への適用における注意点を述べる。
 本セミナーが対象とする技術の範囲は極めて広く、一日で全てをお伝えすることは難しいが、可能な限り平易にエッセンス・考え方に絞って講義する.ユーザーの立場から、どのように装置を使いこなすかという操作の基本事項を押さえて頂き 、今後より深く生物化学工学を学んで頂くきっかけとしてご活用頂きたい。

*本セミナーはオンライン講座のため、名刺交換ができませんが、ご希望の方は、大阪工業大学の培養施設を来客対応にて御紹介できますので、お気軽にご連絡下さい

■受講対象者:
・バイオリアクターをこれからの業務で使用する必要がある初心者
・バイオリアクターを業務で活用していて,理論を更に深く理解したい技術者
・バイオリアクターの現状と将来像を知り,ビジネスの可能性を探索したい企画職

■本セミナーで習得できること:
・バイオリアクターを使用するための基本やノウハウの概要
・バイオリアクターをより高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識
・バイオリアクターや周辺技術の今後の発展の方向性に関する知識
など

■過去、セミナーに参加された受講者の声(一例):
・基礎から幅広い知見が得られて有益でした。培養に関する見直しも出来ました。
・バイオリアクターにおける反応の定式化、スケールアップの方法論など勉強になりました。
・スケールアップの考え方やkLaなどの様々な指標、方法論などをご教示頂き非常に参考になりました。
・バイオリアクターの操作・設計・スケールアップまで、今後何を学び取り組めば良いかのベースになりました。
・オンラインセンサのメカニズムや、微生物や動物細胞を培養する際の違い、
 具体的な実験方法の例などが個人的に参考になりました。
・自身が取り扱っている培養槽はもちろん、それ以外の知識も幅広く得られて良かったです。
・再生医療分野へのバイオリアクターの活用や分離精製方法、
 シングルユースリアクタ等をお示し頂きありがとうございます。
・各対象における酸素供給の相違や供給量についてが特に興味深かったです。
・とても参考になる情報ばかりで勉強になりました。ありがとうございました。
・参考にすべき書籍を随所で紹介いただいたので、今後の勉強の助けになりそうです。
・質問にも丁寧に対応いただき有難かったです。
・素晴らしいご講演でした。限られた時間にも関わらず、ご説明がわかりやすく必要なエッセンスが習得できました。

など各回ともご好評の声を多数頂いております!

セミナー内容

1.バイオリアクターとは何か(概論)
 1-1.バイオリアクターの活躍の場
    〜醸造、発酵、環境浄化からバイオ医薬品、再生医療まで〜
 1-2.一般的なバイオリアクターの形状
  ・通気撹拌型
  ・気泡塔型
  ・固定化担体,固定化細胞の活用
  ・センサー,制御系
 1-3.バイオリアクター運転の基本プロセスおよび操作上の注意点
  ・滅菌
  ・培地仕込み
  ・洗浄方法
  ・他
 1-4.フラスコ培養とバイオリアクターのちがい
 1-5.バイオリアクターにおいて大事な操作変数と、各種制御の実装
 1-6.バイオリアクターの基本的取り扱い
  ・バイオリアクターのメンテナンス
  ・バイオリアクターのコンタミ対策
  ・起こりがちなトラブルと対処法
  ・他

2.バイオリアクターに関わる反応の定式化と、操作設計への活用
 2-1.一次反応速度式の記述法
 2-2.増殖速度論、殺菌速度論
  ・指数的増殖
  ・比増殖速度
  ・比消費速度
  ・比生産速度
  ・モノーの式
 2-3.回分培養操作
  ・増殖連動型
  ・増殖非連動型
  ・基質/生産物による阻害と解除
 2-4.流加培養操作
 2-5.連続培養操作
 2-6.酸素供給速度論
  ・酸素移動容量係数

3.スケールアップの方法論、実際
 3-1.スケールアップの指標
  ・撹拌動力
  ・液循環速度
  ・シェアストレス
  ・酸素供給速度
 3-2.スケールアップの設計式
  ・物理的なスケールアップ指標
  ・生物側にも配慮した物理的指標
  ・生物的指標
  ・無通気培養
  ・気泡塔
  ・通気撹拌培養
 3-3.スケールアップの留意点
  ・不均一性
  ・液高さのあるリアクター

4.各種細胞の大量培養における注意点
 4-1.微生物培養の実際、注意点
 4-2.動物細胞培養の実際、注意点
 4-3.iPS細胞培養の実際、注意点
 4-4.シングルユースリアクター
 4-5.植物細胞培養の実際、注意点

5.バイオ分離精製概論
 ・精製コストへの認識の重要性
 ・バイオ分離精製に困難性が伴なう原因
 ・分離精製の基本,操作に関わる設計式の基本

6.将来展望
 ・不均一系に挑む複雑組織工学
 ・生体内環境を模倣した培養技術
 ・臓器リアクターの実現にむけて

<質疑応答>

セミナー番号:AD240401

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.