接着の基礎及び評価法 セミナー
よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー

化学・電気系 その他各分野
一覧へ→
  ヘルスケア系
一覧へ→
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  CMOS
  プラスチックリサイクル
  全固体電池材料技術
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
社内研修DVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2024/7/17更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

オンライン受講/見逃視聴なし → 

オンライン受講/見逃視聴あり → 


★接着メカニズムの理解から接着剤の選定・使い方、接着耐久性評価法まで!
★金属/プラスチック・ゴムの接着における各種具体例について取り上げます。

接着基礎知識および

接着部設計・評価法【入門講座】

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴有>

講師

エーピーエス リサーチ 代表  若林 一民 氏

日時・会場・受講料

●日時 2024年9月26日(木) 10:00-17:00
●会場 会場では行いません
●受講料
  【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名49,500円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき38,500円

  【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】1名55,000円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき44,000円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

※配布資料等について

●配布資料は、印刷物を郵送で1部送付致します。
・お申込の際にお受け取り可能な住所を必ずご記入ください。
・郵送の都合上、お申込みは4営業日前までを推奨します。(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
・それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、その場合、テキスト到着がセミナー後になる可能性がございますことご了承ください。
・資料未達の場合などを除き、資料の再配布はご対応できかねますのでご了承ください。


●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。

オンラインセミナーご受講に関する各種案内(ご確認の上、お申込みください。)
・PC/タブレット/スマートフォン等、Zoomが使用できるデバイスをご用意ください。
・インターネット 回線速度の目安(推奨) 下り:20Mbps以上
・開催が近くなりましたら、Zoom入室URL、配布資料、当日の流れなどをメールでご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報ください。
・受講者側のVPN、セキュリティ設定、通信帯域等のネットワーク環境ならびに使用デバイスの不具合については弊社では対応致しかねますので予めご了承ください。

Zoom
Zoom使用に関する注意事項(クリックして展開)
・公式サイトから必ず事前のテストミーティングをお試しください。
 → 確認はこちら
 →Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomで音声が聞こえない、
  カメラ・マイクが使えない等の事象が起きる可能性がございます。
  お手数ですが、これらのアプリは閉じた状態にてZoomにご参加ください。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
 →参加方法はこちら
 →一部のブラウザは音声が聞こえない等の不具合が起きる可能性があります。
  対応ブラウザをご確認の上、必ず事前のテストミーティング をお願いします。
  (iOSやAndroidOS ご利用の場合は、アプリインストールが必須となります)

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴あり)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開)
・見逃し視聴ありでお申込み頂いた方は、セミナーの録画動画を一定期間視聴可能です。
・セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
・原則、遅くとも開催4営業日後までに録画動画の配信を開始します(一部、編集加工します)。
・視聴期間はセミナー開催日から4営業日後を起点に1週間となります。
 ex) 2/6(月)開催 セミナー → 2/10(金)までに配信開始 → 2/17(金)まで視聴可能
 ※メールにて視聴用URL・パスワードを配信します。配信開始日を過ぎてもメールが届かない場合は必ず弊社までご連絡ください。
 ※準備出来しだい配信致しますので開始日が早まる可能性もございます。その場合でも終了日は変わりません。
  上記例の場合、2/8(水)から開始となっても2/17まで視聴可能です。
 ※GWや年末年始・お盆期間等を挟む場合、それに応じて弊社の標準配信期間設定を延長します。
 ※原則、配信期間の延長は致しません。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
  (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承ください。
 →見逃し視聴について、こちらから問題なく視聴できるかご確認ください。(テスト視聴動画へ) パスワード「123456」 

セミナーポイント

 あらゆる産業分野で、環境保全・環境改善への対応が高まっている。接着剤及び接着の係わる産業においても例外ではない。
 物と物を繋ぎ合わせることを接合というが、接合手法には、ねじ・ボルト、リベット・カシメ、溶接、ハンダ付け及び接着(接着剤接合)がある。接着の長所は、異種材料の接合が可能、平坦性が大きい、応力集中が少ないなどのメリットがある。
 あらゆる産業で材料がマルチマテリアルな使用をされるようになり、異種材料の接合が可能な接着技術が注目されている。国際標準規格(ISO)であるISO21368(接着剤―接着剤で接着された構造の製造のためのガイドラインと、そのような構造のリスク評価に適した報告手順の標準化に関する)が制定されて、接着を取り扱う技術者を認定標準にする世界的な動きがある。また日本においても、日本接着剤工業会で規格への対応が検討されている。
 本セミナーはこのような状況を鑑み、各種材料の接着や接着物に関わる技術者に向け、メカニズムから接着剤の使い方・評価法等、実務上知っておきたい基礎知識について講義する。
 また、実務上問題となることの多い金属/プラスチック・ゴム(エラストマー)の接着を取り上げ、接着剤の使用法や表面処理方法等について実例を示して解説する。

○受講対象:
 ・接着剤ユーザーの研究者、技術者
  (自動車関連、電気・電子部品関連、建築・建材・土木関連、鉄道車両関連等)
 ・接着剤メーカの入社5年以下の技術者、研究者など

○受講後、習得できること:
 ・何故接着するのかの疑問に応える
 ・必要とする接着剤を選定するときの手順について学べる
 ・被着材の表面処理について、最新の技術まで勉強できる
 ・接合部をどの様に設計するのかの基本を学ぶことができる
 ・接着の力学的評価方法を学べる
 など

セミナー内容

1.接着及び接着剤の基礎とメカニズム
 1.1 接着及び接着剤の基礎知識

  1.1.1 接着・接着剤とは
  1.1.2 接着剤の長所、短所
  1.1.3 接着剤の分類
   (1) 主成分による分類
   (2) 接着強さによる分類と接着剤の特性
   (3) 接着剤のコンセプトによる分類
   (4) 機能性接着剤の種類
   (5) 短時間接着剤
   (6) 環境に優しい接着剤
  1.1.4 接着剤の選定手順とそのポイント
  1.1.5 接着剤の使い方とそのポイント
 1.2 接着のメカニズム(何故接着するのかを把握する)
  1.2.1 接着理論の分解図
  1.2.2 ぬれと接触角
  1.2.3 接着の仕事
  1.2.4 溶解度パラメータ(SP値)とは
  1.2.5 接着界面の強さ
  1.2.6 金属結合と水素結合
  1.2.7 接着剤面と被着材面の分子同士の結合
  1.2.8 二次結合(ファン・デル・ワールス力)とは
  1.2.9 力学的な接着効果(アンカー効果)

2.接着部の設計法
 2.1 接着設計の基本
 2.2 接着部にかかる応力の基本形
 2.3 基本応力の特性
 2.4 接着部の形状と応力解析
 2.5 せん断試験片の応力分布
 2.6 せん断試験片の板厚さ、ラップ長の影響
 2.7 接着層厚さの影響(スポットウェルドボンド)
 2.8 接合係数とは
 2.9 フィレットの効用
 2.10 接着部設計上の注意


3.接着の力学特性・耐久性評価方法
 3.1 接着強さ試験方法一覧
 3.2 標準的な接着試験片
 3.3 接着強さを低下させる要因
 3.4 接着剤の硬化物で測定される代表的特性
 3.5 接着・接着剤の信頼性評価
 3.6 耐久性試験一覧
 3.7 引張りせん断疲労試験
 3.8 くさび衝撃試験
 3.9 非破壊検査

4.金属とプラスチック・ゴム(エラストマー)の接着
 4.1 接着の阻害因子
 4.2 金属表面状態の模式図
 4.3 金属材料の特性
 4.4 金属の表面処理工法

  4.4.1 金属表面の脱脂・研磨
  4.4.2 金属の表面処理
 4.5 プラスチックの表面処理手法
 4.6 表面処理効果の確認
 4.7 金属・プラスチック接着における各種接着剤の特性・使い方

  4.7.1 エポキシ樹脂系接着剤
  4.7.2 ポリウレタン系接着剤
  4.7.3 化学反応形アクリル系接着剤
  4.7.4 変成シリコーン・エポキシのハイブリッド接着剤
 4.8 金属とプラスチックの接着例
  4.8.1 軟鋼板とCFRPの接着
  4.8.2 PPの表面処理(イトロ処理)
  4.8.3 軟鋼板とPP(ポリプロピレン)の接着
  4.8.4 PA(ポリアミド)の接着、接着剤、表面処理
  4.8.5 フッ素樹脂と金属の接着
 4.9 金属とゴム(エラストマー)の接着
  4.9.1 金属とゴムの接着
  4.9.2 被着材の組み合わせと接着方法
  4.9.3 ゴムの簡易鑑別方法
  4.9.4 各種ゴムのTg(ガラス転移温度)とSP値
  4.9.5 ゴム用配合剤
  4.9.6 ゴムの加硫接着
  4.9.7 ゴムの種類と表面処理、接着剤の関係
  4.9.8 加硫ゴムの表面処理の手法
  4.9.9 ヨウ化メチレン処理による接着効果
  4.9.10 加硫ゴム用接着剤
  4.9.11 金属 / ゴムの接着例

  <質疑応答>

セミナー番号:AD2409N8

top

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.