SDS セミナー 化学物質管理 化学物質法規制 化学物質 GHS JIS

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/10/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

★2019年5月に改正したJISにも対応したSDS・GHSセミナー!
★SDS作成の実習を交えながら、実務で使えるように基礎から解説。
★改正JISへの対応を知りたい方、化学物質管理やSDS関連業務を担当することになった方、改めてSDS・GHSの取り扱い方を学びたい方にお勧めのセミナーです。

<実務を担当していない方でも1日でわかる・使える>
SDSおよびGHSの読み方・書き方・使い方
(改正JIS対応)
<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

沖津技術士事務所 代表 沖津 修 先生

講師紹介

■ご略歴:
 1991年 東北大学大学院理学研究科化学専攻 修了
 1991年 藤沢薬品工業株式会社(現、アステラス製薬株式会社)入社
 2008年 アステラス製薬株式会社 退職
 2008年 沖津技術士事務所 業務開始、現在に至る。
技術士(化学)/労働安全コンサルタント/危険物取扱者(甲)/環境計量士(濃度)/バイオマス活用アドバイザー/薬学博士

■専門および得意な分野・研究:
 化学技術とバイオ技術を技術基盤とし、企業での事業開発、事業メンテナンス、技術開発、製品・サービス開発、販路開拓、技術調査、労災事故防止対策、環境対策等について、技術コンサルタント、技術経営コンサルタントとして主に活動しています。

■本テーマ関連学協会での活動:
 (公社)日本技術士会会員
 (一社)東京技術士会会員
 (一社)日本労働安全衛生コンサルタント会会員

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月22日(火) 10:30-17:00
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■はじめに:
 化学品を起因とする労災や事故に関連して、化学品の危険有害性情報を伝達するSDSやラベルの発行の義務化に伴い化学品の危険有害性の判定方法(GHS分類)や関連する法規制に対する対応が大きくクローズアップされております。
 本講座では、SDSを取り巻く状況を関連する法規則と一緒に整理しラベルやSDS作成方法について知見を深めます。さらに、国際ルールであるGHSと国内ルールであるJISとを比較し、昨年5月に改正されたJIS(Z7252:2019、Z7253:2019)への対応についても触れながら、ラベルやSDSの作成法や現場での利活用法について考えます。さらに、ラベルやSDS作成の簡単な演習を通して実践に繋げます。
化学系事業者のみならず、商社、輸送、小売り、非製造業、非化学系メーカー等の化学を専門としない業種で対策を考える一助ともなる内容です。また、異動や入社時の研修としても有効な内容となっています。

 尚、事前質問にも当日に可能な限り回答する準備を致しております。3日前までにお寄せ頂きますと可能な限り対応させて頂きます。

■ご講演中のキーワード:
 ・化学物質・化学品・単一物質・混合物・製剤・配合品・対象物質・天然物・固形物・成型品
 ・SDS・GHS・JIS・国際標準化・SDS作成・ハザード・危険性・有害性・環境有害性・ばく露・言語
 ・法令・輸出入・労災防止・事故防止・サプライチェーン・イェローカード・化学物質管理
 ・リスクコミュニケーション・リスクアセスメント

■受講対象者:
・ SDS関連業務に就いておられる方
・ SDS作成業務に就いておられる方
・ SDSやGHSに興味をお持ちの方
・ 化学物質管理や化学物質のコンプライアンスに興味をお持ちの方
・ 商社、輸送、小売り、非製造業、非化学系メーカー等の化学を専門としない業種でSDSや化学物質管理に直面されている方

■必要な予備知識:
・ 高校卒業レベルの化学の知識
・ 労災防止や事故防止、リスク管理への意識(予備知識は必ずしも必要としない)

■本セミナーで習得できること:
・ 化学品の危険有害性
・ ラベルの考え方と作成方法
・ SDSの考え方と作成方法
・ GHSの概要と考え方
・ JISの概要と考え方
・ 化学品や化学物質に関連する法令への理解
・ 化学品や化学物質による労災と事故の防止に向けた考え方
・ 化学品や化学物質のリスクコミュニケーションに向けた考え方
・ 化学物質管理の考え方

★過去、本セミナーを受講された方の声(一例):
 ・わかりやすく、有益であった。テキストがわかりやすかったです  
 ・テキストが有用でした。初心者のため、ということで疑問点について解消できてよかったです。  
 ・とてもわかりやすかった。最初のセミナーとして大変良かった。  
 ・SDS作成における不明な点、あいまいな点がよく理解できました。非常にわかりやすかったです。
 ・分類の仕方がよく理解できました。実務的・具体的でとても面白かった。
 ・聞くだけでは理解できたか不安になるが、演習問題を講義中に解くことにより、自分の理解度がわかるので安心できた。(理解度が低ければその場で質問ができるというのも更に安心できた)
 ・無知のまま来てしまったが、理解を深めることができた
 ・予め質問への回答を書面にして頂き、感激しました!大変わかりやすかったです。
 ・言葉の意味など、今まで不明確だったものがわかり、よかったです。
 ・何をどこまで書けばいいのかわかりやすく、有益だった
 ・GHS,SDSに関する基本内容を理解でき、今後の製品開発でドの段階で何をを意識したら良いのか、という点にも気づかせていただきました。

セミナー内容

1. 本日のポイント

2. 化学品・化学物質とは何か
 2-1) 製品としての化学品・化学物質
 2-2) 言葉の整理(法令用語と技術用語)
 2-3) まとめ

3. 化学品の危険有害性とラベル・SDS
 3-1) 化学品の3つの危険有害性
   ・物理化学的危険性
   ・健康有害性
   ・環境有害性
 3-2) リスクとハザード
 3-3) 危険有害性情報の共有
    〜分類(判定)・ラベル(表示)・SDS(通知)〜
 3-4) 国際ルール(GHS)と国内ルール(JIS)
 3-5) 改正JISについて
 3-6) ラベルとSDSの記載項目
 3-7) 誰がラベルやSDSを作成するのか
 3-8) 「海外向け」と「海外から」における留意点
 3-9) 製品情報とSDS
 3-10) まとめ

4. 化学品取扱いの法規制とラベル・SDS
 4-1) 化学品の法規制の大枠
 4-2) SDSに係わる三つの法令の比較(対象物質・適用除外・罰則など)
   ・ 化学物質排出把握管理促進法
   ・ 労働安全衛生法
   ・ 毒物及び劇物取締法
   ・ 3つの法令の規定するラベルとSDS記載項目の比較
 4-3) 輸送・取扱いの法規制
    (国際輸送と国内輸送、海上輸送、航空輸送、陸上輸送)
 4-4) 海外の法規制
 4-5) まとめ

5. 危険有害性の分類とラベル作成の基礎(改正JISを踏まえて)
 5-1) 危険有害性の分類(危険有害性クラスと危険有害性クラス)
 5-2) ラベル要素
 5-3) 分類の自動化とGHS混合物分類判定システム
 5-4) 国連危険物輸送勧告、海防法、消防法、毒劇法における分類との違い
 5-5) まとめ

6. 危険有害性の分類とラベル作成の実際(改正JISを踏まえて)
 6-1) 単一成分化学品(化学物質)の危険有害性分類のルール
 6-2) 演習1:単一成分の化学品の危険有害性分類
 6-3) 混合物の危険有害性分類のルール
 6-4) 演習2:混合物の危険有害性分類
 6-5) 注意点とまとめ

7. SDS作成の実際
 7-1) 公開情報と情報収集
 7-2) SDSの構造と作成法
 7-3) 演習3:SDSの作成
 7-4) 注意点とまとめ

8. SDS情報の利活用とまとめ
 8-1) ビジネスとSDS
 8-2) SDS情報の利活用(化学品のリスク管理、他)
 8-3) 本日のまとめ

セミナー番号:AG201242

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.