レオロジ― パラメータ特許 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
10月
11月
12月
2021年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/10/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

レオロジーを特許化するポイントを分かりやすく解説!
経験を踏まえたパラメータ特許取得の留意点!

レオロジーを特許にする方法

〜レオロジー量の権利化とパラメータ特許の留意点〜

<Zoomを用いたオンラインセミナー>

講師

千葉大学 名誉教授 工学博士 大坪 泰文 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年12月11日(金) 12:30-16:30
●会場  ※会場での開催は行いません
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
 お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

 新材料の発明に際して特許を申請するとき、請求項としては内部構造あるいは組成が主であり、物性
はそれに付随するものとして取り扱われるのが普通です。しかし、ある機能を実現するために材料のレ
オロジー的性質が極めて重要で本質的である場合、レオロジー量やレオロジー式が特許として権利化さ
れることがあります。技術的対象を特定するために数値範囲を規定した特許はパラメータ特許と呼ばれ
ていますが、権利化のためには機能と数値範囲との関係を定量的に説明できることが要件となります。
 本セミナーでは、レオロジー特許について基礎科学と応用技術という観点から経験を交えてわかりや
すく解説します。

セミナー内容

1.パラメータ特許の概要

2.粘度および粘度曲線の特許化
 2.1 粘度挙動の基礎
  1)せん断流動場とせん断速度
  2)定常せん断粘度の定義
  3)非ニュートン流動(擬塑性流動とダイラタント流動)
  4)流動曲線と流動パターン
  5)降伏応力
  6)チクソトロピー
  7)履歴現象と平衡流動曲線
  8)技術用語「チクソ性」のあいまいさ 
 2.2 粘性挙動とメカニズムとの関係
  1)高分子の分子運動と分子形態
  2)低濃度高分子溶液のゼロせん断粘度と分子量
  3)高分子鎖の絡み合い
  4)高濃度高分子溶液の非ニュートン流動
  5)微粒子分散系のおける粒子間相互作用と凝集
  6)凝集分散系の非ニュートン流動
 2.3 粘度測定における問題点
  1)二重円筒型粘度計におけるせん断速度の不均一性
  2)B型粘度計における粘度測定
  3)JISに規定されている粘度測定の特徴
 2.4 粘度挙動に関する特許の例
  1)粘度値による特許
  2)流動曲線による特許
 2.5 粘度特許の解釈と技術的あいまいさ
 2.6 特性値としての降伏応力決定法の例

3.動的粘弾性値の特許化
 3.1 粘弾性の基礎
  1)弾性と粘性の基礎
  2)マックスウェルモデルと応力緩和
  3)フォークトモデルと遅延弾性
  4)正弦振動ひずみと正弦振動応力
  5)動的粘弾性(複素弾性率)の定義
  6)動的粘弾性曲線の特徴
  7)動的粘弾性曲線による固体と液体の判別
 3.2 動的粘弾性とメカニズムとの関係
  1)高分子の分子運動と温度
  2)ミクロブラウン運動とガラス転移
  3)無定形高分子における時間―温度換算則
  4)シフトファクターの温度依存性
  5)高分子の粘弾性挙動と分子量
  6)高分子における高次構造性と粘弾性
  7)分散系における微粒子の凝集と三次元網目構造の形成
  8)凝集分散系の線形領域における動的粘弾性曲線
  9)凝集分散系の非線形粘弾性
 3.3 粘弾性に関する特許の例
  1)線形粘弾性値に関する特許
  2)非線形粘弾性値に関する特許
 3.4 粘弾性特許の解釈と技術的あいまいさ
 3.5 粘弾性値によるプロセスの特許化

4.規格とレオロジー
 4.1 粘度の規格基準
 4.2 規格基準のあいまいさ

5.パラメータ特許取得に係る経験と留意点
 5.1 米国特許取得の経験談
 5.2 学術論文と特許

<質疑応答>

セミナー番号:AG201288

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.