表面処理 接着 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
12月
1月
2月
2021年3月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
12月
1月
2月
2021年3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/12/1更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

プラスチックの接着性を改善するためのポイントを分かりやすく解説!

プラスチックの表面処理方法と接着性向上技術

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

金沢工業大学 名誉教授 工学博士 小川 俊夫 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年2月11日(木) 10:30-16:30
●会場  会場での講義は行いません。
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

プラスチックの表面処理はほとんどの場合接着性向上のために行われる。これには物理的な方法と化学的な方法がある。物理的処理の代表格はコロナ処理である。最近は大気圧プラズマ処理と言う方法もかなりポピュラーになってきているが効果の本質は変わらない。火炎処理も自動車部品のような大きな材料にはよく適用されている。これらは言ってみれば皆表面を酸化させることである。しかも高速で、極表面だけを酸化するので材料自身にはほとんど影響を与えずに、接着性が向上する。これらの長所短所について詳しく述べる。
 もう一つの方法に化学的な処理法がある。その代表的なものがシランカップリング剤による処理である。これは極めて簡単にできる方法でシランカップリング剤水溶液に試料を浸漬してから相手材料と圧着するだけでかなり強固な接着力が生まれる。あるいはイソシアネート基を有した化合物を使って接着する。これらの方法は何にでも適用できるわけではないが、材料によっては有効な方法である。接着そのものに注目すれば、何の接着剤も使わずに接着する方法などもある。これらの方法について時間の許す限り詳しく述べたい。

■講座の狙い、受講して習得できること:
 1.接着ということの全容が理解できるようになる。
 2.個々の方法については、聴講者各自によって関心の程度が異なるので、質疑応答を通じて、理解を深めることができる。
 3.ただ聞いているだけではなかなか理解が深まらないので、できるだけ質疑応答時間を長くとるようにする。

セミナー内容

1.ぬれ
 1.1 接触角とYoung式
 1.2 ぬれと表面張力
  1.2.1 表面張力の測定
  1.2.2 液体の表面張力
  1.2.3 高分子の表面張力
  1.2.4 Zismanのプロット
 1.3 ぬれと官能基
 1.4 官能基の極性

2.接着の基本
 2.1 原子間力(分子間力)
  2.1.1 ファンデアワールス力
   (1)常温接合
   (2)熱溶着
   (3)レーザー溶着
   (4)溶剤接着
   (5)ゲル接着
  2.1.2 水素結合
 2.2 化学結合
  2.2.1 イソシアネート
  2.2.2 エポキシ樹脂
  2.2.3 シランカップリング剤

3.接着強度への影響因子
 3.1 接着の4条件
 3.2 水分効果
 3.3 表面脆弱層(WBL)
 3.4 表面粗さ
  3.4.1 表面粗さの表現
  3.4.2 粗さと強度
  3.4.3 強度計測方法の問題

4.表面処理
 4.1 コロナ処理
  4.1.1 湿度の影響
  4.1.2 電極形状効果
  4.1.3 コロナ処理の特徴
 4.2 低圧プラズマ処理
 4.3 大気圧プラズマ処理
 4.4 窒素置換によるコロナ処理
 4.5 紫外線照射
 4.6 火炎処理
  4.6.1 燃料と空気の混合比
  4.6.2 ケイソ化合物添加効果
 4.7 シランカップリング剤処理
 4.8 グラフト化
 4.9 化学処理

5.表面のキャラクタリゼーション
 5.1 X線光電子分析法(XPS)
  5.1.1 元素分析
  5.1.2 波形分離による官能基定量
  5.1.3 化学修飾法による官能基定量
 5.2 全反射赤外分光法(ATR-IR)
 5.3 原子間力顕微鏡法(AFM)
 5.4 飛行時間型二次イオン質量分析法(Tof-SIMS)
 5.5 ガスクロマトグラフ/質量分析法(GC/MS)

6.表面処理に伴う分子構造の変化
 6.1 空気雰囲気
  6.1.1 ポリオレフィン
  6.1.2 ポリイミド
  6.1.3 PET
 6.2 不活性ガス雰囲気
  6.2.1 He, Ar
  6.2.2 窒素
  6.2.3 その他のガス
 6.3 経時変化

7.実際例
 7.1 表面処理と碁盤目試験による塗膜の接着強度評価
 7.2 LDPEとPETの接着
 7.3 芳香族ポリイミドフィルムと銅箔の接着
  7.3.1 コロナ処理
  7.3.2 シランカップリング剤処理
 7.4 ポリエチレンビニルアセテートのコロナ処理と接着

<質疑応答>

セミナー番号:AG210286

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

タッチレス化/非接触化

マテリアルズ
・インフォマティクス


ドローン

寺子屋統計教室

Spice回路シミュレータ

腸内細菌叢

宇宙ビジネス

粉砕メカノケミカル

滅菌バリデーション

分散剤

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.