リチウムイオン電池、正極活物質、負極活物質、電解液、セパレータ、EV、資源

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
4月
5月
6月
2021年7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/4/8更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

★好評により、オンラインで開講。
★リチウムイオン電池の発明者本人が、リチウムイオン電池の本質を解説。

EV用リチウムイオン電池の設計と特性向上について

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

(株)オザワエナックス/(株)共創 小沢和典 先生

講師紹介

[学歴]
  1967年 東京大学物理工学科卒業
  1972年 米国ペンシルバニア大学 金属工学修士課程卒業
  1982年 東北大学工学博士学位授与
      <鉄及びコバルトの斜め蒸着膜の構造と磁気特性に係る研究>

[職歴]
  1967年 ソニー株式会社 入社
        超音波遅延線、フェライト単結晶、磁気ヘッド、磁気テープ、
          蒸着テープ、ハードディスク、リチウムイオン二次電池等の
        開発及び生産技術を担当。
        戦略本部部長
        電池事業部統括部長
  1991年 リチウムイオン2次電池の実用化(世界初)
  1996年 ソニー株式会社 退社
      エナックス株式会社設立

  2014年 エナックス株式会社退社
      株式会社オザワエナックス設立
[賞]
  1994年 電気化学協会論文賞(日本)
  1994年 Electrochemical Society Technology Award(International)
  2004年 東京都ベンチャー技術大賞
  2006年 IBA Technology Award(International)
  2010年 ダイヤモンド社ベストマネージメント賞
  2011年 平成23年度知財特許庁長官賞
  2015年 東久邇宮文化褒賞


[その他]
  1985年 東北大学工学部非常勤講師
  2011年 系統連携円滑化蓄電システム技術開発(NEDO委託研究 LS0006)

[発表論文]
“Lithium-ion rechargeable batteries with LiCoO2 and carbon electrodes: the LiCoO2/C system” Kazunori Ozawa, Solid State Ionics 69, 212-221(1994).

“Status and Recent Development in the Field of High Energy and High Power Batteries”, International Materials Forum 2006, Bayreuth, Germany, July 31(2006).
他多数

[著書]
“Lithium Ion Rechargeable Batteries” Edited by Kazunori Ozawa, Wiley-VCH(2009).

「自動車用大容量二次電池の開発」監修 佐藤登・境哲夫、CMC出版(2003)

「世界のリチウムイオン電池産業と市場動向」シーエムシー・リサーチ(2015)

「リチウムイオン電池の開発と市場 2018」シーエムシー出版(2018)

他多数

■ご専門および得意な分野・研究:
物性物理、電気化学、焼成と塗布の生産技術

■本テーマ関連学協会でのご活動:
応用物理学会終身会員、表界研

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2021年6月17日(木) 10:30-16:30
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
 お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■はじめに
 日本(ソニー)でリチウムイオン電池が世界で初めて開発・製造されたにもかかわらず、韓国、中国の後塵を拝している。すべての技術及び産業は常に流動的であり、その地位を保つためには深い洞察と革新がなければならない。
 本セミナーではリチウムイオン電池の発明者本人が、リチウムイオン電池の本質を解説し、日本をもう一度世界のリーダーにするための考え方と行動の指針を与える。

■ご講演中のキーワード:
正極活物質、負極活物質、電解液、セパレータ、EV、資源、夢と現実(技術を見る目)

■受講対象者:
リチウムイオンの研究を始めたばかりの方から、研究経験の豊富な方でもう一度正しい知識を得たい方。
リチウムイオン電池を業務・事業に生かしたい方。
世界で活躍したい方。

■事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:
 「芳尾真幸/小沢昭弥編 リチウムイオン二次電池 (日刊工業新聞社)」をご一読頂くと尚良い。(必須ではありません。)

■本セミナーで習得できること:
リチウムイオン電池の基礎理論
材料の選定
製造のノウハウ
安全性確保、トラブル対処法
世界のビジネス動向
製造業への指針

■受講された方の声(一例):
・事前の質問にも丁寧に回答いただけて良かったです。
・内容も充実していて、受講して良かったです。。
などなど……ご好評の声を多数頂いております!

セミナー内容

 1.電池の歴史
 2.リチウムイオン電池の疑問
 3.リチウムイオン電池の原理
 4.充電/放電カーブと定義
 5.リチウムイオン電池の種類
 6.EV用電池の設計

  @正極
  A負極
 7.電解液
 8.セパレータ
 9.製造方法
10.安全性

   事故事例から安全な電池迄解説します。
11.世界情勢
   特にヨーロッパを中心に解説します。
12.高性能化への指針
13.ソニーの開発から将来へ

   そして日本の役割

セミナー番号:AG210656

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.