サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/6/1更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

★再生可能エネルギーや水素の時代においてどのような材料が求められるのか?
★太陽光や風力をはじめとした様々な再生可能エネルギーやエネルギー貯蔵に向けた各種電池など、次世代のエネルギーおよび必要な材料事情を解説。

【脱炭素社会実現へ向けた】
再生可能エネルギー・水素・全固体電池技術の
動向と素材ソリューション
<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

Mirasolab 代表 竹田 諭司 先生

講師紹介

■ご略歴:
 1992年旭硝子株式会社入社.中央研究所にて複数の新商品・新技術開発に従事.2002年より米国イリノイ大学留学,新材料開発に従事.
 2007年よりエレクトロニクス事業部の新事業プロジェクトリーダー, 複数の新ビジネスの企画・立ち上げ・事業化に従事.
  2017年9月旭硝子を退職.
 同年10月MirasoLab代表就任.

■専門および得意な分野・研究:
 技術の専門は,有機EL, LED, 太陽電池, エレクトロニクス&バイオサイエンス部品等の素材表面研究 (薄膜コーティング&表面改質技術, 表面解析)およびレーザー封止技術.
 ビジネスの専門は,新商品・新規事業創出のための効果的な戦略構築, イノベーションマネージメント&マーケティング.

■本テーマ関連学協会での活動:
 ・社団法人日本セラミックス協会ガラス部会役員 2004-2007.
 ・国際ガラス委員会技術委員 2000-2007.
  (International Commission on Glass, Technical Committee 19)

■関連書籍
高信頼性ディスプレイ封止技術, 封止・バリア・シーリングに関する材料・応用の最新技術, 技術情報協会 (2021),
自動運転車で求められる車載ディスプレイ, 車載テクノロジー3月号, 技術情報協会 (2020),
自動車室内の快適性を高めるスマートウィンドウ技術, 自動車内装材とインテリアの快適性向上, 技術情報協会 (2019),
コネクティッド社会へ向けたディスプレイ高信頼性化技術, CMCリサーチ (2018),
レーザーガラス封止による酸化物TFTの安定化, Appl. Phys. Lett., 105, 133503 (2014),
電子・エネルギー関連デバイス & 部材の高信頼性化, 月刊ディスプレイ3月号 (2013),
有機EL関連技術_わが社の取り組み旭硝子, 工業材料, 59, 39 (2011), など


日時・会場・受講料

●日時 2021年8月25日(水) 12:30-16:30
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
 (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

◆本セミナー概要:
 脱炭素社会実現へ向け、エネルギー転換が必須となっている今日、再生可能エネルギー,水素&アンモニア技術への関心が高まっている。
 再生可能エネルギーは、太陽光・風力発電を中心にその導入数がグローバルレベルで急増し、課題であった発電コストも早期に化石燃料同等レベルを実現すべく技術革新が進んでいる。また、地球温暖化対策に加え、企業活動としても経済合理性が見込めるようになってきたことから、このビジネスチャンスを自社の成長戦略として捉え、本事業に積極的に取組む企業も増加している (RE100)。更に、懸念とされていた天候による出力変動においても、AI技術を駆使したエネルギーマネージメントシステムにより予測・制御が可能となってきた。

 しかしながら、我々の生活および社会活動の基盤エネルギーという観点においては、想定外の如何なる状況においても安定供給が可能な、よりリスクに強いエネルギーマネージメントシステムの構築が求められ、再エネに加え、水素&アンモニア・電動化技術を組み合わせたエネルギーミックスでの検討が進められている。そして、これを支える基盤技術の一つが素材テクノロジーであり、従来同等以上の性能を環境に負荷を与えることなく実現する技術が強く求められている。

 本セミナーでは、素材/材料に焦点を絞り、まず代表的再エネ技術である太陽光・太陽熱・風力発電を事例に、これら技術の現状・課題・今後について解説する。続いて、近年取り組みが活発化している水素&アンモニア関連技術についても、燃料電池・水電解を事例に要素技術および現状課題について述べ、電動化・次世代技術の動向を踏まえ、脱炭素社会実現において今後必要とされる素材ソリューションについて考察する。

■本セミナーで習得できること:
 ・脱炭素社会
 ・再生可能エネルギー
 ・太陽光発電、太陽熱発電、風力発電の種類・構造・材料
 ・ペロブスカイト型太陽電池
 ・水素/アンモニア関連技術
 ・燃料電池、水電解
 ・電動化を実現する全固体電池の種類・構造・材料

セミナー内容

1. 脱炭素社会へ向けた市場の動向
 1−1.再生可能エネルギーの現状・課題点・今後
 1−2.水素/アンモニア技術の現状・課題点・今後
 1−3.電動化技術の現状・課題点・今後

2. 再生可能エネルギー
 2−1.国内外における再生エネルギーの活用状況
 2−2.太陽光発電
   (1)太陽電池の種類・構造・材料
     ・Si型, 化合物半導体型, ペロブスカイト型, OPV, 色素増感型と主要メーカー
   (2)IT+AIエネルギーマネージメントシステム
   (3)日本に合致した太陽光発電システム&太陽電池モジュール
   (4)高信頼性化技術
      ・太陽電池モジュール劣化原因 (環境&PID劣化) と素材ソリューション
 2−3.太陽熱発電
   (1)太陽熱発電の種類・構造・材料
      ・トラフ型, タワー型, ディッシュ型と主要メーカー
   (2)現状課題と今後
 2−4.風力発電
   (1)風力発電の種類・構造・材料
      ・着床式, 浮体式と主要メーカー
   (2)現状課題と今後
 2−5.余剰再生エネルギーの活用法

3. 水素/アンモニア関連技術
 3−1.水素にまつわる法規制
 3−2.燃料電池 (PEFC, SOFC) の種類・構造・材料
 3−3.水電解の種類・構造・材料
 3−4.貯蔵&輸送の現状課題とアンモニア技術

4.電動化&次世代技術
 4−1.リチウムイオン電池の市場動向
 4−2.全固体電池に求められている要件
 4−3.全固体電池の技術動向
    ・全固体電池の種類・構造・材料(硫化物系, 酸化物系, 高分子系)と主要メーカー
 4−4.次世代に期待されている様々な二次電池

5.まとめ

セミナー番号:AG210835

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.