サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
6月
7月
8月
2021年9月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/6/1更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

○自動車産業に押し寄せる電動化/脱炭素化の波に乗り遅れないために!
○各国の環境規制や電動化方針の動向、電池や半導体、熱マネほかHEV〜EV関連の最新技術やカーメーカーの動き、今や目の離せないIT企業をはじめとした異業種からの参入戦略、今後の展望まで。
○自動車に関わる幅広い業種・職種の方にお勧めのセミナーです。

自動車の電動化/脱炭素化

世界の動向と関連製品への影響

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

K&Kテクノリサーチ 代表 加藤 克司 先生

講師紹介

■ご略歴:
 昭和48年株式会社デンソー入社後、主にパワートレインシステム/製品開発(排ガス対策、省燃費技術)を担当。
 パワートレイン制御開発部課長〜室長として、国内8社及び欧州やアジアの数社向けのパワートレインシステム(ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション)の開発や設計を担当。その後タイのテクニカルセンターの初代センター長としてタイに駐在し、テクセンの立ち上げに貢献。その後は新興国向け新製品開発プロジェクトで、パワートレイン分野のリーダーを担当。
 平成27年デンソーを退職後、調査会社でパワートレイン分野に関する調査を担当し、現在は複数の企業の顧問を兼務しながら、国内外で主にパワートレインの電動化に関する講演会の講師として活躍中。

■ご専門および得意な分野・研究:
自動車用パワートレイン分野


日時・受講料

●日時 2021年9月3日(金) 10:30-17:00 *途中、お昼休みと小休憩を挟みます。

●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
 お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
 お申込みは4営業日前までを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp


※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 最近、自動車業界に「CASE」や「MaaS」と言った大きな潮流が押し寄せ、更に昨年は世界各国で今後の脱炭素化(カーボンニュートラル化)方針の発表が相次ぎ、各国が2030年〜40年には全販売車を電動車にする方針が発表され、100年に一度の変革期を迎えている。そこで「CASE」の中で最も自動車産業に大きな影響を及ぼす電動化に関係する世界各国の今後の環境規制や電動化方針の動向、HEV〜EVの各電動車の今後の動向、世界のカーメーカーやIT企業の今後の電動化戦略、電動化に関連する主要製品(電動車用車載電池やイーアクスル等)の今後の展望等 下記の講演項目を丁寧に御説明します。

■受講対象者:
自動車用パワートレインのシステム、製品、素材に関係する技術者や製造関係者だけでなく、経営者、営業、製品企画担当者も含め、今後の自社の事業展開をどう進めていくべきかのパワートレインの動向に関する知見やヒントを得たいと思われている方。

■必要な予備知識
パワートレインに少しでも関係されている方は特に予備知識は不要です。

○全くの初学者という方は、以下講師の文献を1つでもご一読されると理解が進みます。
・自動車技術会会誌(Vol.74 2020年12月号掲載)
・日経クロステック/日経ものづくり(2020年9月、2018年11月)
・車載テクノロジー(技術情報協会)(2020年2月号)掲載
・「自動車パワートレインの電動化/省燃費/規制の動向」(サイエンス&テクノロジー社2019年発刊)
など

■本セミナーで習得できること:
最近及び今後のパワートレイン、特に電動化の動向。電動化に関連する製品(イーアクスル、車載用パワー半導体、車載用電池等)の今後の動向。主要なカーメーカーや異業種の今後の電動化戦略、電動化システムの中のHEV、BEV、FCVシステムの特長や動向等

セミナー内容

1.地球温暖化対策に関係する主要国での自動車の排出ガス(CO2、NOx、HC等)や脱炭素化(カーボンニュートラル化)の規制や電動化シフトに関する各国の政策方針の最新動向

2.現在〜将来の世界のパワートレインミックス(内燃機関車〜HEV〜EV)動向や、脱炭素化(カーボンニュートラル化)に対する各パワートレインシステムの比較
 ・脱炭素化に関する再エネ開発、e-Fuelを含むCCUS、CCS等の世界の取り組みと将来展望

3. 脱炭素化に関する内燃機関の開発技術と将来展望
・最近話題になったSPCCI、可変圧縮比エンジンを始め、水噴射や副室燃焼等の今後の熱効率向上技術のロードマップ

4.各パワートレインの電動車の動向と特徴
・48VMHEV,HEV,PHEV, BEV, FCV(燃料電池車)等の電動車の特徴と動向、充電インフラの取り組み、FCV普及のための主要国のシナリオ

5.世界の主要な自動車メーカーの電動化戦略と異業種からの参入戦略

6.電動化、EV化による、既存製品への影響や注目すべき新規製品の動向

・イーアクスルやインホイールモータ、パワー半導体、熱マネージメント等

7.電動車(特にBEV)のキー技術である次世代車載用2次電池の今後の動向
・現在のリチウムイオン電池の課題や各メーカーの供給対応状況
・次世代電池である全固体電池、革新型電池等の今後の動向

8.質疑応答

■ご講演中のキーワード:

パワートレイン、CO2削減、電動化、脱炭素化(カーボンニュートラル化)、HEV、BEV、FCV、再生可能エネルギー

セミナー番号:AG2109N6

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.