サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
8月
9月
10月
2021年11月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
8月
9月
10月
2021年11月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/8/4更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

生体材料の適切な表面処理法、評価法から材料のタンパク質吸着性や細胞接着性まで丁寧に解説します!

生体適合性材料に求められる

表面特性とその改質技術


<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

名古屋大学 未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所 特任教授 博士(工学) 黒田 健介 先生


日時・会場・受講料

●日時 2021年10月12日(火) 10:30-16:30
●会場 会場での講義は行いません。
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

生体適合性向上のための表面処理技術(主としてウェットプロセス)について,セラミックス,ポリマーの表面処理技術も交えて解説する.さらに生体材料としてのin vitroならびにin vivo評価法(硬組織適合性,軟組織適合性,抗炎症性,抗菌性)についても実験結果を基に概説する.さらに最新の研究結果に基づいて,従来の表面処理法や評価法を振り返り,発想の転換により,金属,セラミックス,ポリマーという材質にとらわれない,これからの新しい生体材料開発の進むべき方向について解説する.上記内容に関連して,生体材料のタンパク質吸着性や細胞接着性についても説明する.この分野においては,いかに思い込みや迷信,拡大解釈が多いかを実感していただきたい.さらに,材料の工業的展開において,その表面の親水性・疎水性制御がその後の処理にどれだけ大きな影響をおよぼしているか,そして多くの人がそれに気づいていないかを認識していただきたい.

■この講座を受講して習得できること:
・金属系生体材料の表面処理技術
・セラミックス,ポリマーの表面処理技術
・湿式表面処理の前処理
・各種材料の親水性・疎水性の制御方法と生体材料・工業材料への展開
・生体材料の生体適合性評価法(in vitro,in vivo,硬組織適合性,軟組織適合性)
・生体材料のタンパク質吸着性や細胞接着性評価の結果の考え方

セミナー内容

1 イントロダクション
 1.1 コーティング技術と皮膜特性
 1.2 生体材料としての評価(in vitro,in vivo)
 1.3 その評価法で正しく生体適合性を評価できているか?

2 TiO2コーティング(ドライ,ウェット)
 2.1 コーティング技術と皮膜特性
 2.2 生体適合性に影響をおよぼす因子(in vivo)
  (皮膜製造プロセス,表面粗さ,皮膜中含有イオン)
 2.3 生体適合性物質は存在するのか?
 2.4 生体適合性材料の表面はどうあるべきか?

3 化学的材料表面特性と生体適合性(金属,セラミックス,ポリマー)
 3.1 表面にコーティング層を形成せずとも親水化・疎水化が可能か?
 3.2 材料表面の親水性,疎水性は何で決まるか?
 3.3 金属,セラミックス,ポリマー表面の親水化・疎水化
 3.4 表面親水性は維持できるか?
 3.5 親水性・疎水性表面インプラントの生体適合性
  (硬組織適合性,軟組織適合性,抗炎症性,抗菌性)
 3.6 親水性表面の工業的展開

4 材料の生体適合性とタンパク質吸着性,細胞接着性
 4.1 親水性表面・疎水性表面とタンパク質吸着性,細胞接着性
 4.2 細胞接着性タンパク質と細胞非接着性タンパク質
  (細胞接着に必要なタンパク質は何だろう)
 4.3 タンパク質吸着インプラント製造プロセスと生体適合性

<質疑応答>

セミナー番号:AG211087

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.