「塗布膜乾燥」セミナー:塗布膜乾燥、数理モデル、拡散方程式、拡散係数、蒸発速度、化学ポテンシャル、気液界面、緩和時間
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/4/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

〇数値シミュレーションの実際を概説し、塗布膜乾燥機構の本質をご説明します。
〇実際に扱う系の乾燥過程の理解および乾燥トラブル対策のヒントとなることを目指していきます。

塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策

<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

周南公立大学 福祉情報学部 教授 鏡 裕行 先生

講師紹介

■ご略歴:
東京大学理学部天文学科卒業、京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士課程修了、京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士後期課程研究指導認定の上退学(単位取得満期退学)、稚内北星学園大学情報メディア学部助手、名古屋短期大学保育科講師、藤田医科大学医学部准教授、徳山大学福祉情報学部教授 博士(工学)

■ご専門および得意な分野・研究:
理論物理学、情報科学、数理工学、地球科学
塗布膜乾燥機構、間欠泉の噴出機構、尿路結石症発症機構、動脈硬化症発症機構等の数理モデルによる研究

■本テーマ関連学協会でのご活動:
日本物理学会、日本温泉科学会、応用物理学会、情報処理学会、異文化間情報連携学会

日時・受講料

●日時 2022年6月17日(金) 10:30-16:30
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■はじめに
塗布膜の乾燥機構の解明は、様々な工学等の分野で求められている重要な課題である。塗布膜の乾燥においては、例えば乾燥後の膜厚分布が均一になることが求められるが、多くの場合、膜厚分布が均一にならず、また乾燥条件によって膜厚分布が変化することが経験的に知られていた。均一な乾燥後の膜厚分布を得るためには、塗布膜の乾燥過程の機構を解明することがまず必要で、その解明を経て、必要な制御を系に施すことにより、均一な乾燥後の膜厚分布を得るという目標へ近づくことになる。均質な膜分布を得る場合も同様である。また、乾燥後の様々な欠陥を克服する際にも、同様のプロセスが必要となる。
本講演では、塗布膜の乾燥工程の機構を解明するにあたり必要となる物理学的知識、考え方の講義から始めて、それらを基にした上記工程のモデル化の実際、およびその数値シミュレーションの実際を概説し、塗布膜乾燥機構の本質を理解する。また、これに基づいて様々な塗布膜不具合の原因を物理学的に考察する。そして、膜乾燥における様々なトラブル、欠陥、問題の克服と、膜厚分布の制御の方法について考察する。この講演が、今後参加者が実際に扱う系の乾燥過程の理解および乾燥トラブル対策のヒントとなることを目指す。

■ご講演中のキーワード:
塗布膜乾燥、数理モデル、拡散方程式、拡散係数、蒸発速度、化学ポテンシャル、気液界面、緩和時間

■受講対象者:
・ 塗布膜乾燥工程に従事する研究者、技術者
・ 塗布膜乾燥過程のトラブル解決にお悩みの方
・ 効率的に乾燥条件を設定したい方
・ 塗布膜乾燥機構を理解したい方

■必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:
・大学理工学部程度の物理学の基礎知識があることが望ましいが、必ずしも必須ではない。
・塗布膜乾燥工程に従事されている方は、課題を明確にして受講されると効果的である。

■本セミナーで習得できること:
・塗布膜乾燥機構の理解
・上記理解に基づいた各種乾燥工程における乾燥条件の適切な設定
・塗布膜乾燥工程における各種トラブルの原因の理解とその対処法
・より適切な塗布膜乾燥方法の提案

セミナー内容

1.塗布膜の乾燥工程の概要と課題
1. 乾燥させるとは?
・ 乾燥が進行する原理 1.1.2 乾燥を進行させる方法
2. レジスト塗布工程の例
・ 塗布方法 1.2.2 乾燥方法1.3 乾燥後に求められるもの

2.液体の理論
1. 液体の一般理論
・ 液体中の分子に働く力2.1.2 液体を固体から乱れた状態としてとらえる2.1.3 液体を気体論的に考える
2. 液体論からみた蒸発の理論
3. 液体の凝集力の起源
4. 液体の理論のモデルへの導入のポイント

3.溶液の理論
1. 溶液の一般論3.1.1 溶液とは 3.1.2 平衡状態の溶液の化学ポテンシャル3.1.3 非平衡状態の溶液の化学ポテンシャル
2. 高分子溶液の特徴
3. 溶液の理論のモデルへの導入のポイント

4.表面・界面の理論
1. 表面張力
2. 界面のぬれ
3. 界面のゆらぎ
4. 表面張力波と緩和時間
5. 表面・界面の理論のモデルへの導入のポイント

5.溶媒の蒸発速度の理論
1. 蒸発速度の式

6.溶液中の溶質・溶媒の動力学
1. 拡散方程式
2. 流体方程式
3. 揮発中という非平衡状態での動力学
・ 化学ポテンシャルからの拡散係数の導出(平衡系)6.3,2 化学ポテンシャルからの拡散係数の導出(非平衡系)

7.平坦な基板上に塗布された高分子溶液の揮発過程
1. レイリー数とマランゴニ数
2. 最もシンプルなモデル化
3. シンプルなモデルの改良
4. 精密なモデル
5. 数値シミュレーション結果の例
・膜厚分布の時間発展
・乾燥後の膜厚分布の乾燥速度依存性
・乾燥後の膜厚分布の塗布膜厚依存性
・乾燥後の膜厚分布の濃度の拡散係数依存性
・乾燥後の膜厚分布の溶媒の拡散係数依存性
・乾燥後の膜厚分布の固有粘性率依存性
・乾燥後の膜厚分布の蒸発潜熱依存性
・乾燥後の膜厚分布に対する高分子溶液特有の蒸気圧変化の効果
・液膜の表層と内部の乾燥の時間発展の違い

8.シミュレーション技術
1. 拡散方程式の解法8.2 流体方程式の解法

9.実験によるモデルの検証

10.モデルの発展

1. 3次元モデル
2. 溶質の種類が複数ある場合
3. 溶媒の種類が複数ある場合
4. 具体的な現象へのモデルの応用(様々なムラ等)
5. マランゴニ効果の考慮

11.膜厚制御の実際、今後
1. 様々なムラ等の制御の例
2. 端部の凹凸の制御の例1:温度管理
3. 端部の凹凸の制御の例2:気圧管理
4. 端部の凹凸の制御の例3:濃度管理

12.様々な形状への応用
1. 基板の側面への塗布の影響 
2. 球状体への塗布膜の場合

13.塗布膜の設計における留意点

セミナー番号:AG220646

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.