「他社特許分析」:セミナー、他社特許分析、特許、競合、分析、他社、自社,強化、戦略、特許権、知財
サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
7月
8月
9月
10月〜
情報機構 技術書籍情報機構 技術書籍
技術書籍 一覧技術書籍 一覧
   <新刊書籍>
  ・  CO2分離回収活用
  ・  バイオマテリアル
  ・  CN燃料最新動向
電子書籍電子書籍
化学物質管理化学物質管理
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2022/7/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom

〇他社の特許情報をどのように分析して事業に活用する方法を説明します。
〇分析結果を基に、特許権が独占権ではないこと考慮して、自社事業への影響を最小限に抑えるように知財戦略を立案し、その知財戦略に沿った自社事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略についてもお話します。

他社特許分析による事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略
〜知財業務のPDCAの仕方や知的財産コストの削減方法も解説〜


<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

IPP国際特許事務所 所長 弁理士 松下 昌弘 先生

講師紹介

多くの企業の知財業務に係わり、数々の成功する企業と失敗する企業の実態を目の当たりにする。その中で、成功している企業には、ある共通点があることを発見する。知財業務で「勝ち組企業」に変える知財戦略コンサルタント。各種協会、企業、大学でのセミナー公演200回以上

IPP国際特許事務所 所長
日本薬科大学 客員教授
日本弁理士会 会員、アジア弁理士会 会員
国際商標協会INTA会員
企業法務知財協会 会長
模倣防止協会会長

■学歴■
早稲田大学大学院理工学研究科 電気工学専攻

■実務経歴■
@ 直近6年で顧客5社が上場。上場準備中・上場後の知財業務支援
A 中堅企業の発明発掘(特許開発)業務を支援し、報告書件数を3倍アップ。また、特許出願戦略立案支援
B 中堅設計事務所(年商約120憶円)の知財部門立上支援
C 1部上場美容機器製造販売企業の知財部門立上支援
D 1部上場自動車部品メーカの明細書作成ガイドライン作成
E ジャスダック上場企業の国内・外国の知財権利化、中国模倣品取り締まり・訴訟対応業務
F 1部上場電子部品メーカの新人知財部員教育
G 2部上場企業親会社から子会社への知的財産売却に伴う価値評価業務
H 1部上場企業商標売却業務、非上場企業特許売却業務
I 1部上場メーカの特許評価業務、並びに出願戦略立案
J 2部上場企業発明評価基準策定、知財棚卸業務
K ITベンチャー企業の知財部門立ち上げ業務
L 国立大学のノウハウ管理業務支援
J外国知財コスト削減業務
K外国出願戦略立案支援業務

■主な著書・書籍■
『中国知的財産管理実務ハンドブック』(中央経済社 一部執筆)、知財紛争トラブル100選』(共著三和書籍 一部執筆)

■ご専門および得意な分野・研究:
 IT、システム、ビジネスモデル

日時・受講料

●日時 2022年8月31日(水) 12:30-16:30
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
 お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
 それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
 テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。


●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

セミナーポイント

■はじめに
 他社特許は自社の事業範囲を制約する可能性があり、その権利範囲によっては自社事業に大きな影響を及ぼすことがあります。そのため、事業・開発戦略を立てる上で早いタイミングで先行企業特許を正しく分析し、対応する必要があります。また、自社が先行企業の特許を回避した技術を開発した場合に、その開発技術をさらなる後発企業に模倣されないようにする必要があります。
 本講演では、他社の特許情報をどのように分析して事業に活用する方法を説明します。また、その分析結果を基に、特許権が独占権ではないこと考慮して、自社事業への影響を最小限に抑えるように知財戦略を立案し、その知財戦略に沿った自社事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略についてお話しします。
 さらに、知的財産コストの削減方法についてもお話しします。

■ご講演中のキーワード:
特許,競合,分析,他社,自社,強化,戦略,特許権,知財

■受講対象者:
研究・開発部門、事業部部門、知財部門等の実務担当者

■本セミナーで習得できること:
・自社事業に必要な他社特許情報を検索する仕方
・検索した特許情報を分析する仕方
・他社特許の弱みを特定する仕方
・他社特許分析結果を用いた知財戦略立案の仕方
・知財業務のPDCAの仕方
・他社特許分析結果を用いた強い特許網を作るための特許出願戦略立案の仕方
・知的財産コストの削減方法

セミナー内容

1. 他社特許情報の取得・分析方法
1-1. 他社特許分析・対策に必要な特許制度概要
1-2. 特許情報の種類と内容(事例あり)
1-3. 特許データベースの使い方(事例あり)
1-4. 自社事業に必要な他社特許情報の検索方法
1-5. 特許情報の読み方
1-6. 検索結果を用いた他社特許の分析

2. 他社特許情報の分析結果から、他社特許のリスクと弱みの特定方法
2-1. 他社特許のリスクの特定
2-2. 他社特許の弱みの特定

3. 他社特許情報を基にした知財戦略立案方法
3-1. 知財業務のPDCAの仕方
3-2. 他社特許の弱みに基づいたリスクへの対応
3-3. 先行企業の知財戦略
3-4. 後発企業の知財戦略

4. 他社特許情報を基にした出願戦略立案方法
4-1. 強い特許とは
 (1) 自社事業リスクとなる他社企業の特許網を破る・攻略するには
 (2) 自社の後発企業に対抗するための特許
4-2. 強い特許を生むための発明発掘・特許開発
4-3. 強い特許を生むための早期審査と審査官インタビュー

5. 知的財産コストの削減方法
5-1. 国内商標・特許のコスト削減方法
5-2. 外国商標・特許のコスト削減方法

セミナー番号:AG220866

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 技術セミナー・技術書籍の情報機構 All Rights Reserved.