サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
9月
10月
11月
2021年12月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
9月
10月
11月
2021年12月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/9/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

2日間参加 → 

1日目のみ参加 → 

2日目のみ参加 → 

○産学より4名の講師をお迎えし徹底解説!
○陸上養殖の基礎から好気的脱窒や地下海水を用いたシステム、
 ゲノム編集を用いた品種改良、コストや安全面の話題や様々な魚種の養殖事例まで。

陸上養殖 最前線【講師4名】

〜基礎から様々な技術・システム、

養殖事例、ビジネスチャンスまで〜

<Zoomによるオンラインセミナー・見逃し配信付>

講師

【1日目(10/21)】
株式会社ウィズアクア 技術顧問 延東 真 先生

近畿大学 水産研究所 教授 家戸 敬太郎 先生

【2日目(10/22)】
東海大学 海洋学部 水産学科 教授 秋山 信彦 先生

日本特殊陶業株式会社 ビジネスクリエーションカンパニー
ビジネス開発本部 副参事 竹廣 洋児 氏

講師紹介

※本ページ下部に記載。


日時・受講料

●開催日時
1日目 2021年10月21日(木) 13:00-16:15
2日目 2021年10月22日(金) 13:00-15:45
*途中、小休憩を挟みます。

●受講料

『10/21、10/22両日受講』の場合(おススメ!)
 1名64,900円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき53,900円

『10/21のみ受講』の場合
 1名46,200円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,200円

『10/22のみ受講』の場合
 1名40,700円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,700円

※本講座は「見逃し配信あり」のみのコースになっております。

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
本講座を申込みされた方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合でも、受講料の返金は致しかねますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」

ご講演プログラム

★10/21 第1部13:00-14:30 株式会社ウィズアクア 延東 真 先生ご講演
 『陸上養殖の基礎から、好気的脱窒を用いた完全閉鎖循環式陸上養殖システム』

■はじめに:
 海面養殖と比較した陸上養殖の特徴と長所、従来の閉鎖循環式陸上養殖システムと完全閉鎖循環式陸上養殖システムの違い、好気的脱窒の原理と完全閉鎖循環式陸上養殖システム、完全閉鎖循環式陸上養殖とその利用などを解説する。

■ご講演中のキーワード:
陸上養殖、好気的脱窒、泡沫分離、安全安心、漁場汚染、魚病

■本ご講演で習得できること:
・海面養殖と陸上養殖のそれぞれのメリットとデメリット
・好気的脱窒の原理と応用
・完全閉鎖循環式陸上養殖システムの原理
・完全閉鎖循環式陸上養殖システムを使った様々な試みと経済的側面
・陸上養殖の将来と水産と福祉の連携や漁業の六次産業化

■ご講演目次

1.海面養殖と陸上養殖
 1)海面養殖と水質汚染、食品としての安全性、魚病
 2)掛け流し式と従来の閉鎖循環式陸上養殖
 3)完全閉鎖循環式陸上養殖

2.完全閉鎖循環式陸上養殖システム
 1)陸上養殖における飼育水の浄化
 2)好気的脱窒と泡沫分離の原理とメリット

3.完全閉鎖循環式陸上養殖システムを使った養殖
 1)成長と品質、安全安心、水質汚染
 2)完全閉鎖循環式陸上養殖システムを使った養殖の収支

4.閉鎖循環式陸上養殖の将来
 1)様々な試みと可能性(成長、成熟、生残率、アクアポニクス、混養)
 2)福祉との連携
 3)漁業の六次産業化

<質疑応答>


★10/21 第2部14:45-16:15 近畿大学 家戸 敬太郎 先生ご講演
 『マアナゴおよびサクラマスの陸上養殖とマダイのゲノム編集』

■はじめに:
 陸上養殖の基礎および魚種選定のポイントをサクラマスおよびマアナゴを例に紹介し、マダイにおけるゲノム編集技術の応用について解説する。

■ご講演中のキーワード:
陸上養殖、サクラマス、マアナゴ、マダイ、ゲノム編集、品種改良

■本ご講演で習得できること:
陸上養殖の基礎知識、魚種選定のポイント、養殖魚の品種改良、ゲノム編集技術の応用例

■ご講演目次
1.マアナゴおよびサクラマスの陸上養殖
 1)陸上養殖の基礎知識と課題
 2)陸上養殖の事例
  a) マアナゴ
  b) サクラマス

2.養殖魚の品種改良
 1)品種改良の現状
 2)ゲノム編集
  a)ゲノム編集技術の概要
  b)マダイのゲノム編集
  〜生産コストを抑えて食べられる部分を増やす〜

<質疑応答>


★10/22 第1部13:00-14:30 東海大学 秋山 信彦 先生ご講演
 『地下海水を利用した陸上養殖』

■はじめに:
 現在では,海面での小割養殖や,陸上での地先海水の掛け流し養殖が主流である.また,環境配慮型養殖としての閉鎖循環濾過による養殖も普及しつつある.陸上での養殖の場合には排水を処理することで環境への負荷を低減できることや寄生虫症を防げるメリットがある一方で,コストがかかることが問題となっている.この様な中,年間を通して温度が一定の地下海水が取水できる地域がある.この地下海水を利用した掛け流し養殖をすることで地先海水利用と同等で温度調整コストをかけずに生物の飼育が可能である.今後SDGsを達成目標として特に生態系サービスを持続的に受けられるように配慮した養殖が求められるようになる.ここでは環境を配慮した地下海水を利用した陸上養殖の特性と,適した魚類について解説する.

■ご講演中のキーワード:
地下海水・陸上養殖・掛け流し・閉鎖循環・アワビ・カンパチ・カワハギ・サーモン類・寄生虫フリー

■本ご講演で習得できること:

・様々な養殖技法
・地下海水利用養殖のメリット(コスト面・安全面)
・静岡での地下海水利用養殖例
 →アワビ・トラフグ・カンパチ・カワハギ・サーモン類
・水素吸蔵合金を利用した温調システムによる閉鎖循環濾過
など

■ご講演目次
1.養殖の方法
 1)海面養殖と陸上養殖のメリットデメリット

2.地下海水の優位性
 1)地下海水の特性
 2)地下海水の利点と問題点

3.地下海水を利用した養殖の実施例
 1)アワビ&トラフグ
 2)クロマグロの可能性
 3)ぶり類の畜養
 4)カワハギ養殖の特性
 5)サケ科魚類
 6)寄生虫症にならない地下海水掛け流しによる陸上養殖に適する魚類

4.閉鎖循環での養殖研究
 廃熱を利用した温調システム:MH冷水製造システムを利用したサツキマス養殖

<質疑応答>


★10/22 第2部14:45-15:45 日本特殊陶業株式会社 竹廣 洋児 氏ご講演
 『センシング技術を活用した陸上養殖システムと将来構想』

■はじめに:
 漁獲量の減少や人口増加、海洋環境の汚染等を背景に、陸上養殖への期待が高まっています。日本特殊陶業では、魚や飼育に知見がない新規参入者でも養殖を行うことができ、かつ、養殖事業者に利益がでることが陸上養殖普及の鍵と考えています。
 今回のセミナーでは、自動車の排気ガスセンサーで培ったセンシング技術を切り口とした独自の陸上養殖システムの特徴と将来構想をご紹介いたします。

■本ご講演で習得できること:
・閉鎖循環式養殖システムの魅力と留意点について
・水質データによる設備制御の重要性と、その効果について

■ご講演目次
1.水産業を取り巻く環境変化と閉鎖循環式養殖市場

2.水質のセンシングとデータ活用
 1)窒素系成分の測定と水質コントロール
 2)データ蓄積・分析による継続的な改善

3.養殖ラボでの取り組み紹介
 1)複数水準での飼育試験と最適飼育条件の検討
 2)養殖事業者の事業収支の検証
 3)水質変化と連動する設備制御の実験

4.陸上養殖システムの製品化と将来構想

<質疑応答>

講師紹介

【1日目(10/21) 第1部 延東 真 先生プロフィール】

■ご略歴:
東京海洋大学退職後、名誉教授、株式会社ウィズアクアおよび株式会社プレスカ顧問

■ご専門および得意な分野・研究:
魚介類の養殖学、魚病学、水質汚染

■本テーマ関連学協会でのご活動:
日本水産学会

【1日目(10/21) 第2部 家戸 敬太郎 先生プロフィール】

■ご略歴:
1967年12月 大阪府東大阪市生まれ
1990年3月 近畿大学農学部水産学科卒業
1992年3月 近畿大学大学院農学研究科修士課程修了
1993年4月 近畿大学水産研究所助手
2002年4月 近畿大学水産研究所講師
2006年4月 近畿大学水産研究所助(准)教授
2014年4月 近畿大学水産研究所教授(現在まで)
 近畿大学水産研究所富山実験場長(現在まで)
2016年4月 近畿大学水産研究所白浜実験場長

■ご専門および得意な分野・研究:
・専門分野:水産増殖学
・研究内容:海水養殖魚の品種改良,養魚用飼料,新養殖魚種など海水魚の養殖に関する実用的な研究を幅広く行っている。

■本テーマ関連学協会でのご活動:
日本水産増殖学会 評議員
NPO法人 持続可能な水産養殖のための種苗認証協議会 理事
所属学会 日本水産学会 日本生物工学会 マリンバイオテクノロジー学会
日本分子生物学会 日本動物遺伝育種学会 日本ゲノム編集学会

【2日目(10/22) 第1部 秋山 信彦 先生プロフィール】

■ご略歴:
1985年 日本大学農獣医学部水産学科卒業
1994年 東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻博士課程修了
1994年 東海大学海洋学部水産学科助手
2006年 同大学同学部同学科教授
現在に至る.

■ご専門および得意な分野・研究:
水産増殖学,水族の繁殖育成

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・日本水産学会
・日本水産増殖学会

セミナー番号:AI211030

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.