サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
11月
12月
1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
11月
12月
1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2021/11/16更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



Zoom見逃し視聴あり

(オンライン)1月17日のみ参加/見逃視聴なし → 

(オンライン)1月17日のみ参加/見逃視聴あり → 


(オンライン)両日参加:1月17日見逃視聴なし/1月18日見逃視聴なし → 

(オンライン)両日参加:1月17日見逃視聴あり/1月18日見逃視聴なし → 


★CFRPからの炭素繊維の各種回収技術から、その再利用技術まで!
 カーボンニュートラルの観点からも注目のCFRPリサイクルの最新動向を解説します!

<国内外における>

炭素繊維・CFRPリサイクル

技術動向と課題

<Zoomによるオンラインセミナー:見逃し視聴有>

講師

溶解技術(株) 代表取締役
名古屋大学 客員教授 博士(工学)  柴田 勝司 先生

*簡単なご略歴:

 元 日立化成(株)

1月18日『飛躍するプラスチックのケミカルリサイクル』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2022年1月17日(月) 10:30-16:30
●会場 会場では行いません
●受講料
 :『炭素繊維・CFRPリサイクル(1月17日)』のみお申込みの方
  『(見逃し視聴なし):』のお申込みの場合
   1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
  『(見逃し視聴あり):』のお申込みの場合
   1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 :『プラスチックケミカルリサイクル(1月18日)』と合わせてお申込みの方
    *見逃し視聴は1/17 炭素繊維・CFRPリサイクルセミナーのみ実施です。
     1/18 プラスチックケミカルリサイクルのセミナーは、見逃し視聴はございません。

   (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  『(1/17セミナーの見逃し視聴なし):』にてお申込みの場合
   1名67,100円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき56,100円
  『(1/17セミナーの見逃し視聴あり):』にてお申込みの場合
   1名72,600円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円
  ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前〜前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
 無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
●受講に際しご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。 req@johokiko.co.jp

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

下記ご確認の上、お申込み下さい(クリックして展開「▼」:一部のブラウザーでは展開されて表示されます)
・PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
 各ご利用ツール別の、動作確認の上お申し込み下さい。
・開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。開催前日(営業日)の12:00までにメールが届かない場合は必ず弊社までご一報下さい。
・その他、受講に際してのご質問・要望などございましたら、下記メールにてお問い合わせ下さい。
 <req@johokiko.co.jp>

Zoom
Zoomを使用したオンラインセミナーとなります(クリックして展開「▼」)
・ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
 お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
 → 確認はこちら
 *Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
 →音声が聞こえない場合の対処例

・Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
 →参加方法はこちら
 →※一部のブラウザーは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります、
   必ずテストサイトからチェック下さい。
   対応ブラウザーについて(公式);コンピューターのオーディオに参加に対応してないものは音声が聞こえません

見逃し視聴あり
申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です。
(クリックして展開「▼」)
・原則、開催5営業日後に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
・視聴可能期間は配信開始から1週間です。
 セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
 尚、閲覧用URLはメールでご連絡致します。
 ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
 (見逃し視聴あり)の方の受講料は(見逃し視聴なし)の受講料に準じますので、ご了承下さい。

 →こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」


セミナーポイント

 これまで炭素繊維強化プラスチック (CFRP) は,軽量化による燃費の大幅な向上が期待される航空機に使われてきた.2010年代に入ってからは,様々な電子機器を装備した高級車や,大量の蓄電池を積んだ電気自動車などの軽量化のためにも使われるようになった.その結果,炭素繊維(CF)は最近5年間で約2倍の生産量となり,それに伴って使用済みCFRPおよびCF生産工程廃材も大幅に増加している.
 また,CFを用いた輸送機器は軽量化でき燃料は節約できるが,CFを製造する際には長時間高温で焼成するため,多量のエネルギーを必要とし,環境影響評価 (LCA) の結果では環境によい材料ではないとされる.長距離を走る商業用輸送機器でのみ効果が得られるという東京大学の高橋らの試算がある.その対策としては,使用済みの輸送機器から回収したCFを,同種の輸送機器に再利用することが最良の方法としている.
 本講演では,国内並びに国外におけるCFRPのリサイクル技術の最新動向を紹介する.

○受講対象:
 ・CFRPの研究開発に携わっている方
 ・複合材料のリサイクル事業を行いたいと思っている方
 ・CFRPの低コスト化のためにリサイクルCFの利用を考えている方

○受講後、習得できること:
 ・CFRPリサイクル技術の世界的な技術動向
 ・CFRPからCFを回収する技術
 ・回収したCFの加工技術
 ・回収したCFの製品適用技術

セミナー内容

1. 緒言
  ・炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の出荷量
  ・CFRPの用途
  ・ボーイング787に使われている材料
  ・PAN(PolyAcryloNitrile)系CFの製造法
  ・CF製造時のエネルギーとCO2排出量
  ・CF廃材の種類
  ・CFRP廃材のリサイクルに適用可能な技術
  ・各種CFRPリサイクル技術の比較

2. 国内のCFRPリサイクル技術
 2.1 マテリアルリサイクル

  ・ACA-空気流によるCF回収技術
 2.2 熱分解法
  ・炭素繊維協会-実証プラント
  ・東レ-省エネルギ−熱分解法
  ・三菱レイヨン-省エネルギ−熱分解
  ・三菱ケミカル-省エネルギ−熱分解
  ・高安-前処理なし
  ・カーボンファイバーリサイクル工業-省エネルギ−熱分解
  ・リーテム,富士加飾-自動制御システム
  ・ファインセラミックスセンタ−-水蒸気分解
 2.3 超臨界流体法
  ・静岡大 岡島准教授-亜臨界流体
  ・熊本大(現名大)-後藤教授-亜臨界アルコール
 2.4 加溶媒分解法
  ・東京工大 久保内教授-硝酸
  ・大阪府立大-酸
  ・産総研,東邦テナックス-液相分解
  ・アースリサイクル-グリコール
  ・日立化成-アルコール
 2.5 その他の回収技術
  ・八戸高専 杉山教授-電解酸化法
  ・成蹊大-電解酸化法
  ・信州大 水口特任教授-半導体分解法
  ・埼玉産技セ-CFRTPの有機溶剤溶解法
 2.6 再利用技術
  ・愛媛大,東レ-コンクリート
  ・JAXA-航空機部品
  ・阿波製紙(株)-CF製紙
  ・三菱重工-再生CFRTP評価

3. 海外のCFRPリサイクル技術
 3.1 マテリアルリサイクル

  ・HADEG Recycling (DE)-CF生産工程廃材
  ・Procotex (BE)-CF生産工程廃材
  ・Sigmatex (GB)-CF生産工程廃材
  ・Hexcel Reinforcements UK Ltd. (GB)-CF生産工程廃材
  ・Carbon Fiber Remanufacturing LLC (US)-CF生産工程廃材
  ・Fiberline Composites (DK)-CFRP工程廃材
  ・Airbus (FR)-航空機
  ・ROTH International (DE)-各種製品
 3.2 熱分解法
  ・Karborek (IT),ENEA (IT)
  ・ELG Carbon Fibre Ltd. (GB)
  ・Carbon Conversions Inc. (US)
  ・REFORM (EU)-Re-Fib法
  ・Aachen Univ. (DE)-残留炭素除去
  ・Univ. of Concepcion (CL)-CNT付加
  ・Alpha Recyclage Composites (FR), Toulouse Univ.(FR)-水蒸気分解
 3.3 超臨界流体法
  ・The Univ. of Nottingham (GB)-超臨界プロパノール
  ・Harbin Inst. Of Tech. (CN)-超臨界水
  ・Vartega (US)-超臨界CO2
  ・Cranfield Univ. (GB)-亜臨界アセトン/水
  ・Washington State Univ. (US)-亜臨界水orエタノール
  ・Korea Inst. Of Sci. & Tech. (KR)-超臨界水
 3.4 加溶媒分解法
  ・Adherent Technologies, Inc. (US)-溶媒不明
  ・Advanced Plastics Technologies, Ltd. (GB)-酸,塩基
  ・Siemens (DE)-アミン
  ・寧波材料技術與工程研究所 (CN)-DMF/H2O2
  ・中国科学院大学 (CN)-AlCl3/酢酸
  ・The Boeing Company (US)-各種溶媒
  ・Shocker Composites (US)-プリプレグ,インライン
  ・Indian Inst. Of Tech. Madras (IN)-酢酸/H2O2
  ・Global Fiberglass Solutions (US), Washington State Univ.(US)-エタノール,水
  ・Nuremberg Inst. Of Tech. (DE)-NMP→H2O2
  ・Catack-H (KR)-水+?
  ・Korea Inst. Of Sci. and Tech.(KR)-水
  ・Korea Inst. Of Sci. and Tech.(KR)-水+界面活性剤
 3.5 その他の回収技術
  ・Vetrotex France S.A. (FR)-溶媒洗浄法
  ・DaimlerChrysler AG, (DE)-高周波分解法
  ・Shenzhen Univ. (CN)-電気分解法
  ・Shenzhen Univ. (CN), Univ. of Manchester (GB)-電気分解法
  ・Kunming Univ. of Sci. and Tech. (CN)-高周波分解法
  ・Fraunhofer Institut fur Chemische Technologie ICT (DE)-高周波分解法
 3.6 易分解樹脂
  ・オランダ応用科学研究機関(TNO)(NL)-Diels-Alder反応を利用した樹脂
  ・Mallinda (US) /Univ. Colorado Boulder (US)-新規ポリイミン
 3.7 再利用技術
  ・Imperial College London (GB)-評価技術
  ・North Carolina State Univ. (US)-評価技術
  ・CFK Valley (DE)-航空機部品
  ・SGL ACF/BMW (DE)-自動車部品
  ・Triumph Composites Systems (US),Washington State Univ.(US)-航空機部品
  ・Steelhead (US), Vartega (US), Michelman (US)-圧力容器
  ・Composite Recycling Technology Center (US)-パドル
  ・Composite Recycling Technology Center (US)-ベンチ
  ・Composite Recycling Technology Center (US)-合板
  ・Composite Recycling Technology Center (US),ELG Carbon Fibre Ltd. (GB),
   Inst. For Advanced Composite Manufacturing Innovation (US)-シートバック
  ・Dell (US), SABIC (SA) -ノートPC筐体
  ・Boeing (US), ELG Carbon Fibre (GB)
  ・Adesso Advanced Materials Wuhu Co., Ltd. (CN)-自動車部品
  ・Vartega (US), Janicki Industries (US)-航空機部品
  ・Vartega (US), Janicki Industries (US)-航空機部品
  ・Composite Technology Center (DE),Airbus (FR)
  ・Alchemy Bicycle Co (US), Vartega Inc.(US)
  ・Fraunhofer ICT (DE)-電池セパレータ
  ・Vartega (US), Braskem (BR)-CF強化PP3Dフィラメント
  ・IPC/CReCoF (FR)-複合材料リサイクルガイドブック

4. 結言
 (1) 結論
 (2) 今後の技術課題


  <質疑応答>

セミナー番号:AI220161

top

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.