FMEA/FTA セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


FMEA・FTA(11月12日)のみ参加↓

FMEA・FTA(11月12日)/未然防止・再発防止(11月13日)両日参加↓

FMEAFTAを基本から体系的に理解し、もっと上手く活用できるように!
 手法のコツを理解し、形骸化させない、効果的な進め方を学習します!
FMEA/FTAを活用した未然防止・再発防止活動の習得には、翌日(11月13日)のセミナー「未然防止・再発防止」とのセット受講をお勧めします。

FMEA/FTA

基礎進め方のコツ

講師

D-Tech パートナーズ 代表  原田 文明 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

*ご略歴:
 1982年 富士ゼロックス入社、信頼性管理部門で開発商品の信頼性管理、信頼性評価及び試験、加速試験法・解析手法,信頼性予測手法開発に従事。設計段階で信頼性予測・技術支援をへて、部品信頼性評価業務を統括。設計・仕入先での信頼性技術指導、試験法・評価法の開発、設計確認方法の開発や海外クライアントとの調整業務および海外生産拠点の品質マネジメントやガバナンス体制の見直しに従事。また、IEC TC56(ディペンダビリティ)委員として各種国際規格の策定とJIS化に参画。FMEA規格の改訂や加速試験、RSSなどのプロジェクトメンバーとして活動。
 2010年より富士ゼロックスアドバンストテクノロジー(株)で品質保証&安全環境評価部長として品質保証システムおよび安全環境評価業務を統括。
 2014年に定年退職。同社シニアアドバイザーを経て、2019年よりコンサルタント
 現、D-Techパートナーズ代表

*本テーマ関連のご活動:
 日本品質管理学会、日本信頼性学会、IEC TC56専門委員、JIS制定委員
 IEC国際標準制定プロジェクトメンバー(加速試験、信頼度成長、FMEA、FTA他)
 東京理科大学非常勤講師(信頼性工学)東京都信頼性研究会アドバイザー
 IEC TC56 専門委員及びWG2(信頼性技法)主査、同規格立案Pチームメンバー
 東京都信頼性研究会アドバイザー、東京理科大学非常勤講師(信頼性工学)
 日本品質管理学会会員、日本信頼性学会会員、電子情報通信学会会員、JEITA信頼性用語委員会オブザーバ 他

→このセミナーを知人に紹介する

11月13日 『未然防止・再発防止の進め方とFMEA/FTAの活用』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2019年11月12日(火) 10:30-17:00
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館4階410 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『FMEA・FTA(11月12日)』のみのお申込みの場合
  1名44,000円 + 税、(資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき34,000円 + 税

『未然防止・再発防止(11月13日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名67,000円 + 税、(資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき57,000円 + 税⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります
※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 FMEA/FTAは設計審査や信頼性設計に欠かせない手法なのですが、「何の役に立つのか分からない!」「設計するのに、こんな解析必要なの?」「手間が掛かりすぎ!」と感じる人は多いようです。また、導入してみたものの、十分な効果を得ることができず、形骸化しているケースもよく見られます。
 FMEA/FTAをもっと上手く活用して品質・信頼性を改善し、設計を効率よく進めるにはどうしたらよいのでしょうか?
 品質・信頼性向上には、自社の製品に求められる信頼性を明確にしたうえで、多くの知識を集め、不具合を予測して設計することが大切です。FMEA/FTAも、ただ型通りに作るのではなく、信頼性を設計する道具として設計に役立てることが大事です。そのためには手法のコツを理解し、解析に必要な設計情報を充実させることが欠かせません。
 この講座では、品質保証の必要性を再確認し、そのためのFMEA/FTAの活かし方について演習を通じて、信頼性の設計に役立てるためのコツを理解してもらうことを狙っています。

○受講対象:
 ・製品開発に携わる設計者、管理者
 ・市場や開発段階での不具合・品質トラブルにお困りの方
 ・品質保証や品質管理、信頼性管理の推進でお困りの方
 ・設計活動の効率化に携わっている方
 等

○受講後、習得できること:
 ・品質保証や信頼性の基礎知識
 ・FMEA/FTAの原理と基本
 ・信頼性設計の進め方とFMEA/FTAのポイント
 ・解析の手順や活用の方法
 等

セミナー内容

1.品質保証と総合信頼性
 1.1 いまさらながら、品質保証が必要なわけ
 1.2 信頼性の特徴と設計で決まる理由
 1.3 信頼性からディペンダビリティ(総合信頼性)へ
 
2.信頼性の管理と予測の役割
 2.1 信頼性の管理と設計審査
 2.2 なぜ予測が必要となるのか
 2.3 故障の概念と発生メカニズム

3.FMEA/FTAの基本と体系的な理解
 3.1 信頼性設計とFMEA/FTA (製品開発の何処で行う?)
 3.2 FMEA/FTAの原理と基本
 3.3 製品の分解〜信頼性ブロックと機能ブロック
 3.4 やらない理由/やりたくない理由と出来る事/出来ない事
 3.5 FMEA/FTAが有効な理由と形骸化する理由

4.FMEAの基本と進め方のコツ
 4.1 故障と故障モード
 4.2 FMEAの準備とリソース
 4.3 FMEAの基本ステップ
 4.4 故障モードの抽出とその影響解析 
 4.5 FMEAシートと解析のポイント
 4.6 FMEAで出来る事、出来ない事(弱点/限界)

5.FTAの特徴と解析のポイント
 5.1 FTAの準備(頂上事象とシステムの理解)
 5.2 特性要因図や系統図とFT図の違い
 5.3 FT図の作り方とそのコツ
 5.4 FT図の見方のポイント
 5.5 設計改善に繋げる解析の着目点
 5.6 FTAで出来る事、出来ない事(弱点/限界)

6.FMEA/FTAの活用(演習有り)
 6.1 2つの手法の使い分け
 6.2 必要なメンバーとその役割
 6.3 必要な情報の確保
 6.4 安全確保の指針(厚生労働省)でのガイド

参考 FMEA/FTAの国際規格とその概要

  <質疑応答>

FMEA・FTA(11月12日)のみ参加↓

FMEA・FTA(11月12日)/未然防止・再発防止(11月13日)両日参加↓

セミナー番号:AT191161

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.