【出版物】技術セミナー,専門書,通信教育講座なら情報機構

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/1/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


乳化・エマルション

seminar書籍

新刊図書

2019年
10月
【頻出Q&A付!】 分散技術の実務〜理論・分散剤・分散機・評価・各種分散のポイントまで〜
分散技術を幅広く網羅!分散でお困りの方、これから分散に携わる方等 「分散」に関わるすべての方へ

新刊以外の書籍はこちらから

セミナー


【2020年1月】
1月24日
メタゲノミクス−腸内細菌叢のメタゲノム解析技術とヒト常在菌の最新研究動向−
★本研究最新動向を踏まえた実際の研究現場、データ解析手法、医療の新展開、ビジネス展開とは?


【2020年2月】
2月6日
1日速習!「塗料・塗膜」入門〜塗料原料から、塗膜の形成・評価・不具合劣化対策まで〜
講師:ステンレスペイント有限会社 長尾 五郎 様
 *元・日本ペイント株式会社 技術部長

2月6日
乳化・分散の基礎と攪拌操作および高速攪拌機のスケールアップ〜ファンケル美健千葉工場 見学付きセミナー〜
「乳化・分散を基礎から勉強したい!」「攪拌やスケールアップの考え方を詳しく知りたい!」「この技術がどのように利用されているか、実際に工場を見たい!」などのご要望をお持ちの特に化粧品業界の方におすすめのセミナー。好評につき2回目の開催!!講師と一緒に見学して乳化・分散の基礎から応用まで理解を深めましょう!

2月20日
界面活性剤の基礎と実践〜可溶化・乳化・泡のメカニズムと最新の評価・解析方法〜
講師:奈良女子大学 研究院自然科学系化学領域 教授 吉村 倫一

2月26日
界面活性剤系の物理的な理解〜構造形成と運動状態など、中性子散乱による解析でわかること〜
「界面活性剤に詳しくなりたい!」「界面活性剤について物理学的に理解したい!」「中性子散乱からわかる構造変化が知りたい!」中性子散乱による解析で、界面活性剤を物理学的に理解するセミナーです!!基礎から解説するので、難しく感じる方でも安心して受講可能!


【2020年3月】
3月16日
(化粧品及び医薬部外品における)処方情報管理システムの考え方−社内システム構築、システム開発を委託する際に考えておかなければならない事項−
★処方情報をシステム管理しましょう!研究職、研究管理・薬事・情報システム部門、システム開発企業の方々、必聴です!

3月16日
「泡」 の発生・消滅・安定化メカニズムと評価・コントロール技術
★起泡・消泡現象及びその影響因子の理解と、その実際の発生/消滅/泡質制御ノウハウまで!

3月17日
油性ゲル化剤・増粘剤の作用機構と化粧品・食品・医薬品への活用−製品物性の制御・品質トラブル解決や新製品開発へのヒント−
★最適なゲル化剤・増粘剤の選択へ!(各種ゲル化剤の得意・不得意とは?)よく起きるゲル製品トラブルへの対応!(その原因と課題解決策とは?)新規ゲル化剤・増粘剤および製品開発へ!(既存ゲル化剤・増粘剤等から学ぶヒントとは?)

3月17日
ダブルネットワークゲルをはじめとした機能性ハイドロゲルの作製技術と特性制御及び応用展開
★ハイドロゲルの強度・潤滑性・成型性・接着性等、応用に向けた各種課題を解決します!

3月24日
数値流体力学(CFD)入門〜流体力学の基礎、CFDの実施方法、実利用のためのソフト・ハードウェアから解析事例まで〜
講師:株式会社数値流体力学コンサルティング 川村 隆文 先生

★「流体」が関わるあらゆる分野で活用されている数値流体力学(CFD)について解説!
★CFDの導入を検討している、CFDを導入したものの期待したような成果が得られていないという方、是非受講ください!

3月25日
“泡”の上手な作り方・消し方と高機能化−界面活性剤と添加剤の選び方
★界面活性剤の的確な物性予想をするために、さまざまな指標を使いこなしましょう。泡を起こす・起こさない、消す・消さない技術、泡の状態分析と評価法のポイントとは?泡研究の最新情報、ヒット商品の処方解析を解説。

top

書籍

発刊
タイトル
2016年
4月
食品包装及び化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント
国内外における食品包装及び化粧品包装の法規制の最新動向をまとめてご紹介するものである。包装材料メーカーの目的は、安全性を顧客に適切に説明し、結果的に顧客の安心を得ることにある。安全規格の国際的な現状の理解と品質保証推進にお役に立てば幸いである。
2016年
1月
ナノ粒子の表面修飾と分析評価技術
〜各種特性を向上するためのナノ粒子表面関連技術とその評価〜
各種修飾技術・分散性の向上・機能性の向上・表面修飾状態評価・現場で使える簡便なナノ粒子表面分析等、ナノ粒子機能性向上を目指す表面関連技術・分析評価技術の決定版!

2015年
11月
6000人に教えた 図解レオロジー入門
 レオロジーを測定するという現象論的レオロジーの入門書として図解で理解できるように簡便にまとめた資料であり、読み込むというのではなく眺めてゆくことでレオロジーの基本的な知識を得られるようにした

2015年
7月
エマルションの科学と実用乳化系の特性コントロール技術
★従来複雑で難解とされていた実用系の乳化の機構が明らかに!
長年産業分野で乳化関連製品の開発研究に携わってきた筆者の経験を基にした、基礎理論と応用のギャップを埋められる実用書です!

2014年
9月
粒子分散技術の基礎と実務
〜粒子分散度と分散安定性・分散液特性・分散プロセス・分散剤・分散機〜
本書では粒子分散技術に関わる粒子分散度、分散安定性、分散液特性、分散プロセス、分散剤、分散機について、わかりやすく解説する。

2012年
12月
<具体現象を挙げた>
泡の制御(起泡・消泡)と安定性向上技術、および泡の評価技術
<安定性向上> <泡の評価方法> <具体例>これらをキーワードに、起泡や消泡等、「泡の制御」をテーマに考察した一冊!

2011年
8月
<水系・溶剤系対応> 界面活性剤の基礎知識と分散剤の選定例
■分散剤の選定方法・粒子形状に応じた分散剤の選択基準
 ・水系/溶剤系での分散剤の選定ポイント
 ・実例⇒分散剤の使い方を間違ったため、分散が旨くいかなかった現象・対応策

2010年
3月
マイクロリアクタによるプロセス革新と環境負荷低減

2009年
9月
塗料・インクにおける溶液物性の基礎とその制御・評価
◎ 各種パラメータの理解と塗料設計への活用法
◎ 各種添加剤の役割、作用機構とその使用方法

2009年
6月
樹脂の水系化/水性化技術〜実製品での問題点改善と要求品質の確保〜

2009年
3月
<分野/材料別>造粒事例と頻出Q&A集
造粒時に必ず直面する問題/課題(160問以上)に対し、図表も交え分かりやすく簡潔にまとめた回答集。
各分野の造粒事例やトラブル例を収載。経験に最新情報を織り交ぜ完成した、造粒・粉体関係者の必読書!

2008年
9月
【分野別】ゼータ電位利用集
〜基礎/測定/解釈・濃厚/非水系・分散安定等〜
★ゼータ電位の利用例や制御方法を <材料> <プロセス> <分野> ごとに多角的解説。
[ライオン] [旭硝子] [日本ペイント] [大日本印刷] [TDK] [大塚製薬] [雪印乳業]・・・
⇒多岐に渡る企業での利用例を充実掲載!

2007年
3月
溶解性パラメーター適用事例集
〜メカニズムと溶解性の評価・計算例等を踏まえて〜

2006年
12月
撥水・親水・防汚剤の開発とコーティングおよびぬれ性の制御

2006年
7月
化粧品大全〜各工程における留意点・ノウハウ集〜

2005年
3月
SP値(溶解度パラメータ)基礎・応用と計算方法

top

セミナー収録DVD

発行
タイトル

2009年
8月
クリーンルーム作業者が知っておくべき必須知識と日常作業・管理上の留意点



検索キーワード:セミナー 書籍 界面 乳化 エマルション サスペンション 界面活性剤 あわ コロイド

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.