システム要件定義 仕様書 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○要件定義における「ユーザ」と「ベンダ」の役割分担とは?
○IT導入を目指すユーザ組織・担当するベンダ企業など対象として,
 トラブルなく進める方法を「ワークショップ」も含めて丁寧に解説します。

IT紛争に学ぶ、
システム要件定義仕様書作成のポイント

講師

シーエヌアイアイティアドバイザリサービス 代表 細川義洋 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
 日本電気ソフトウェア株式会社(現NECソリューションイノベータ)にて金融業向け情報システム及びネットワークシステムの開発・運用に従事した後、日本アイ・ビー・エム株式会社では、ITコンサルタントとしてシステム開発・運用の品質向上や企業のIT戦略立案の支援を行う。また、東京地方裁判所においてIT紛争を担当する民事調停委員、専門委員も務めた。
 現在は、政府CIO補佐官としてデジタルガバメントの推進やIT化による行政改革などに取り組む傍ら、ITプロジェクトに関する著述、講演、研修等を行っている。

■専門および得意な分野・研究
IT関連法務、ITの要件定義・RFI・RFP、品質改善、オープンデータおよび政府系システム開発 他

■主な著書
・ある日突然AIがあなたの会社に:マイナビ出版(2018年)
・システムを「外注」するときに読む本:ダイヤモンド社(2017年)
・成功するシステム開発は裁判に学べ!:技術評論社(2017年)
・紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得【契約・費用・法律編】 (2017年)
・紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得【提案・開発・プロジェクト管理編】(2017年)
・プロジェクトの失敗はだれのせい? 紛争解決特別法務室“トッポ―”中林麻衣の事件簿:技術評論社(2016年)
・モメないプロジェクト管理77の鉄則:日本実業出版社(2014年)
・なぜ、システム開発は必ずモメるのか?:日本実業出版社(2013年)

■本テーマ関連学協会での活動
情報処理学会会誌 2014年 2月号 「IT紛争の事例とそこから見える問題点・知見」寄稿
情報処理学会 CITPフォーム参加 他

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『コンピュータ化システムバリデーション』 関連セミナー・書籍一覧へ
『医療機器/体外診断薬の薬事/製造』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2018年12月14日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・東陽町]江東区産業会館2階第5展示室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 元IBMコンサル、東京地裁IT調停委員で現在、政府CIO補佐官を務める論者が、IT導入を目指すユーザ組織、担当するベンダ企業に対して、要件定義書、仕様書の書き方を講義します。
 組織の目的、業務の課題と解決策、業務要件、システム化要件(機能要件/非機能要件他)等要件定義書に書いておくべき事柄と、そのポイントを裁判など深刻なITトラブルの事例も参考に習得していただきます。
 本研修を受講して、真に組織の活動に資するITをトラブルなく導入するヒントを得ていただきたいと思います。

■受講後、習得できること
・IT導入における要件定義の方法
・トラブルを起こさないための要件定義のポイント
・要件定義におけるユーザとベンダの役割分担

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・PMBOK
・CMMI for DEV
・経済産業省ソフトウェア開発モデル契約書 他

■講演中のキーワード
・要件定義(書)
・IT紛争/裁判
・デジタルトランスフォーメーション
・業務プロセス改善
・機能要件・非機能要件

セミナー内容

I. はじめに 要件定義を巡る紛争の事例

II. 要件定義書/仕様書の記載内容(※)

III. 要件定義書記載のポイント(1)
   (ア) 組織の目的と要件とのトレーサビリティ
   (イ) 業務フローから導くAs-IsとTo-Be 業務要件

W. ワークショップ:組織の目的から業務要件を導き出す。

IV. 要件定義書記載のポイント(1)
   (ア) 機能要件記述のポイント
   (イ) 非機能要件とは
   (ウ) 要件の優先順位付け

V. その他
   (ア) アジャイル開発における要件定義の進め方
   (イ) ベンダに求めるべき (ベンダが提示すべき) プロジェクト管理
   (ウ) ベンダに求めるべき (ベンダが提示すべき) 品質保証

VI. まとめ 要件定義を行うにあたっての心構え(ユーザ、ベンダ)

※詳細
 ・組織の基本状況・状況と課題、解決方針およびKGI/KPI
 ・IT導入の目的・主旨のねらい
 ・新業務の概要/導入の目的とメリット/システム化方針・範囲・新システムイメージ
 ・システムの基本要件
 ・スケジュールと体制
 ・マスタ・スケジュールとマイルストーン
 ・システム実現方式とシステム構成(想定)
 ・機能要件・非機能要件概要
 ・開発方針(想定)
 ・成果物(想定)
 ・プロジェクト計画
 ・品質保証計画とSLA案
 ・作業分担案

セミナー番号:AA181236

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.