GMP GMP監査 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

監査の経験が比較的浅い方々を対象として、
監査実施にあたっての注意すべき点やチェックポイントについて
事例も含めて具体的に解説
監査実施側からの視点、監査を受ける側からの視点、両面から解説。

GMP監査のための基礎知識と監査実施のポイント
〜チェックリスト作成や想定問答集、対応手順など〜

講師

GMP platform提携コンサルタント 薬学博士 上田泰生 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【これまでのご経歴】
 1974年ミドリ十字入社、以後吉富製薬、三菱東京製薬、田辺製薬との合併を経験し、最終的には田辺三菱製薬を退社。その間製剤研究部長、信頼性保証部長(GXP全般の監査)、薬事監査部、品質保証部等を経験。その後ジェネリックメーカーで5年勤務。工場の品質保証部長を経験。2015年からGMP platform提携コンサルタント

【現在の主な業務】
 GMPコンサルタント

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医薬品製造/品質管理/GMP・バリデーション/GDP』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月22日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階第1会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
 医薬品の品質確保は自社製造であれ委託製造であれ会社の最重要課題である。特に製造を他社に依頼している場合は、品質確保のため製造所監査が必須要件である。監査対象は承認書に記載された製造所に限られていたが、PIC/Sやそれに対応して改訂された施行通知により、承認書に製造所が記載されていない原料や資材の供給業者の監査も必要となった。製造委託は年を追って増大しており、更に供給者監査も必要となったことから監査担当者の業務負荷が大きくなっている。本講座では監査の経験が比較的浅い方々を対象として、監査の実施にあたっての注意すべき点やチェックポイントについて事例も含めて具体的に解説する。また監査実施側からの視点のみならず監査を受ける側からの視点からの視点についても解説する。またGMP省令の改正についても触れる。

■講演中のキーワード
 製造所監査、供給者監査
 GMP省令
 施行通知(薬食監麻発第0330001号)
 改正施行通知(薬食監麻発0830第1号)
 PIC/S
 ICHQ10

■受講後、習得できること
 GMP省令やPIC/S、GMP省令の改正の理解
 監査の実務上のポイント

セミナー内容

1. 製造所監査の概要について、
  必要性と目的及び根拠(GQP省令、GMP省令、PIC/S)
 1.1 そもそも監査とは何か?
 1.2 監査の基本と原則
 1.3 製造所監査の目的と根拠
 1.4 GQP省令、GMP省令の医薬品医療機器等法上の位置づけ

2. 監査における基本知識
 2.1 GMPの基本と思想
 2.2 GMP省令改正(案)のポイント

3. 監査実施におけるポイント−監査する立場から−
3.1監査の本質
 3.2 監査実施の際の留意点

4.監査の手順と留意点
 4.1 監査の流れ
 4.2 監査の長期計画の必要性と立案
 4.3 製造所のリスク分類の手法

5. 監査の準備
 5.1 日程確定、事前入手資料
 5.2 アジェンダの送付
 5.3 チェックリスト
  ・作成の目的
  ・何のためのチェックリストか
  ・作成事例-1(現場ツァー):倉庫、製造室、試験室等
  ・作成事例-2(文書:GMP組織図、製造記録、逸脱処理手順、出荷判定手順等)

6. 監査実施
 6.1 オープニング会議
 6.2 プラントツアーは何処を見るのか?
  ・現場への立ち入り前
  ・保管区域
  ・製造設備
  ・試験設備
  ・製造支援設備
 6.3 文書、記録は何処を見るのか?
  ・GMP組織図等関連文書
  ・構造設備に関する文書、記録
  ・品質システムに関する文書、記録
  ・製造/試験に関する文書、記録
 6.4 監査者と担当者との想定問答集

7. ラップアップ会議
 7.1 オーディター打合せ
 7.2 観察事項の詳細
 7.3 指摘事項の陳述
 7.4 指摘事項、観察事項に関する質疑
 7.5 今後の予定
  ・監査報告書の送付時期
  ・改善結果(計画)の提示と期限

8. 監査報告書
 8.1 観察事項(良かった点、気になった点等)
 8.2 指摘事項の記述(分類)
 8.3 指摘事項に対する改善期限等の記載

9. フォローアップ
 9.1 被監査事業所のリスク評価
 9.2 改善報告書/改善計画書の評価
 9.3 改善計画書の進捗管理

10. 監査を受ける側の視点からのポイント
 10.1 製販業者はそもそも何を見に来るのか?
 10.2 準備すべき資料
 10.3 複数の製販業者からの指摘事項への対処
 10.4 直ぐに分からない事、回答できない事を指摘された時は?
 10.5 指摘されたことを後日対応するときのポイント
 10.6 海外からの監査を受けるときのポイント
 10.7 受託先の信頼を得るには?

11. まとめと質疑応答

セミナー番号:AA190103

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.