薬物動態 glp セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

★毎回好評!リピート開催4回目!
★来期の異動を見据えた初学者・初任者、このタイミングで復習をしたい方、大歓迎です!
PCを用いた実習を通して、理論だけでない実践力を養えます。

<GLP理解も見据えた>
創薬のための実践薬物動態学
〜基礎から実践へ〜
【PC実習付き】

講師

東京薬科大学 薬学部 薬物動態制御学教室 准教授 博士(薬学) 白坂善之 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
2007年3月 摂南大学大学院 薬学研究科 博士後期課程 修了
2007年4月 東京理科大学 薬学部 助教
2008年4月 金沢大学 医薬保健研究域薬学系 助教
2012年1月 ワシントン大学 薬学部 客員研究員
2012年1月 日本学術振興会 海外特別研究員
2014年1月 上原記念生命科学財団 リサーチフェロー
2015年1月 東京薬科大学 薬学部 講師
2017年4月 東京薬科大学 薬学部 准教授

■主な受賞歴
2009年 日本薬剤学会第24年会 最優秀発表者賞
2009年 第34回製剤セミナー Postdoctoral Presentation Award
2013年 APSTJ Global Education Seminar Presentation Award 2013
2013年 10th ISSX Poster Award, Finalist
2015年 平成27年度 日本薬物動態学会 奨励賞
2017年 平成29年度 日本薬剤学会 奨励賞
2018年 平成30年度 日本薬学会関東支部 奨励賞

■専門および得意な分野・研究
薬物動態学
生物薬剤学
薬物吸収

■本テーマ関連学協会での活動
【所属学会】
日本薬学会
日本薬物動態学会
日本薬剤学会
日本医療薬学会
日本消化吸収学会
米国薬学会 (AAPS)
国際薬物動態学会 (ISSX)
創剤フォーラム
トランスポーター研究会

【委員会活動】
日本薬物動態学会 代議員
日本薬剤学会 代議員
日本薬学会 医療薬科学部会 若手世話人
日本薬剤学会 薬剤学編集委員 委員長
日本薬剤学会 薬物相互作用フォーカスグループ 委員
日本薬剤学会 英語セミナー委員会 委員
日韓若手薬剤学研究者ワークショップ 組織委員長
トランスポーター研究会 幹事

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『GLP/研究開発/非臨床試験』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月23日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第2講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

<実習用PCに関するご注意>
各自にてPCをご持参ください。
ご持参が難しい場合には、お申し込み時に、選択欄から『PC貸出』を選択ください。
7,560円(税込)にて貸出致します。
 ※PCの貸出は原則として1週間前までにお申し出ください。
 ※PC貸出には、学校法人割引は適用されません。

<PC持参される方へ>
PCは、以下の環境が整ったものをご準備ください。
・USBメモリからデータを取り込めるPC
 ※セミナー当日、講師よりUSBメモリで演習に用いるデータを配布致します。
・Excelのインストール
 ※Excelのバージョン指定は特にございません。

*各自にてインストールおよび動作確認をお願い致します。
*PCの準備に関するサポートは弊社では行っておりませんので、インストール方法等のお問い合わせはご遠慮ください。

■講座のポイント
本セミナーでは、薬物動態学の習得ステップを3〜4段階に分けることで、理解力の効率的な強化を図ります。ステップ1の入門編では「吸収、分布、代謝、排泄および相互作用」の超入門学習を、ステップ2の理論編では「クリアランスの概念、バイオアベイラビィティ、コンパートメント理論および生理学的薬物速度論」の基礎習得を、ステップ3の習得編では「速度論解析ソフトウェアを使用した薬物動態解析」の演習を試みます。さらに、受講の進捗状況(受講者の習得度)次第で、ステップ4の実践編として「規制当局ガイドラインに従った薬物相互作用リスク評価」の実践を試みたいと思います。
薬物動態の初心者の方、文系出身の方、専門外の方々であっても、簡単でわかり易く、一歩一歩、確実な基礎知識と実践力を習得してご帰宅頂けます。

■受講後、習得できること
・薬物の吸収、分布、代謝、排泄および相互作用の基礎が理解できる。
・薬物動態パラメータの意味を説明できる。
・薬物動態の解析方法を習得できる。
・コンピュータを使用した速度論解析を習得できる。
・規制当局ガイドラインに従った薬物相互作用リスク評価を実践できる。

■受講対象
・創薬のための薬物動態学をこれから学びたい方 (入門/薬学外出身)
・創薬のための薬物動態学を改めて復習したい方 (復習/薬学出身)
・創薬のための薬物動態学の基本的実践力を習得したい方 (理解/医療系薬学出身)

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・FDA、EMA、厚生労働省/PMDAが公布する「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン」

■講演中のキーワード
薬物動態
ADME
薬物速度論
PK/PD
コンパートメントモデル
モデリング&シミュレーション
薬物相互作用

セミナー内容

【ステップ1 入門編】
1.薬物動態
 1-1)膜透過
  ・生体膜透過機構 (単純拡散、能動輸送、促進拡散、膜動輸送)
  ・pH分配仮説
  ・P糖タンパク質
 1-2)吸収
  ・消化管
  ・リンパ管
  ・口腔、直腸、皮膚、肺、その他
 1-3)分布
  ・血液-脳関門
  ・血液-胎盤関門
  ・分布容積
  ・Kp値
 1-4)代謝
  ・薬物代謝の様式
  ・チトクロムP450 (CYP)
  ・還元、加水分解、抱合
  ・初回通過効果
  ・遺伝的素因
 1-5)排泄
  ・腎排泄
  ・糸球体ろ過速度
  ・腎クリアランス
  ・胆汁中排泄
  ・腸肝循環
  ・唾液、乳汁中排泄

2.薬物相互作用
 2-1)吸収過程
 2-2)代謝過程
 2-3)排泄過程

【ステップ2 理論編】
3.薬物動態パラメータ
 3-1)CmaxとTmax
 3-2)血中薬物濃度-時間曲線下面積 (AUC)
 3-3)吸収速度と消失速度
 3-4)半減期
 3-5)クリアランス
 3-6)分布容積
 3-7)バイオアベイラビィティ
 3-8)タンパク結合
 3-9)非線形性

【ステップ3 習得編】
4.薬物速度論
 4-1)コンパートメント理論
  ・コンパートメントモデルの基本的な考え方
  ・パラメータの意味
  ・パラメータの算出法
  ・非線形モデルの考え方
  ・非線形最小二乗法
 4-2)モーメント解析
 4-3)デコンボリューション法
 4-4)生理学的薬物動態モデル
 4-5)グラフ用紙を用いた薬物動態解析
 4-6)エクセルソフトウェアを用いた薬物動態解析
 4-7)モデリング&シミュレーション

【ステップ4 実践編】
5.薬物相互作用ガイドライン
 5-1)薬物代謝酵素を介した薬物動態学的相互作用
 5-2)トランスポーターを介した薬物動態学的相互作用
 5-3)In vitro実験法と結果の見方
 5-4)In vitroパラメータの意味と考え方
 5-5)Decision Tree: 相互作用リスク評価の方法モーメント解析

<終了後、質疑応答>

セミナー番号:AA190141

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.