治験薬 セミナー GMP

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

大好評により5回目の開催 年に1度の大人気セミナー
可能な限り最新情報を盛り込みアップデート!治験薬への疑問を解消しましょう
治験薬に対するGDPやData Integrityなど身近に迫った対応についても触れながら、今までセミナー等では触れられる機会の少なかった製造施設出荷に伴う輸送、その後の保管倉庫(デポ)での保管、治験施設への配送・交付などの留意点について全てに関わってきた講師が教えます
※弊社のみの特典!申し込まれた方にはPDFファイルにてセミナー資料を事前配布いたします。

治験薬に係るすべてのこと教えます!!
〜治験薬GMPの基礎・出荷・保管・配送・交付、(GMP & GDP)まで〜

講師

三井倉庫ホールディングス株式会社 事業開発部 シニアマネージャー 古田土真一 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

講師紹介
■経歴
田辺製薬(株)(現田辺三菱製薬)、武州製薬(株)、中外製薬(株)、アステラス・アムジェン・バイオファーマ(株)を経て、現在は@三井倉庫ホールディングス株式会社/事業開発部 シニアマネージャー、A(国立研究開発法人)国立精神・神経医療研究センター/TMC 治験薬GMP等アドバイザー、B(株)CM Plus/GMP Platform 提携コンサルタント として従事

■専門および得意な分野・研究
 医薬品・治験薬の品質保証(GMP, GQP, GDP)、医薬品開発、製造全般(特には合成原薬)

■本テーマ関連学協会での活動
・ 元・日本製薬工業協会/品質委員会/GMP部会委員
・ 元・日本製薬団体連合会/品質委員会/常任委員
・ 平成18年度・19年度厚生労働科学分担研究「探索的臨床試験における被験物質の品質確保について(改正治験薬GMP)」 研究班メンバー
・ (独)医薬品医療機器総合機構/GMP調査体制強化検討会・ガイドラインWG8(治験薬GMP)リーダー
・ (一般社団法人)日本PDA製薬学会/開発QA委員会委員、元・原薬GMP委員会委員
・ 東京大学・薬学専攻科/医薬品評価科学講座(RCコース) 2005-2014年度講師
・(一般財団法人)医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団/エキスパート研修講座(治験薬GMP解説) 2011-2015年度講師
・(一般財団法人)医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団/製造・品質管理/品質保証・薬事(品質)エキスパート研修講座(医薬品及び医薬品開発解説) 2016-2018年度講師

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医薬品製造/品質管理/GMP・バリデーション/GDP』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年2月14日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

セミナーポイント
【大好評により5回目の開催! 可能な限り最新情報を盛り込みアップデート(EUにおける治験薬のGMPである改正Annex 13も解説)】

治験薬に係るすべての事項について網羅して説明します。
具体的には、治験薬GMPを正しく認識し適切に運用して頂くために、その考え方も含めて基礎から解説すると共に、PIC/Sに加盟したことで気にかかるPIC/S GMPにおける治験薬GMPと日本の治験薬GMP基準との相違、治験薬に対するGDPやData Integrityなど身近に迫った対応についても触れながら、今までセミナー等では触れられる機会の少なかった製造施設出荷に伴う輸送、その後の保管倉庫(デポ)での保管、治験施設への配送・交付などの留意点について話をします。更に、最新情報として2017年12月に発出された「EU-GMP 改正Annex 13(EU-GMPにおける治験薬特有のGMP要件)」についても解説します。
資料は事前にpdfファイルで受講者にお渡しするので、セミナー時の理解促進に繋がる、と共に後日の社内教育にも使用できます。
セミナー当日は、受講者間での情報共有も踏まえて、活発な質疑を期待しており、講師の豊富な経験を基にした回答の中で、医薬品開発に携わる者として、何が求められ、何をしなければいけないのか、その本質を理解して具体的にどのように対応していくかを、参加者全員で共有化し実りあるセミナーにしたいと考えています。ここでしか受けれない貴重なセミナーですので是非お申込み下さい。

※講義内容は当日までに変更の恐れがありますので、予めご留意ください。
※申し込まれた方にはPDFファイルにてセミナー資料を事前配布いたします。予習をすることによって当日の理解度の向上並びに、質疑応答を充実させたいと思います。

セミナー内容

■講演プログラム

1. 治験薬を正しく理解する
1.1 医薬品とは?
1.2 治験薬とは?

2. 医薬品/治験薬における品質を理解する
2.1 医薬品の品質とは?
2.2 治験薬の品質とは?

3. 医薬品開発と治験薬の関係を理解する
3.1 医薬品開発における品質の位置づけとは?
3.2 医薬品開発における品質保証とは?
3.3 治験薬のGMPと医薬品GMPの違いは?

4. 治験薬のGMPを正しく理解する
4.1 治験薬のGMPの法的位置づけ
4.2 3極におけるGMPの現状
4.3 EU-GMP 改正Annex 13について
4.3 3極における治験薬のGMPの共通点
4.4 日本の治験薬GMPのポイント

5. PIC/SとPIC/S GMDP(GMP & GDP)を理解する
5.1 PIC/Sとは?
5.2 PIC/S加盟の意義とメリット
5.3 日本におけるPIC/S GMPの位置づけ
5.4 PIC/S GMDPの概要
5.5 PIC/S GMP Annex 13について

6. 製造施設からの出荷以降の治験薬管理
6.1 治験薬GMPとGCPのインターフェイス
6.2 治験薬製造施設からの出荷
6.3 治験薬の保管・配送・交付
6.4 治験薬のGDPについて

7. 治験薬のGMPの適切な運用のために
7.1 治験薬のGMPの本質
7.2 治験薬のGMPの運用における留意点

【質疑応答】

セミナー番号:AA190201

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.