技術マーケティング 技術棚卸 知財

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として5単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


☆特許情報でイノベーションを起こす!
☆イノベーション、発明発掘をしたい知財部門の方も歓迎!

R&D技術者のための
特許情報・パテントマップを用いた
新用途・新テーマ創出

講師

株式会社 ケミストリーキューブ テクノロジーアウト・マーケティング(TOM)担当 
エグゼクティブコンサルタント  葉山英樹 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
 1981年3月 名古屋大学大学院工学研究科(化学工学専攻)修士課程 卒業
 1981年4月 日東電工株式会社入社
    事業部門:製品開発、マーケティング、企画を推進 
    経営企画部:新規事業の企画、推進、事業創出ツール活用・プロセス化
    技術企画部: オープンイノベーション、ナレッジマネジメント、特許活用マーケティング
             R&D技術者の分析・思考・発想教育
 2016年11月 ワイズ特許サービス 特許情報分析・活用アドバイザー
 2017年11月 株式会社ケミストリーキューブ
          テクノロジーアウト・マーケティング(TOM)担当 エグゼクティブコンサルタント
■専門および得意な分野・研究
 ・特許情報を活用したマーケティング、イノベーション
(自社技術をベースにした新規用途探索・新規顧客探索、新規テーマ探索など)
 ・研究開発マネジメント・新製品開発
■本テーマ関連学協会での活動
特許サービス最大手である日本パテントデータサービスにて
特許分析ソフトの活用、特許情報を活用した人材教育・コンサルティングを推進。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

特許関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年2月8日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・東陽町]江東区産業会館2階第6展示室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント 
R&D部門には、経営戦略、事業戦略の確実な実行に加え、未来を見据えた創造を求められています。未来への創造への取り組みには、自社コア技術からの新用途創出、未来市場に向けた新テーマ探索などがありますが、多くの企業では、体系的なプロセスを有しておらず、個人の能力に依存している状況です。
本セミナーでは、@)マーケティング情報として「特許」を活用A)体系的な思考技術B)効果的な思考ツールを用いることで、新用途・新テーマを創出するプロセスを紹介します。さらに、連続・非連続イノベーションへの取り組みについて事例を交えて解説します。

■受講後、習得できること 
・特許情報を活用した新用途・新テーマを創出するためのプロセス、技術者の基本的な思考技術
・連続・非連続イノベーションに対する取り組みプロセス
・パテントマップ・ツリーなどの思考ツールの効果的な使い方

■講演中のキーワード
新規用途探索、新規テーマ探索、技術マーケティング、特許情報活用、パテントマップ、技術棚卸

セミナー内容

■講演プログラム 

1.変化するR&Dのミッションとイノベーション戦略

2.従来の用途探索、テーマ探索で良く起こること

3.特許情報の意義・活用
 (1)特許情報からわかること
 (2)特許情報活用3原則

4.探索に必要な思考技術
 (1)基本思考
 (2)情報分析リテラシー

5.効果的な思考ツールの使い方
 (1)基本思考と思考支援ツール
    問題解決・問題発見思考/目的・仮説・構造化思考
 (2)パテントマップの活用
    従来のパテントマップ〜統計処理型、ポジショニング、ポートフォリオ
    アイデアを生み出すパテントマップ〜発想マップ、進化マップ

6.自社技術をベースにした新用途探索
 (1)技術の捉え方
 (2)なぜ、技術棚卸が失敗するのか?
 (3)顧客価値を起点とした技術の構造化
 (4)テクノロジーアウト・マーケティング(TOM)とは?
 (5)実践プロセス
     Step.1 TiMapの作成
     Step.2 用途候補抽出
     Step.3 有力用途候補の選定

7.新テーマの創出
 (1)特許情報を新テーマ探索に活用するための考え方、着眼するポイント
 (2)連続イノベーション (eMap)のプロセス・事例
 (3)非連続イノベーション(cMap)のプロセス・事例

8.実践事例の紹介

セミナー番号:AA190269

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.