防虫 セミナー 昆虫

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
3月
4月
5月
6月〜

化学・電気系 その他各分野
3月
4月
5月
6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/3/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

現状における研究結果に基づく数値管理システムと,主要害虫の混入実体から,その対策を述べる

製造業における有効な防虫管理と社員学習
-同定実習と基礎知識-

講師

環境生物研究会 辻英明 先生

講師紹介

■経歴 京都大学大学院博士課程修了(農林生物学科昆虫学)
三共株式会社中央研究所、農林生物研究室
三共株式会社農薬研究所 生物研究室長
岡山大学農学部非常勤講師(応用昆虫学)
京都教育大学非常勤講師(生物学)

■専門および得意な分野・研究
工場における防虫管理IPMに関する研究、普及活動
微小飛来昆虫の屋内侵入の原因研究 (家屋害虫学会賞受賞)
ゴキブリ類の生態研究 (日本衛生動物学会賞受賞)
ノシメマダラメイガ、タバコシバンムシ、コクヌストモドキ等、食品害虫の研究

■本テーマ関連学協会での活動
都市有害生物管理学会(前家屋害虫学会)会長、現在名誉会員
公益財団法人・文化財虫菌害研究所評議員
公益財団法人・日本ペストコントロール協会技術顧問
日本農薬学会終身会員  個体群生態学会終身会員
日本ペストロジー学会評議員  日本衛生動物学会、日本進化学会会員
日本環境動物昆虫学会理事  日本昆虫学会会員、
日本応用動物昆虫学会会員  日本生態学会会員

今回の参加者(社)への特典(先着20名まで)
> 混入異物対策・IPM・モニタリング用カラー図説の>
> 辻英明 著「軽量版微小飛来侵入昆虫」B5版、53ページ>を無料配布します。
同書籍に関しては以下をご参照下さい。

@ HP「環境生物研究会」で検索
A http://kskinst.life.coocan.jp/kinkan.htm

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医薬品製造/品質管理/GMP・バリデーション/GDP』 関連セミナー・書籍一覧へ
品質管理・分析関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年4月25日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館 5階560室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント 
 全品回収や操業停止などの危害をまねく異物混入や直接加害は, ネットシステムの急激な膨張によって,いやが上にも製造業に対する脅威となっている.自発的な行動をともなう昆虫などの生き物の混入は,彼らの生活や行動に対応した監視システムと対策が必要である.現状における研究結果に基づく数値管理システムと,主要害虫の混入実体から,その対策を述べる.


■受講後、習得できること 
・混入頻度の高い昆虫名, 昆虫の発生・侵入経路,事業所内のモニタリング方法,
 昆虫の侵入対策, 記録・報告書の形式,

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・工場(製造所): 感染症新法,食品衛生法,薬事法,労働安全衛生法,畜場法
検疫法,外来生物法,学校保護法,文化財保護法 等
・特定建築物: 建築物衛生法,(3,000u以上の興業場,店舗,図書館,博物館
美術館,遊技場,事務所,旅館,8000u以上の学校)

■講演中のキーワード
・IPM.HACCP,CCP,CL,数値管理,ゾーニング,モニタリング,トラップ指数,

セミナー内容

■講演プログラム 

同定実習と基礎知識

T.混入の多い虫
 クレーム相談頻度例(グラフ)
最も多い代表的昆虫 図版1.
写真での判定実習
 発生源・侵入経路

U.目立つゴキブリ類
 ゴキブリの種類  (成虫の種別)
幼虫・卵の種別 (区別図)
温帯性種と熱帯性種
写真/実物の判定実習
 生活史(越冬発育・成虫寿命)
 対策(発生源・侵入経路)
  チャバネには鼻先にベイト,冬防除
  クロとヤマトは侵入前後にベイト
  殺虫剤に対する抵抗性

V.極端に頻度発生の虫
  1)ショウジョウバエ
  2)ノミバエ
  3)シメマダラメイガ
  4)タバコシバンムシ
  5)チャタテムシ(ヒラタチャタテ)
   5以外の判定実習は飛来昆虫参照
 餌・廃棄物の処分,冷蔵.
 チャタテムシは乾燥に弱い
 ノシメ,タバコシバンに
交信攪乱フェロモン利用

W.無数に多い飛来侵入昆虫
 野外発生昆虫を含め多種かつ多数
 室内侵入数調査の一例(目別グラフ)
   ハエ,カメムシ,チョウバエ
アミメカゲロウ,チャタテムシの順に多かった.
 同 上 (グループ別グラフ)
   チョウバエ,タマバエ,ユスリカの順
 カラー写真146枚(24図版)
カラー写真45枚(粘着個体7図版)
 写真/実物の判定実習
 香り,夜間照明,排気の低気圧で侵入
  対策:ドア・窓をしめても侵入する
  40〜50メッシュの防虫網
  ノシメマダラメイガ,タバコシバンムシ  も飛来侵入昆虫

X.歩行侵入虫 
  ゴキブリ,コオロギ,トビムシ,
ダンゴムシ,ヤスデ
Y 人為的移入(パレット,容器,人体)
  チャタテムシ,ゴキブリ,ネズミ

時間があれば,予備の話題を容易します.

実習に時間がかかるので,上記Eまでだけで4時間程度必要と予想しています.
実物を見る時のため数倍の虫眼鏡持参とします.手相見るような大型ではない小型の方が高倍率です.

10倍以上のルーペか,10〜20倍の実態顕微鏡望ましいのですが,初歩的には印刷された拡大写真で判定してもらいます.

※環境生物研究会発行の混入異物対策・IPM・モニタリング用図説
「軽量版 微小飛来侵入昆虫」(B5版、53ページ)を参加者に提供します。

セミナー番号:AA190420

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.