ブレイン・マシン・インターフェース 研究 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/1/9更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

○機器・医療・健康分野等への展開が益々加速するブレインマシンインタフェース!
○その歴史的背景と課題を整理した上で、最新研究内容や応用事例などを解説します!

ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)
研究の最前線

〜現状の課題・問題点と機器・医療分野への応用〜

講師

電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域 機械知能システム学専攻、
U類(融合系) 教授 工学博士 横井浩史 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■経歴
昭和60年3月 北海道大学工学部精密工学科卒業
昭和61年4月 トヨタ自動車株式会社本社,生産技術開発部,従業員
平成5年3月 北海道大学大学院工学研究科精密工学専攻博士後期課程修了
平成5年3月 通商産業省工業技術院生命研究所,人間環境システム部,通産技官研究職
平成7年4月 北海道大学大学院 工学研究科 複雑系工学講座,助教授
平成14年4月 チューリッヒ大学人工知能研究室,シニア研究員
平成15年4月 西イングランド大学知的自動化システム研究室,フェロー研究員
平成16年3月 東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻 助教授
平成21年6月 電気通信大学 電気通信学部 教授

■専門および得意な分野・研究
福祉医用機械,ロボット工学,機械工学,生体情報処理,などの分野

■本テーマ関連学協会での活動
1) 日本電気生理運動学会 評議委員
2) 日本ロボット学会 評議委員
3) 日本機械学会,学会誌編集委員
4) 日本ロボット学会,学会誌編集委員
5) 計測自動制御学会,学会誌編集委員
6) 日本ファジー学会,学会誌編集委員
7) 電子情報通信学会,学会誌編集委員
8) International Journal of JSME,国際学術雑誌編集委員
9) International Journal of Smart Engineering,国際学術雑誌編集委員
10) International Journal of Robotics & Automation,国際学術雑誌編集委員
11) International Journal of Neuro Imaging,国際学術雑誌編集委員
12) International Conference of Intelligent Autonomous Systems 8 (2003),プログラム委員
13) International Conference of Artificial Neural Network for Engineering 1997?2003,プログラム委員
14) Embodied Artificial Intelligence 2002 - special issues on the design principles.
15) Unconventional Computation Group (England),組織運営委員.
16) International Conference of Intelligent Autonomous Systems 5 (1998),プログラム委員
17) 日本ロボット学会,第10回実用化技術選考委員
18) 日本ロボット学会,第11回実用化技術選考委員
19) 計測自動制御学会,自律分散部会 運営委員会 委員
20) 独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
21) ロボット分野に関する人間系融合領域ARM委員会委員

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年4月19日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ8階802 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講座のポイント
 BMI・サイボーグ技術に関する研究開発は,先端的な工学研究と広範な応用範囲を有するため,その課題も多く,要素技術,応用展開,標準化,倫理など多岐に及ぶ.この技術は,ヒトの運動意図と外部機械の制御を接続することを可能にする技術であり,遠隔操作や機能拡張などの産業応用,さらには,感覚フィードバックの機能を応用することで,運動と感覚機能のリハビリテーションやスポーツトレーニングなど医療・健康・福祉への応用が展開されている.
 この講座では,BMIの歴史的背景と先端的な要素技術の開発研究の動向について主に紹介する.

■受講後、習得できること
・BMIの歴史的背景
・先端的なBMIの要素技術
・ヒトの運動意図の抽出方法
・感覚フィードバックの効果と限界
・事例研究

■本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
 (平成26年12月22日(平成29年2月28日一部改正)文部科学省,厚生労働省)
・個人情報の保護に関する法律(平成15年5月23日)
・臨床研究に関する倫理指針
 (平成15年7月30日(平成16年12月28日全部改正)(平成20年7月31日全部改正),厚生労働省)
・電気通信大学ヒトを対象とする実験に関する倫理規程
(平成18年9月6日(改正平成20年3月25日,平成20年4月1日,平成23年11月22日,平成26年2月26日,平成26年3月25日,平成27年3月26日,平成30年3月30日))

■講演中のキーワード
・ブレインマシンインターフェース
・サイボーグ
・個性適応
・機械学習
・リハビリテーション

セミナー内容

1. ブレインマシンインタフェース(BMI)の概要
  1.1 遠隔操作と機能拡張
  1.2 機能回復と代替
  1.3 入出力デバイスとしての分類・解像度

2. ブレインマシンインタフェース(BMI)の最新研究内容
  2.1 歴史的背景・課題
  2.2 計測方法
     a) 侵襲型(LFP,ECoG等)
     b) 非侵襲型(EEG, MRI, MEG, NIRS)
  2.3 制御対象

3. 機器・医療分野等への応用と事例
  3.1 運動機能補助(ALS, SCI, PD)
     a) パワーアシスト機器
     b) スマートハウス
  3.2 機能回復(幻覚と誘導,発見)
     a) 幻肢痛
     b) 幻覚刺激
     c) 運動機能回復
     d) 脳機能の変容
  3.3 スポーツトレーニング
     a) 電気刺激と筋活動
     b) BMIドーピングvsイメージトレーニング

4. 今後の展開・将来像
  4.1 人と機械の融合技術の進歩
  4.2 機能的認識と発見・改革と拡張

<質疑応答>

セミナー番号:AA190444

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.