GMP入門 セミナー 講習会

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/4/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


医薬・機器・化粧・食品系セミナー

(1日で学べる)GMP入門
〜基本的事項を中心にして応用まで〜

講師

SANSHO(株)  テクニカルアドバイザー 元PMDA GMPエキスパート 宮木晃 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■講師
SANSHO(株) テクニカルアドバイザー
元PMDA GMPエキスパート 宮木 晃
■主経歴
アステラス製薬(株)、ノバルティスファーマ(株)、キリンビール(株)医薬事業本部、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)、上武大学看護学部専任講師、高崎健康福祉大学 TRセンター長(代表理事)(〜2016.7)

■本テーマに関する業界団体活動
製剤機械技術学会 監事(2011.10〜2017.6)

■専門分野・研究
・国内・海外製造所の医薬品GMPの調査・査察業務
・再生医療等製品の研究開発及びGCTP省令に基づく施設の建設・監査等の業務
・製剤処方設計の研究(主に固形製剤、注射剤)
・製造販売承認申請のCMC業務
・医薬品製造所の医薬品・生物由来製品の品質保証業務(製造管理者業務)
・治験薬の製造管理・品質管理業務

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

『医薬品製造/品質管理/GMP・バリデーション/GDP』 関連セミナー・書籍一覧へ

日時・会場・受講料

●日時 2019年6月25日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館5階560 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講演ポイント
 本講座では、GMPの歴史的変遷から改定GMP(日本)までの基礎的な事項及びGMPに関連した新薬事法(医薬品医療機器等法)さらにGMPで押さえるべき必須事項とその対処方法までを懇切丁寧に説明する。さらに応用編としてPIC/S GMPガイドラインの簡単な概説を行う。
 医薬品企業に初心者として従事されてから間もない方、また、GMPをもう一度振り返って現場に生かしたいと思っている方にとって有益な教育セミナーとなると思う。
 企業での経験と当局(PMDA)でGMP適合性調査に携わった経験から、GMPの基礎を中心として、応用までについて、わかりやすく解説する。

■受講後、習得できること
・GMPはそもそも何かを理解できる。
・医薬品の製造管理及び品質管理におけるGMPの役割を理解できる。
・GMP品質システムの全体像を把握できる。
・GMP基本事項のポイントを再確認し、見直しができる。
・今後の製造所でのGMPへの対応策を把握できる。

■受講対象者
・医薬品のGMP業務に就いて間もない方
・GMPをある程度経験した方でGMP全般の習得を目指しておられる方
・GQPの品質保証業務、開発部門の方で、GMPの知識の吸収を目指しておられる方
・異業種(食品、化粧品、貿易商社、医療機器など)から医薬品の製造事業を計画中の方

セミナー内容

1.新薬事法(医薬品医療機器等法)とは
2.GXPとは
3.GMPとは
4.新薬事法とGMPの関連
5.GMPの規制要件とガイドライン
6.製造業(GMP)と製造販売業(GQP)の関係
7.GMP組織と役割
8.製造部門の役割
9.品質部門の役割
 9.1 品質管理(QC)部門
 9.2 品質保証(QA)部門と重要性
10.倉庫(保管管理)部門の役割
11.設備管理部門の役割
 11.1 製造用水設備
 11.2 空調管理設備
12.GMP上の基準書・作業手順書(SOP)類等の必要性
13.バリデーションの必要性
14.校正(キャリブレーション)の必要性
15.変更管理とは何をすべきか
16.逸脱管理処理とは何をすべきか
17.品質等に関する情報及び品質不良等の処理のポイント
18.回収処理の防止と連絡体制
19.教育訓練の計画、実施、実効性
20.自己点検の重要性
21.施設(ハード)とドキュメント(ソフト)の両立性
22.日本の改正GMPの概要とPIC/S GMPガイドラインについて
23.まとめ

★質疑応答

セミナー番号:AA190617

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.